名誉研究員

八田達夫

八田達夫

研究分野・主な関心領域

公共経済学 / 都市経済学 / 国際経済学


▼実施プロジェクト

水産資源管理と経済的利益再配分システム研究(2015-)

▼兼 職

  • 経済同友会政策分析センター所長
  • 公益財団法人国際東アジア研究センター所長

▼経 歴

国際基督教大学教養学部卒業。ジョンズ・ホプキンス大学経済学博士(Ph.D.)。オハイオ州立大学助教授、ジョンズ・ホプキンス大学教授、大阪大学教授、東京大学教授、国際基督教大学教授、政策研究大学院大学学長を歴任。2013年4月より大阪大学招聘教授。その間、日本経済学会会長、法と経済学会会長を務めたほか政府税制調査会専門員、内閣府規制改革会議委員議長代理などを経て、内閣官房国家戦略特区諮問会議議員、国家戦略特区ワーキンググループ座長、経済産業省電力・ガス取引監視等委員会委員長などの政府委員を務める。

▼著作等

  • 『ミクロ経済学 Expressway』(東洋経済新報社、2013)
  • 『電力システム改革をどう進めるか』(日本経済新聞出版社、2012)
  • 『日本の農林水産業』共著(日本経済新聞社、2010)
  • 『ミクロ経済学〈2〉効率化と格差是正』(東洋経済新報社、2009)
  • 『ミクロ経済学〈1〉市場の失敗と政府の失敗への対策』(東洋経済新報社、2008)
  • 『都心回帰の経済学』共編著(日本経済新聞社、2006)
  • 『日本再生に「痛み」はいらない』共著(東洋経済新報社、2003)
  • 『年金改革論』共著(日本経済新聞社、1999)
  • 『直接税改革』(日本経済新聞社、1988)など多数。