タイプ
その他
日付
2009/4/1

ブカレスト大学(The University of Bucharest)

ブカレスト大学について

ブカレスト大学は1864年に建学され、現在は学士から博士課程まで3万人の学生が学んでいます。300人を超える博士課程の指導教官と1,475人の職員、300人の専任研究者によって、高い学術水準を維持しています。また、国際交流が盛んで、毎年、多数の学生が海外で研修を受け、専門的な勉強をしています。研究プロジェクト契約で有している3,000万ユーロ(日本円にして約35億円)は、ルーマニアで上位4位に数えられます。

大学での日本語教育

約160人の学生が在籍する日本語学科は国内最大で、ルーマニアにおける日本語学習と日本研究の推進に中心的な役割を担っています。日本語学科には、図書館と様々な施設が整備され、日本やヨーロッパの大学との学術交流を行っています。


日本語教育基金による活動

ブカレスト大学における日本語教育基金プログラムは、主に、日本語学科の学部生と大学院生、教員を対象とした奨学金を支給しています。また、日本語学科の図書館の充実のための支援も行っています。
2007年より、学部学生では成績優秀者15名、大学院生と教員を合わせて8名が毎年奨学金を授与され、研究を続けています。この奨学金制度により、学生は日本語と文化の研究に意欲的に取り組んでいます。
日本研究を専門とする大学院生と教員には、日本での研究を行うための支援もしています。この制度は、ルーマニアの若い研究者の育成に大きく貢献しています。日本語教育基金により、ブカレスト大学では、国内で初めて日本研究の修士課程を開設することができました。

*英語の原文を和訳・編集しました

  【関連記事】 現代の若者を育てるためのヒント -ブカレスト大准教授が見たルーマニアと日本の共通点-      2008/09/16