研究員

中尾修

中尾修

研究分野・主な関心領域

地方議会/地方自治


▼実施プロジェクト

  • 地方議会の改革(2009-)
  • 東京財団週末学校「市区町村職員人材育成プログラム」(2009-)

▼経 歴

1949年北海道栗山町生まれ。北海道立栗山高等学校卒業、自治大学校卒業、1967年栗山町役場、1986年栗山町議会事務局、2001年栗山町議会事務局長。全国初の議会基本条例の制定に尽力する。2009年4月から東京財団研究員、早稲田大学マニフェスト研究所招聘研究員。第30次地方制度調査会臨時委員。

▼著書等

  • 『議会改革はどこまですすんだか』共著(公人の友社、2015)
  • 『福島町の議会改革』(共著、公人の友社、2010年)
  • 『地方議会改革マニフェスト』(共著、日本経済新聞出版社、2009年)
  • 『議会基本条例の展開』(共著、公人の友社、2008年)
  • 『議会基本条例-栗山町議会の挑戦-』(共著、中央文化社、2008年)

▼東京財団での研究成果

  • 「議会基本条例『東京財団モデル』普及度合いの検証」(研究報告書、2011)
  • 「地方議会改革は誰のためか―市民の役割と議会の責任―」(政策提言、2010)
  • 「市民参加と情報公開の仕組みをつくれ―地方議会改革のための議会基本条例『東京財団モデル』」(政策提言、2010)