タイプ
その他
日付
2008/3/12

第5期研修が始まります!

4月1日から第5期「市区町村職員国内外研修プログラム」が始まります。

この第5期研修には全国の自治体から13名の中堅職員が参加いたします。

-参加自治体-
愛知県蒲郡市、東京都荒川区(2名)、千葉県酒々井町、徳島県鳴門市、神奈川県伊勢原市、埼玉県さいたま市、福岡県福岡市、熊本県上天草市、長野県塩尻市、 長野県小諸市、三重県四日市市、滋賀県高島市

-内容と日程-
?スタートアップ・プログラム
研修先:東京財団
期間:4月1日(火)~5日(土)
内容:
・国内・米国研修の概要の理解
・米国の地方自治に関する基本の理解
・プロジェクト・マネジメントの概要の理解
(早稲田大学、ポートランド州立大学の教員による指導)

昨年のスタートアップ・プログラムの様子

?国内研修
研修先:早稲田大学大学院公共経営研究科
期間:4月2日(水)、4月7日(月)~7月23日(水)
内容:
・各研修生のニーズに合わせた科目履修
・コンパクト・セミナー(研修生のみを対象にした早稲田大学教員による講義)
・ワークショップ(地方自治の政策をプロジェクトとして立案・管理・運営するうえで有効な「プロジェクト・マネジメント」手法について)
・先進行政事例の視察(東京近郊の自治体)
・米国で何を学ぶかについて、渡米前シンポジウム開催 等

?米国研修
研修先:ポートランド州立大学Mark O. Hatfield School of Government Executive Leadership Institute(オレゴン州)
期間:7月28日(月)~9月11日(木)
内容:
・「プロジェクト・マネジメント手法」についての講義およびグループ作業
・現地の行政機関、NPOなど各種団体、研究者・有識者への訪問、インタビュー
・国内研修や米国研修で学んだ知識、スキル等を活用したプロジェクトの立案(所属自治体の課題を扱う政策)
・異文化コミュニケーションに関する講義
・ボランティア活動への参加
・各研修生の政策プロジェクトを現地関係者に紹介するポスターセッション
・米国で学んだことと日米の地方自治の違いを考察する公開シンポジウムの開催
(研修はすべて英日の通訳付で行なわれる。)

昨年の米国研修、イングル教授の講義

?総括研修
研修先:東京財団
期間:11月29日(土)~30日(日)
内容:
・各研修生が立案した政策プロジェクトの発表
・研修先教官等との討議(本研修に実際に関わった早稲田大学、ポートランド州立大学の教員が参加)
・過去の研修生とのネットワーキング(情報交換、意見交換)

この研修を通じて参加者は、国内外の事例から地方自治の最新理論を学ぶと同時に、自治体で実際に事業展開するために必要なスキルを習得し、将来は自治体の幹部職員として地域活性化を担っていくことが期待されています。

問題意識の高い自治体職員が全国から集い、互いに競いながら研鑽に励む本研修にご期待ください。

本プログラムに関する詳細はこちら

お問い合わせ先:奨学事業部 丸山 勇(T:03-6229-5503)