東京財団メールマガジン

Vol.669【論考「9・11米国同時多発テロ事件後の世界を振り返る」/「資源価値を低下させる資源ナショナリズムの顛末」】

_____________________________2016/09/08

―――――――― 【東京財団メールマガジン Vol.669】 ――――――――
__________________________________

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
■┓ 論考「9・11米国同時多発テロ事件後の世界を振り返る」
┃┃  山口昇 東京財団上席研究員
┗┛────────────────────────────────
9・11米国同時多発テロ事件から今年で15年を迎えます。15年後の現在、テ
ロは止むどころか間断なく続き、さらにその範囲を拡散させ脅威を増してい
るように見えます。山口上席研究員は、この「世界規模でのテロとの戦争」
時代に生きる私たちが直面する3つの課題―多様化する手法への対応、活動
資金調達手段の規制強化、根絶のための間接的で息の長い取り組みについて
考察し、テロ行為とは無縁ではない日本のとるべき姿勢について論じました。

▼ 続きはこちら
    http://s.tkfd.or.jp/2cv9pv5

──────────────────────────────────
■┓ 論考「目前に迫ったレアアースの中国依存からの完全解消
┃┃             ~資源価値を低下させる資源ナショナリズムの顛末~」
┃┃  平沼光 東京財団研究員
┗┛────────────────────────────────
日中関係の悪化による中国のレアアース輸出禁止の措置を契機に、新しい技
術開発を成功させた日本の自動車産業界。レアアースを一切使用しない新型
ハイブリッド車の実現が目前に迫っています。平沼研究員は、この事例を資
源エネルギー政策の視点から分析し、「優れた利便性と資源アクセスの確保」
にその価値があったレアアースが、資源ナショナリズムにより結果としてそ
の資源価値の低下を招いた現状について詳解しました。

▼ 続きはこちら
    http://s.tkfd.or.jp/2bVI88u

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 新着記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 勃興するインド―日印協力のアジェンダ-プロジェクト
  「アフガニスタン・イランにおける日印協力」
   宮原信考 東京財団研究員
    http://s.tkfd.or.jp/2cHJN2w

──────────────────────────────────
▼ ワシントンUPDATE
  「オバマの核政策のレガシー(遺産)づくり」
   ポール・J・サンダース
    センター・フォー・ザ・ナショナル・インタレスト常務理事、
    東京財団「現代アメリカ」プロジェクト・海外メンバー
    http://s.tkfd.or.jp/2cEAkHQ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] メディア掲載情報&テレビ出演情報&書籍出版情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
■┓【9月11日(日)18:54-20:54 BS朝日「いま世界は」】
┃┃   小原凡司 東京財団研究員
┗┛ *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
小原研究員は、来週日曜日11日夜7時より放送のBS朝日「いま世界は」に出
演し、ASEAN外相会議、G20、日中・米中首脳会談を受けて、中国外交につい
て分析します。

──────────────────────────────────
■┓【共同通信配信、9月2日付『東奥日報』『琉球新報』掲載】
┃┃  憲法のいま 公布70年 17戦争放棄  
┃┃   渡部恒雄 東京財団上席研究員の識者コメント
┗┛────────────────────────────────
渡部上席研究員は、共同通信の行う憲法公布70年の連載で「戦争放棄」につ
いて識者の見方を語り、『東奥日報』『琉球新報』等の地方紙に掲載されま
した。この中で渡部上席研究員は、憲法9条は、「侵略行為の歯止めとなる
一方、自衛隊の活動には足かせでもあるという二面性を直視すべきだ」と述
べたうえで、9条改正には政治的なコストと時間がかかるのでいま変えるべ
きではなく、安保関連法制定のように「自衛隊の運用上の問題点を洗い出し、
政治が法律と運用を変えていけばグレーゾーン事態のような懸案に対処でき
る」との見解を示しました。

──────────────────────────────────
■┓【9月3日付『朝日新聞 be on Saturday』】
┃┃  知っ得 なっ得 国民健康保険1 保険料の地域間格差も顕著
┃┃   三原岳 東京財団研究員による取材協力
┗┛────────────────────────────────
医療・介護・社会保障制度の将来設計プロジェクトを行う三原研究員が取材
協力する『朝日新聞be on Saturday』の連載コラム「知っ得 なっ得」。第2
回目は、国民健康保険の現状の問題点についての解説です。市区町村が運営
していることから生まれる保険料の格差や国保ごとの医療費の格差の問題、
加入者の収入や未納分なども負担額に影響する複雑な仕組みを平易な会話文
で解説しました。

▼ 関連リンク「医療・介護・社会保障制度の将来設計プロジェクト」はこちら
 http://s.tkfd.or.jp/2cfbHAH

──────────────────────────────────
■┓【『医薬経済』9月1日号】
┃┃  現場が望む社会保障制度(16)
┃┃   健康づくり政策と健康の「定義」を再考する
┃┃    三原岳 東京財団研究員兼政策プロデューサー
┗┛────────────────────────────────
健康増進の方法や健康食品の情報に群がり健康ブームに沸く日本人は、客観
的なデータからも世界最高レベルの健康を有していると言われます。では、
そもそも健康と不健康の線引きはどこにあるのか、医療・介護・社会保障政
策の将来推計プロジェクトを行う三原研究員は、WTO憲章の「健康」の定義
を詳解し、現在の疾病構造の変化や高齢化の進展によるその意味合いの変化
と、それに伴う医療や専門職の役割の転換の必要性などについて『医薬経済』
9月1日号に論文を寄稿しました。

──────────────────────────────────
■┓ 小原凡司研究員の単著『何が戦争を止めるのか』明日刊行
┗┛────────────────────────────────
小原研究員が執筆した書籍『何が戦争を止めるのか』が、明日9日ディスカ
ヴァー・トゥエンティワンより発売されます。防衛大を卒業し、海上自衛隊
部隊指揮官を経験する小原研究員による、これからの日本社会を担う若い人
たち等に向けた待望の書き下ろしの一冊。国際関係をめぐるリベラリズム、
リアリズムの2つの立場をもとに、日本はどのような国であるべきか読者に
鋭い問題提起を投げかけます。

(「はじめに」より)
―今、世界は戦争に向かいつつあります。
私は本書のはじめに、あえてそうはっきりお伝えしようと思います。

▼ 書籍の詳細情報はこちら(「ディスカヴァー・トゥエンティワン」サイトへ)
 http://www.d21.co.jp/shop/isbn9784799319666

──────────────────────────────────
東京財団メールマガジンは、ウェブサイトからご登録いただいた方や財団役
職員・研究員が名刺交換させていただいた方、東京財団が主催、共催するイ
ベントにご登録いただいた方にお送りしています。

▼ 新規登録はこちら
 https://krs.bz/tkfd/m/m-magazine

◎ メールマガジンの宛先変更は、ご登録いただいている旧メールアドレス
  の配信を解除して、新メールアドレスの新規登録を行ってください。

▼ お問い合わせはこちら
 https://www.tkfd.or.jp/inquiry/

このメールマガジン(tkfd_news@tkfd.or.jp)は送信専用ですので、返信は
お受けできません。

このメールマガジンは、MSゴシックなどの等幅フォント設定でのご利用を推
奨します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
…………………………………………………………………………………………
 東┃京┃財┃団┃メールマガジン -The Tokyo Foundation news-
 ━┛━┛━┛━┛
 発行:公益財団法人 東京財団
 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3F
 お問い合わせ:https://www.tkfd.or.jp/inquiry/
 TEL 03-6229-5504  FAX 03-6229-5508
…………………………………………………………………………………………
 Website   http://www.tkfd.or.jp
 facebook  https://www.facebook.com/tokyofoundation
 twitter   https://twitter.com/tokyofoundation
――――――――――――――――――――――――――――――――――
    Copyright (C) 2016 The Tokyo Foundation All rights reserved.
――――――――――――――――――――――――――――――――――