研究員

村松幹二

村松幹二

研究分野・主な関心領域

法と経済学


▼実施プロジェクト

  • 21世紀の資本論(2014-)
  • 経済のかたち(2013-2014)
  • 都市・農村関係の将来像( 2011-12)
  • 会社の本質と資本主義の変質( 2007-10)

▼経 歴

駒澤大学経済学部教授。東京大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科博士課程修了。法務 省法務総合研究所研究官、立教大学ビジネスロー研究所研究員。

▼著書等

  • 「経済学的観点で検討する建築の安全性確保のあり方」(日本不動産学会誌2014.3)
  • 「解雇紛争の経済分析」共著(日本労働研究雑誌 2008年12月号)
  • 『企業犯罪に関する「法と経済学」による分析』(法務総合研究所、2006)
  • 「企業に対する制裁メカニズム―刑事法と民事法の比較の試み」(伊藤秀史・小佐野宏編『インセンティブ設計の経済学』9章 勁草書房、2003)
  • 『経済システムの比較制度分析』共著(東京大学出版会、1996)

▼東京財団での研究成果