東京財団メールマガジン

Vol.449【イベント情報:フォーラム「安倍外交の課題と展望」】

_____________________________2013/08/19

―――――――― 【東京財団メールマガジン Vol.449】 ――――――――
__________________________________

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第64回 東京財団フォーラムのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          □■ 安倍外交の課題と展望 ■□         


先の参議院選挙で衆参のねじれ現象が解消されたことで、安倍政権は3年後
の参議院選挙までの安定した政権運営が視野に入ってきました。一年毎に政
権が変わることで内外の不信を買っていた外交政策についても、一貫した方
向を打ち出せる千載一遇の機会となります。これまでの安倍外交は、東南ア
ジアやインド、アフリカとの積極的な外交で成果を挙げた一方、領土や歴史
認識をめぐって中国・韓国とは難しい状況が続いています。また安倍政権は
米国との同盟関係を重視していますが、中韓との関係に加え、沖縄の基地問
題や集団的自衛権解釈の見直し等の行方が不透明なため、オバマ政権は期待
と不安が入り混じった気持ちで日本をみています。

東京財団では、2011年に北岡伸一名誉研究員をプロジェクト・リーダーとす
る「日本外交の指針」プロジェクトを立ち上げ、議論を重ねてきました。近
々「安倍外交への15の視点 ~ナショナリズムよりもリアリズムの追求を~
(仮)」をまとめ、発表を予定しています。フォーラムでは日本外交のある
べき姿と今秋から安倍政権が直面する外交課題について、プロジェクトメン
バーが議論します。お誘いあわせのうえ、ご参加ください。


【テーマ】「安倍外交の課題と展望」

【日時】2013年9月2日(月)16:00~18:00

【会場】日本財団ビル2階 大会議室(港区赤坂1-2-2)

【スピーカー】
  北岡伸一(東京財団名誉研究員、政策研究大学院大学教授)
  中山俊宏(青山学院大学教授)
  渡部恒雄(東京財団上席研究員兼政策研究ディレクター、
       ※モデレーター)


▼ お申し込みはこちら
 http://www.tkfd.or.jp/event/detail.php?id=205

――――――――――――――――――――――――――――――――――
東京財団メールマガジンは、ウェブサイトからご登録いただいた方や財団役
職員・研究員が名刺交換させていただいた方にお送りしています。

▼ 新規登録はこちら
 https://krs.bz/tkfd/m/m-magazine

◎ メールマガジンの宛先変更は、ご登録いただいている旧メールアドレス
  の配信を解除して、新メールアドレスの新規登録を行ってください。

▼ お問い合わせはこちら
 https://www.tkfd.or.jp/inquiry/

このメールマガジン(tkfd_news@tkfd.or.jp)は送信専用ですので、返信は
お受けできません。

このメールマガジンは、等幅フォント設定でのご利用を推奨します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
…………………………………………………………………………………………
 東┃京┃財┃団┃メールマガジン -The Tokyo Foundation news-
 ━┛━┛━┛━┛
 発行:公益財団法人 東京財団
 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3F
 お問い合わせ:https://www.tkfd.or.jp/inquiry/
 TEL 03-6229-5504 FAX 03-6229-5508
…………………………………………………………………………………………
Website http://www.tkfd.or.jp
facebook https://www.facebook.com/tokyofoundation
twitter https://twitter.com/tokyofoundation
――――――――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2013 The Tokyo Foundation All rights reserved.
――――――――――――――――――――――――――――――――――