上席研究員

山口昇

山口昇

研究分野・主な関心領域

安全保障/日米関係/軍事戦略 /危機管理


▼実施プロジェクト

  • 勃興するインド-日印協力のアジェンダ(2015-)
  • 安全保障法制(2015-)
  • 現代アジア(2013-14)
  • 安全保障(2007-2011、2013-14)
  • アジア太平洋地域の戦略アジェンダ(2012)
  • 日本外交の指針(2011-2012)

▼経歴

防衛大学校卒業、フレッチャー外交法律大学院修士。2008年陸上自衛隊退官、2009年から防衛大学校教授、2011年3月-9月内閣官房参与。そのほかハーバード大学オリン戦略研究所客員研究員、在米大使館防衛駐在官、陸上自衛隊航空学校副校長、防衛研究所副所長、陸上自衛隊研究本部長などを歴任。

▼著書等

  • 「軍事力の効用」監修(原書房、2014)
  • 「東日本大震災後の日米同盟」(国際問題 2012年1・2月合併号)
  • 「基地をめぐる『想い』のずれ」(アステイオン vol.74、2011)
  • 「我が国の防衛力の役割と日米同盟」(『日米同盟とは何か』第2章 中央公論新社、2011)

▼東京財団での研究成果