東京財団メールマガジン

Vol.498【会社は社会を変えられる(1):社会課題の解決と企業経営の「統合」】

_____________________________2014/03/27

―――――――― 【東京財団メールマガジン Vol.498】 ――――――――
__________________________________

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
■┓CSRレポート 会社は社会を変えられる― 統合を目指すCSR
┃┃<第1回> 「社会課題の解決と企業経営の『統合』」
┃┃   亀井善太郎 東京財団政策研究ディレクター兼研究員
┃┃         CSR研究プロジェクトリーダー
┗┛────────────────────────────────
企業が自らの強みを活かし社会課題の解決を担うことを促そうと、東京財団
ではCSR研究を行っています。まず企業は「社会課題」をどのように捉え対
応しているのかを調べるため、昨年6月から企業アンケートと企業インタビ
ューを実施しました。本稿では、この取り組みを通じ明らかになった企業の
CSR活動の現状を分析し、浮き彫りになった課題について亀井善太郎東京財
団研究員が考察します。

CSRという言葉が本格的に日本に入ってきて10年が過ぎた今、日本のCSR活動
はどこに向かうのか。全3回にわたってお送りします。

▼ 続きはこちら
 http://www.tkfd.or.jp/research/project/news.php?id=1253
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 新着記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
▼ 論考シリーズ:インターネットとアメリカ政治 <第5号>
 「2014年中間選挙に向けた電子投票の展望
              ~海外居住者の不在者投票と有権者登録~」
   清原聖子 東京財団「現代アメリカ」プロジェクト・メンバー
 http://www.tkfd.or.jp/research/project/news.php?id=1250──────────────────────────────────
▼「ナイジェリアレポート(1)」
   小早川鈴加 東京財団アキュメン・グローバルフェロー(2013-14年)
 http://www.tkfd.or.jp/fellowship/program/news.php?id=158…………………………………………………………………………………………
▼ 東京財団アキュメン・グローバルフェローズプログラムとは?
 http://www.tkfd.or.jp/fellowship/program/detail.php?id=5
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] メディア掲載情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
■┓【3月21日付『朝日新聞』】
┃┃ 朗報か「新たな命の選別」か 受精卵検査に新技術 導入是非は
┃┃   ぬで島次郎 東京財団研究員のコメント
┗┛────────────────────────────────
ぬで島次郎研究員は3月21日付『朝日新聞』で、体外受精した受精卵の着床
前スクリーニングについて、日本産科婦人科学会は「着床前スクリーニング
を認めるのなら、その前に偏りのない情報を開示して、社会に是非を問うべ
きだ」とコメントしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
■┓ 第76回 東京財団フォーラム
┃┃  ― 医療・介護制度改革を考える連続フォーラム <第4回>
┃┃ 「『ケア』先進地から探る医療・介護制度改革のヒント」
┗┛────────────────────────────────
現在、国は在宅を中心に医療・介護サービスを切れ目なく提供するシステム
として、「地域包括ケア構想」を進めています。しかし、国の描くイメージ
図だけが独り歩きしており、実現に向けた道筋は見えていません。その実現
に向けて何が必要なのでしょうか。

第76回フォーラムでは、先進的な取り組みを行う宮城県涌谷町町民医療福祉
センター長の青沼孝徳さん、JMA東埼玉総合病院の中野智紀さんの2名をお迎
えし、公立病院を核に医療・介護・福祉連携を展開する取り組み、埼玉県幸
手市で住民と一体となったケア体制づくりを、それぞれご紹介いただきます。
その上で、現行制度の問題、制度改革に向けて何が必要かといった点を東京
財団研究員を交え、議論を深めていきます。奮ってご参加ください。


【日時】2014年4月3日(木)18:30~20:00(開場18:00)

【会場】日本財団ビル2階会議室

【テーマ】「『ケア』先進地から探る医療・介護制度改革のヒント」

【スピーカー】
 青沼孝徳(涌谷町町民医療福祉センター長)
 中野智紀(社会医療法人JMA東埼玉総合病院在宅医療連携拠点事業推進室長)
 三原 岳(東京財団研究員兼政策プロデューサー)

【モデレーター】
 冨田清行(東京財団研究員兼政策プロデューサー)

【参加費】無料

▼ お申し込みはこちら
 http://www.tkfd.or.jp/event/detail.php?id=218
▼ これまでのフォーラムの様子はこちら
 http://www.tkfd.or.jp/research/project/sub1.php?id=398
▼ 医療・介護・社会保障制度の将来設計プロジェクトはこちら
 http://www.tkfd.or.jp/research/project/project.php?id=73
――――――――――――――――――――――――――――――――――
東京財団メールマガジンは、ウェブサイトからご登録いただいた方や財団役
職員・研究員が名刺交換させていただいた方にお送りしています。

▼ 新規登録はこちら
 https://krs.bz/tkfd/m/m-magazine

◎ メールマガジンの宛先変更は、ご登録いただいている旧メールアドレス
  の配信を解除して、新メールアドレスの新規登録を行ってください。

▼ お問い合わせはこちら
 https://www.tkfd.or.jp/inquiry/

このメールマガジン(tkfd_news@tkfd.or.jp)は送信専用ですので、返信は
お受けできません。

このメールマガジンは、MSゴシックなどの等幅フォント設定でのご利用を推
奨します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
…………………………………………………………………………………………
 東┃京┃財┃団┃メールマガジン -The Tokyo Foundation news-
 ━┛━┛━┛━┛
 発行:公益財団法人 東京財団
 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3F
 お問い合わせ:https://www.tkfd.or.jp/inquiry/
 TEL 03-6229-5504 FAX 03-6229-5508
…………………………………………………………………………………………
Website http://www.tkfd.or.jp
facebook https://www.facebook.com/tokyofoundation
twitter https://twitter.com/tokyofoundation
――――――――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2014 The Tokyo Foundation All rights reserved.
――――――――――――――――――――――――――――――――――