東京財団メールマガジン

Vol.537【中国PM2.5対策の今、論考「『同呼吸、共奮闘』は成立するか」】

_____________________________2014/10/09

―――――――― 【東京財団メールマガジン Vol.537】 ――――――――
__________________________________

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
■┓論考「『同呼吸、共奮闘』は成立するか(2)」
┃┃  染野憲治 東京財団研究員
┗┛────────────────────────────────
暖房として石炭燃料を多く使用する冬の季節を前に、PM2.5事件以降の中国
の環境対策は今どうなっているのか。染野研究員は今回の論考で、昨年9月
の政府による大気対策大綱の公表後、大気汚染の改善に向け様々なレベルの
計画策定、法律・制度の整備が相次ぎ、とりわけ、地方における対策が進展
した現状を解説。他方、環境投資の量、質には課題が残り、地域間の経済格
差やインフラ投資の内容、地域保護主義等、中国社会が抱える課題が大気環
境の改善を阻害する要因となっている点を浮き彫りにしています。

▼ 続きはこちら
 http://s.tkfd.or.jp/1rYT9Vj
▼ 「同呼吸、共奮闘」は成立するか(1)-環境問題から見る中国の転換点
  はこちら
 http://s.tkfd.or.jp/ZRRoA0
▼ 論考シリーズ Views on Chinaはこちら
 http://s.tkfd.or.jp/1vQhRb9

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 新着記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
▼「ナイジェリアレポート(3)」
   小早川鈴加 東京財団アキュメン・グローバルフェロー(2013-14年)
 http://s.tkfd.or.jp/1vQhTjb
…………………………………………………………………………………………
▼ 東京財団アキュメン・グローバルフェローズプログラムとは?
 http://s.tkfd.or.jp/1seDvGE
──────────────────────────────────
▼ シリーズ:2014年アメリカ中間選挙 update 
 「2014年中間選挙における女性浮動票―揺れ動く『ウォルマート・マム』」
   細野豊樹 東京財団「現代アメリカ」プロジェクト・メンバー、
        共立女子大学教授
 http://s.tkfd.or.jp/1o0NqzP
…………………………………………………………………………………………
 「中間選挙への相乗りで始動する2016年大統領選挙」
   渡辺将人 同プロジェクト・メンバー、北海道大学准教授
 http://s.tkfd.or.jp/1vZZEYf
──────────────────────────────────
▼ ユーラシア情報ネットワーク 分析レポート
  特別投稿「日朝協議に対する韓国の認識」
   黄洗姫 海洋政策研究財団研究員
 http://s.tkfd.or.jp/ZRRqba
…………………………………………………………………………………………
  特別投稿「モディ首相、日中米豪と相次ぐ首脳会談で全方位外交を展開」
   竹内幸史 東京財団アソシエイト
 http://s.tkfd.or.jp/1rYTya0
…………………………………………………………………………………………
  特別投稿「アジアの安全保障のカギを握るアンダマン・ニコバル諸島」
   長尾賢 東京財団アソシエイト
 http://s.tkfd.or.jp/10TExNX
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] メディア掲載情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
■┓【10月1日付『西日本新聞』、『東奥日報』ほか】
┃┃ 「再生エネ 甘い見通し」「政府の無計画ぶり露呈」
┃┃   平沼光 東京財団研究員のコメント
┗┛────────────────────────────────
電力会社の再生可能エネルギーの受け入れ保留の動きが相次ぎ、導入を推進
してきた自治体や事業者に衝撃が広がっています。再エネの固定価格買い取
り制度の不備や政府の無計画ぶりが明らかになるなか、資源エネルギー問題
を研究する平沼研究員は時事通信の取材に応じ、「再生エネ導入に向けた具
体像を十分に示してこなかった政府の責任が大きい」とコメント寄せ、各地
方紙に掲載されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
――――――――――――――――――――――――――――――――――
■┓ 国土資源保全プロジェクト
┃┃ 全市町村アンケート「相続未登記と固定資産税実務に関する調査」実施
┗┛――――――――――――――――――――――――――――――――
東京財団ではこの度、固定資産税実務から土地所有者不明化の実態を明らか
にするため、東京都(23区)および全国1,718の全市町村を対象にアンケート
調査を開始しました。
山林や農地の「管理放棄」や所有者が相続登記を放置する「権利放置」が進
み、土地の所有者不明化・死蔵化が広がっていくことが懸念されています。
次世代が地域の土地を使いたいときに使えるようにしていくためには、実態
を把握し、制度の検証を行うことが必要です。

調査結果をもとに分析・提言を行い、緊急に必要な法整備・制度改正へつな
げていきたいと考えております。自治体の皆様のご協力をお願いいたします。

▼ 全市町村アンケート「相続未登記と固定資産税実務に関する調査」はこちら
 http://s.tkfd.or.jp/1vQi5Ps
──────────────────────────────────
東京財団メールマガジンは、ウェブサイトからご登録いただいた方や財団役
職員・研究員が名刺交換させていただいた方にお送りしています。

▼ 新規登録はこちら
 https://krs.bz/tkfd/m/m-magazine

◎ メールマガジンの宛先変更は、ご登録いただいている旧メールアドレス
  の配信を解除して、新メールアドレスの新規登録を行ってください。

▼ お問い合わせはこちら
 https://www.tkfd.or.jp/inquiry/

このメールマガジン(tkfd_news@tkfd.or.jp)は送信専用ですので、返信は
お受けできません。

このメールマガジンは、MSゴシックなどの等幅フォント設定でのご利用を推
奨します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
…………………………………………………………………………………………
 東┃京┃財┃団┃メールマガジン -The Tokyo Foundation news-
 ━┛━┛━┛━┛
 発行:公益財団法人 東京財団
 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3F
 お問い合わせ:https://www.tkfd.or.jp/inquiry/
 TEL 03-6229-5504 FAX 03-6229-5508
…………………………………………………………………………………………
Website http://www.tkfd.or.jp
facebook https://www.facebook.com/tokyofoundation
twitter https://twitter.com/tokyofoundation
――――――――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2014 The Tokyo Foundation All rights reserved.
――――――――――――――――――――――――――――――――――