公開フォーラム

ノヴォグラッツ氏と語る会 若者のための対話「私たちと世界の問題とのかかわり」

日時
2010/4/22  18:30-20:00 [終了しました]
場所
日本財団ビル2階 第1-4会議室

ジャクリーン・ノヴォグラッツ氏と語る会

若者のための対話「私たちと世界の問題とのかかわり」



 東京財団では4月に、「アキュメン・ファンド」創始者で代表の、ジャクリーン・ノヴォグラッツ氏を招へいします。アキュメン・ファンドは、構造的な貧困状態にある人々が必要としている社会的サービス、たとえば、公衆衛生・医療、水・エネルギー供給、住宅などの分野への投資を通じ、サービスの持続的な提供と雇用の促進をはかり、人々が貧困の循環から抜け出して、自尊心を持って暮らしていけるようにすることを目標 に活動しているソーシャル・ベンチャー・ファンドです。

一方、貧困問題の解決を志す人々に、ビジョンと想像力を重視したリーダーシップとマネジメント能力向上の機会を与える「アキュメン・ファンド・フェローズ・プログラム」を実施しています。東京財団はこの人材育成プログラムに共感し、日本での認知度向上と同プログラムへの応募促進のため、昨年から協力関係を結んでいます。

 ノヴォグラッツ氏は、グローバル展開する米国の商業銀行に勤務した後、「世界を変えたい」という思いを胸に、世銀、ユニセフなどの国際組織に所属して開発途上国で働きました。しかしそこで、国際機関の影響力と限界を体験することになります。それをもとに、既存のシステムによらない新しい方法を考えだし、2001年に「アキュメン・ファンド」を創設。今も現場に根差した活動を続けています。

 社会を変えたいという意識を持つ日本の若い皆さんに、ノヴォグラッツ氏との対話を通じて、今の制度では解決できない問題を解決するために必要な既存の発想の転換や、ノヴォグラッツ氏が強調する「道徳的想像力(モラル・イマジネーション)」を含むリーダーの資質などを考えていただくと共に、貧困脱出の先にどのような社会を目指していくのかについても議論を深めたいと思います。

 少人数での深い対話を目指しておりますので、参加者を50人に絞らせていただきます。選考にあたりアキュメン・ファンドやノヴォグラッツ氏の活動に知識や関心を持っている方を優先いたします。



■日 時 2010年4月22日(木)18:30~20:00

お申込みを終了しました。

■会 場 日本財団ビル2階 第1-4会議室

■言 語 日英同時通訳

■定 員 50名

■参加費 無料 

■スピーカー ジャクリーン・ノヴォグラッツ氏アキュメン・ファンド創設者)

■モデレーター 渡辺靖(慶應大学SFC教授)

■参加申込方法 事前に質問への回答をお送りいただき、選考後結果をご連絡します
           申込締切:3月31日(水)
           選考結果発表:4月7日(水)全員にメールでお知らせします

■協 力 ジャパン・ソサエティー


◆参加ご希望の方は下記の質問へのあなたの考え等を申込フォームよりご回答ください。
質問への回答は選考の際に参考にさせていただきます。
(スピーカーと考えが同じ必要はありません。意義のある対話になるよう、積極的に発言できる人を求めています)
たくさんの方のご応募をお待ちしています。


質 問


1)社会が抱える問題に対し、あなたが取組んできたこと、あるいは取組みたいと思っていることは何ですか。

2)途上国の貧困問題を、どう思いますか。あなたの関心や意見を述べてください。

3)ジャクリーンの活動のどういう点に共感しますか、あるいは疑問を感じていますか。

4)彼女と対話するとしたら、ぜひ話したいこと、聞きたいことは何ですか(具体的に)。