東京財団メールマガジン

Vol.529【論考:集団的自衛権論議の展開】

_____________________________2014/09/04

―――――――― 【東京財団メールマガジン Vol.529】 ――――――――
__________________________________

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
■┓論考「集団的自衛権論議の展開」
┃┃  秋山昌廣 東京財団理事長・上席研究員
┗┛────────────────────────────────
7月1日の安全保障法制の整備に関する基本方針の閣議決定を受け、集団的自
衛権行使の是非、あるいはそのための憲法第9条の解釈変更の是非をめぐり
政治のみならず社会においても大きな議論が続いています。上席研究員を兼
務する秋山理事長は、この議論の前提であり、問題の根本となっている憲法
第9条の解釈について詳解し、首相の私的安保懇談会の議論を踏まえ出され
た今回の閣議決定の中身を読み解いています。さらに、昨今の日本の安全保
障にとっての喫緊の課題は、離島の防衛に代表されるように平時における自
衛権である点を論じています。


▼ 続きはこちら
 http://s.tkfd.or.jp/1u2ETfI
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 新着記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
▼ シリーズ:2014年アメリカ中間選挙 update 「社会的争点で守勢に回る共和党」
   飯山雅史 東京財団「現代アメリカ」プロジェクト・メンバー、
        北海道教育大学教授
 http://s.tkfd.or.jp/1w97EqA
…………………………………………………………………………………………
 「選挙区現地調査報告:アイオワ州の事例」
   渡辺将人 同プロジェクト・メンバー、北海道大学准教授
 http://s.tkfd.or.jp/1CsLi80
…………………………………………………………………………………………
 「強烈な現職不信を背景とする連邦議会上院選挙の動向」
   細野豊樹 同プロジェクト・メンバー、共立女子大学教授
 http://s.tkfd.or.jp/1oGqsrr
…………………………………………………………………………………………
 「中米諸国からの若年不法移民への対処、その中間選挙に対するインパクト」
   池原麻里子 同プロジェクト・メンバー、在米ジャーナリスト
 http://s.tkfd.or.jp/1CsLhAZ
──────────────────────────────────
▼“Views on China”― 中国の定点観測
 「中国の都市化は見果てぬ夢か」
   加藤弘之 神戸大学大学院経済学研究科教授
 http://s.tkfd.or.jp/1uByB59
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] メディア掲載情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
■┓【「介護経営白書2014-2015年度版 介護の使命と将来像
┃┃ 地域包括ケア時代の『人づくり』」】
┃┃ 「第4章 頑張る介護経営者や職員が報われる制度に向けて」
┃┃   三原岳 東京財団研究員の論考掲載される
┗┛────────────────────────────────
三原研究員は、成長分野として位置づけられているにもかかわらず人材不足
と低賃金が指摘されている介護業界の人材育成と人材確保について、日本医
療企画発行の『2014-2015年度 介護経営白書』に論文を寄せています。介護
職員の離職理由や虐待事件に関する報道を考察すると、待遇改善や小手先の
制度改革では問題解決には至りません。業界の透明性向上や外部の視点から
の質評価を通じて、介護経営者のみならず介護職に携わる人の創意工夫、プ
ロフェッショナリズムを高め、制度によらず自ら課題解決に努めることが大
切であると論じています。

──────────────────────────────────
東京財団メールマガジンは、ウェブサイトからご登録いただいた方や財団役
職員・研究員が名刺交換させていただいた方にお送りしています。

▼ 新規登録はこちら
 https://krs.bz/tkfd/m/m-magazine

◎ メールマガジンの宛先変更は、ご登録いただいている旧メールアドレス
  の配信を解除して、新メールアドレスの新規登録を行ってください。

▼ お問い合わせはこちら
 https://www.tkfd.or.jp/inquiry/

このメールマガジン(tkfd_news@tkfd.or.jp)は送信専用ですので、返信は
お受けできません。

このメールマガジンは、MSゴシックなどの等幅フォント設定でのご利用を推
奨します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
…………………………………………………………………………………………
 東┃京┃財┃団┃メールマガジン -The Tokyo Foundation news-
 ━┛━┛━┛━┛
 発行:公益財団法人 東京財団
 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3F
 お問い合わせ:https://www.tkfd.or.jp/inquiry/
 TEL 03-6229-5504 FAX 03-6229-5508
…………………………………………………………………………………………
Website http://www.tkfd.or.jp
facebook https://www.facebook.com/tokyofoundation
twitter https://twitter.com/tokyofoundation
――――――――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2014 The Tokyo Foundation All rights reserved.
――――――――――――――――――――――――――――――――――