タイプ
その他
日付
2015/12/24

Season's Greetings from the Tokyo Foundation


(前列左から)菅井敬太、小山田彩、鈴木真理ディレクター、鏑木洋子、坂本眞名
(中列)大谷祐喜子、小田早苗常務理事、秋山昌廣理事長、今井章子常務理事
(後列)荒井結美、山田知子、鈴木隆ディレクター、松下薫ディレクター、稲垣亜希子
(Back row, from left) Yumi Arai, Tomoko Yamada, Takashi Suzuki (Director), Kaoru Matsushita (Director), Akiko Inagaki; (middle row) Yukiko Otani, Sanae Oda (Executive Director), Masahiro Akiyama (President), Akiko Imai (Executive Director); (seated) Keita Sugai, Aya Oyamada, Mari Suzuki (Director), Yoko Kaburagi, Mana Sakamoto.
2015年も、NF-JLEP(日本語教育基金)にとって、発展の一年となりました。(English translation follows Japanese)
 

今年は、3月のインドネシア教育大学の訪問から始まり、同大学が、東京財団が直接奨学金を支給する新しい仕組みに参加することが決まりました。秋には、この新しい仕組みを通じて、修士課程で日本語教育を研究する、優秀な大学院生を奨学生として選考することができました。

6月に訪問したモナシュ大学では、メルボルン近郊の高校で日本語の授業を見学する機会を得、また日本語教師との面談を通じて、オーストラリアの日本語教育を肌で感じることができました。
そして、7月にニュージーランドのウェリントンで、NF-JLEPの奨学金を受けているビクトリア大学の学生4名と、日本語教師にお会いし、日本語を通じて、日本の社会や文化を理解しようとする意欲に触れることができました。
ブカレスト大学は、今年、日本語学科開設40年目を迎え、東京財団は、11月の式典に出席しました。長年にわたり日本語学科の発展にご尽力されてきた、教員の皆様の功績を称えますとともに、今後の益々のご発展をお祈り申し上げます。

東京財団への嬉しい訪問もありました。ニュージーランドのマッセイ大学が運営するNF-JLEPの奨学金を受け取っていた、タネトア・ウェブスターさんは、国内で第一回目の大学生対象日本語スピーチコンテストで見事に優勝し、その懸賞で東京を訪問しました。奨学金がいかに日本語の勉強に役立ったかを見事な日本語でお話してくれました。

NF-JLEPの関係者皆様のご尽力により、この事業が継続して発展していることを改めて実感した一年でした。感謝申し上げます。

2016年も、皆さまのご協力を賜りながら、東京財団では、日本語教育の次世代を担う優秀な人材の育成に貢献できるよう、努めてまいりたいと存じます。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

い新年をお迎えください。

東京財団 人材育成スタッフ一同
 
Dear colleagues and friends of NF-JLEP,
 
At this special time of year, we are pleased to share some good news about NF-JLEP with you. 

We visited a number of NF-JLEP member universities this year, starting with the Indonesia University of Education and the State University of Surabaya in March. They have decided to switch to the new NF-JLEP financial scheme, under which the first fellowships were awarded to outstanding master’s students who are committed to the promotion of Japanese language education in their country.

We also visited Monash University in Melbourne. The management committee gave us an opportunity to visit secondary schools and observe Japanese classes there—an experience that confirmed the importance of nurturing Japanese language professionals and promoting Japanese language education.

In New Zealand, we were touched by the enthusiasm shown by four undergraduate students at Victoria University of Wellington studying Japanese with the help of NF-JLEP fellowships.

And in November, we were very happy to join the 40th anniversary celebration of the establishment of the Japanese language program at the University of Bucharest. This is a great achievement of which we are very proud. Congratulations to the university’s Japanese language faculty members, both past and present!
We were also pleased to receive a visit from Tanetoa Webster, a former NF-JLEP fellowship recipient and the first-prize winner of the first Japanese speech contest for university students in New Zealand. He told us how the fellowship encouraged him to improve his Japanese-language skills during his undergraduate years.

The success and the development of NF-JLEP owe much to the commitment of NF-JLEP management committee members. Thank you so much for all your efforts in 2015!

We look forward to working with you to further promote Japanese language education in your country in 2016.

The Tokyo Foundation wishes you a happy and prosperous New Year!
 
Leadership Development
The Tokyo Foundation