東京財団メールマガジン

Vol.640【国際シンポジウム2016「中国はどのような『大国』か?」】

_____________________________2016/04/11

―――――――― 【東京財団メールマガジン Vol.640】 ――――――――
__________________________________

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎イベントのご案内&お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
■┓ 東京財団・明治大学国際総合研究所共催
┃┃  国際シンポジウム2016「中国はどのような『大国』か?」
┃┃  【4月25日(月)13:00~17:00 @明治大学】
┗┛────────────────────────────────
東京財団と明治大学国際総合研究所は共催で、国際シンポジウム2016「―中
国はどのような「大国」か?―」を4月25日、明治大学駿河台キャンパス・
グローバルホールにて開催します。

               ◇‐◇‐◇             

中国はその台頭によって国際的影響力を拡大させ、主張を強め、夢を膨らま
せています。しかし、その一方で経済の減速、格差問題、人口の高齢化、労
働コストの上昇等、国内の喫緊な課題にも直面しています。したがって、中
国の「大国」としての現状やこれからをより深く理解し、日米中韓ASEAN等
が複雑な相互依存関係を織りなすアジア太平洋地域の平和・安定・発展にと
ってのどのような含意を持つのかを議論することが重要です。

日中関係については、二国間の視点で議論がなされることが多い中、本シン
ポジウムにおいては、むしろより広い視点から中国の政治・社会・経済につ
いて、中国の変化と今後の展望を検討します。奮ってご参加ください。


【日時】2016年4月25日(月)13:00~17:00(受付開始12:30~)

【会場】明治大学 駿河台キャンパス(千代田区神田駿河台1-1)
    グローバルフロント1F グローバルホール
    http://www.meiji.ac.jp/cip/map/#sthash.3RGZk8Da.dpuf

【参加費】無料(但し、事前登録が必要です)

【プログラム】
 13:00-13:05 開会の辞(土屋恵一郎 明治大学長)
 13:05-13:35 基調講演「平和安全保障法制―日本とアジア太平洋
             の平和」(高村正彦 自由民主党副総裁)
 13:35-15:05 第1部 パネルディスカッション<政治・社会>
 15:05-15:15 休憩
 15:15-16:45 第2部 パネルディスカッション<経済>
 16:45-16:50 閉会の辞(秋山昌廣 東京財団理事長)

【パネリスト】(50音順、敬称略)
<第1部 政治・社会分野>
 王逸舟(北京大学国際関係学院副院長)
 菱田雅晴(法政大学法学部教授)
 エフィ・フィトリアニ(インドネシア大学国際関係学部長)
 エリック・ヘジンボサム(マサチューセッツ工科大学主席研究員)
 宮本雄二(宮本アジア研究所代表/元中国大使)

<第2部 経済分野>
 肖耿(香港大学経済・工商管理学院教授、HSBC社外取締役)
 柯隆(富士通総研主席研究員)
 津上俊哉(津上工作室代表/元経産省通商政策局北東アジア課長)
 エフィ・フィトリアニ(インドネシア大学国際関係学部長)
 エリック・ヘジンボサム(マサチューセッツ工科大学主席研究員)

【司会】(順不同、敬称略)
 全体進行:伊藤剛(明治大学政治経済学部教授)
 基調講演リード:渡部恒雄(東京財団ディレクター/上席研究員)
 第1部パネル:川口順子(東京財団名誉研究員、明治大学研究知財戦略機
             構特任教授)
 第2部パネル:林良造(明治大学国際総合研究所長)


▼ お申し込みはこちら
 http://s.tkfd.or.jp/1VhxFTV

──────────────────────────────────
■┓ 【4月15日(金)まで】
┃┃  新たな地域づくりにチャレンジ!
┃┃    2016年度「東京財団週末学校」参加者募集中
┗┛────────────────────────────────
「東京財団週末学校」は、座学や国内外の調査等を通して、徹底的に自治の
本質に向き合い、課題の解決に取り組む力を身につける、市区町村職員向け
の人材育成プログラムです。

6月からスタートするプログラムへの参加者を募集しています。ふるってご
応募ください。


● プログラム日程:2016年6月から11月までの5ヵ月間、全9回

● 募集人員:20名程度
※書類、面談により選考します

● 応募資格
・自らの地域をよりよくしたいという強い想いを持ち、住民自治の実現に取
 り組む志を有するもの
・自らの地域の課題解決に向けて、自ら行動する意志のあるもの
・市区町村職員であり、3年以上の職員歴を有するもの。ただし、2016年4月
 1日時点で49歳以下のもの
・所属する自治体の首長の推薦があるもの
・全プログラムに参加することが可能なもの

● 費用:参加費 10万円
※面談審査にかかる旅費は、応募者負担
※参加に必要な交通費・宿泊費(実費)は東京財団が負担
(東京6回、団体で行う国内調査2回、国外調査1回)

● 応募締め切り:2016年4月15日(金)正午 東京財団必着


▼ 詳細はこちら
 http://s.tkfd.or.jp/1MoKx8p

▼ お問い合わせ:東京財団週末学校(担当:稲垣)
 Tel: 03-6229-5503  E-mail: shumatsu-gakko@tkfd.or.jp

──────────────────────────────────
東京財団メールマガジンは、ウェブサイトからご登録いただいた方や財団役
職員・研究員が名刺交換させていただいた方、東京財団が主催、共催するイ
ベントにご登録いただいた方にお送りしています。

▼ 新規登録はこちら
 https://krs.bz/tkfd/m/m-magazine

◎ メールマガジンの宛先変更は、ご登録いただいている旧メールアドレス
  の配信を解除して、新メールアドレスの新規登録を行ってください。

▼ お問い合わせはこちら
 https://www.tkfd.or.jp/inquiry/

このメールマガジン(tkfd_news@tkfd.or.jp)は送信専用ですので、返信は
お受けできません。

このメールマガジンは、MSゴシックなどの等幅フォント設定でのご利用を推
奨します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
…………………………………………………………………………………………
 東┃京┃財┃団┃メールマガジン -The Tokyo Foundation news-
 ━┛━┛━┛━┛
 発行:公益財団法人 東京財団
 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3F
 お問い合わせ:https://www.tkfd.or.jp/inquiry/
 TEL 03-6229-5504  FAX 03-6229-5508
…………………………………………………………………………………………
 Website   http://www.tkfd.or.jp
 facebook  https://www.facebook.com/tokyofoundation
 twitter   https://twitter.com/tokyofoundation
――――――――――――――――――――――――――――――――――
    Copyright (C) 2016 The Tokyo Foundation All rights reserved.
――――――――――――――――――――――――――――――――――