東京財団 外交史ブックレビュー

東京財団 外交史ブックレビューvol.009

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ vol.009━2008.5.14━━━━━
     ◆◆ 東京財団 外交史ブックレビュー ◆◆

   編集・発行:東京財団政治外交検証プロジェクト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


はじめに――日本外交に関心を持つ方々へ
/北岡伸一(東京財団主任研究員、東京大学教授)

清沢洌は『外交史』(1940年)の序文に、「外交史に関する知識が、今日ほど
必要とされてゐる時はない。この知識を基礎とせずして造りあげられたる外交
政策と、外交輿論は、根のない花である」と書いています。

これは、時代を超えた真理だと思います。現代の日本は、当時ほど切迫した状
況にあるわけではありませんし、当時とは比較にならないほどの言論の自由が
あり、情報収集も容易です。にもかかわらず、現代の外交政策や外交世論が、
正確な外交史の知識の上に築かれているとは、決して言えないのではないでし
ょうか。

その一方で、戦後外交に関する研究は着実に発展しつつあります。外交文書の
公開や情報公開制度の利用等によって、新しい史料が利用可能となり、アメリ
カ等外国の文書に主として依拠した研究から、より総合的複眼的な視点が提示
されつつあります。それらの研究は、しかし、まだ専門研究者の間で共有され
るだけで、広い外交論議の基礎として十分利用されてはいないというのが現状
です。

このニューズレターは、そうしたギャップを埋めることを目指しています。す
なわち、戦後日本外交史およびこれに密接に関連する分野(日米関係史、日中
関係史、その他の国際政治史、日本政治史、地域研究など)において最近登場
した優れた研究を、対外政策に関心を持つ幅広い層、いわゆるforeign policy
constituency に紹介しようとするものです。日本外交を「根のある花」にす
るために、ささやかな貢献ができれば幸いです。

----------------------------------------------------------------------

  【第9号 目次】

1.政治外交ブックレビュー

『江戸の知識から明治の政治へ』松田宏一郎著
/評者 五百旗頭薫(東京大学社会科学研究所准教授)

2.読書案内(短評)

“New Fighting Power!” Japan’s Growing Capabilities and East Asian Security
(『「新たな戦力!」日本の増強される海上能力と東アジア安全保障』)
Richard J. Samuels(リチャード・J・サミュエルズ)著
/評者 細谷雄一(慶應義塾大学法学部准教授)

3.新刊・書評紹介

編集後記

------------------------------------------------------------------------

1.政治外交ブックレビュー

※このコーナーでは、日本政治外交に関連する最近の優れた書籍・論文等を、
気鋭の研究者が紹介します。特に外交の実務に携わる方々は必須のもの ばか
りです。是非お読みいただければと思います。

『江戸の知識から明治の政治へ』松田宏一郎著
/評者 五百旗頭薫(東京大学社会科学研究所准教授)

開国明治維新期における西洋の衝撃について論じたものは多い。その中で本書は、
近代化に伴ってイギリスなど西洋で意識されていた問題群が、近世後期の日本でも
かなり類似して存在していたことを重視することで、この衝撃を立体的に捉えよう
とする。言い換えれば、思想の摂取は単に思想と遭遇することで果たされるのでは
なく…

↓全文はこちらをクリック(東京財団HPへ)
http://www.tkfd.or.jp/research/news.php?id=249

-------------------------------------------------------------------

2.読書案内(短評)

“New Fighting Power!” Japan’s Growing Capabilities and East Asian Security
(『「新たな戦力!」日本の増強される海上能力と東アジア安全保障』)
Richard J. Samuels(リチャード・J・サミュエルズ)著
/評者 細谷雄一(慶應義塾大学法学部准教授)

サミュエルズ教授は、「海上自衛隊の4分の1にあたる1万3千人の人員」と、「16億
ドルの予算」に示されるように、海上保安庁が「事実上、自衛隊の第四の柱となり
つつある」と指摘する。そしてこの海上自衛隊は、自衛隊とは異なって警察活動が
主眼となっていることからも、周辺国から警戒されることもなく…

↓全文はこちらをクリック(東京財団HPへ)
http://www.tkfd.or.jp/research/news.php?id=248

-------------------------------------------------------------------

3.新刊・書評紹介

2008年2、3月に刊行された政治外交関連の新刊図書・雑誌記事・書評のリス
トです。外交に関する情報収集や研究のデータベースとしてお役立てください。

↓2月分はこちらをクリック(東京財団HPへ)
http://www.tkfd.or.jp/research/news.php?id=246

↓3月分はこちらをクリック(東京財団HPへ)
http://www.tkfd.or.jp/research/news.php?id=247

-------------------------------------------------------------------

◆編集後記

桜の季節も過ぎ、連休も終わり、新年度もようやく軌道に乗りつつあるます。
政治外交検証プロジェクトは、幸いにも無事に二年目を迎えることになり、
よりいっそうの研究の充実を目指す所存でございます。

プロジェクトのホームページでご覧頂けますとおり、ブックレビューの数も
ずいぶんと増えてきました。もしもこちらをご覧頂き、関心を持って頂いた上
で実際に何冊かを手にとってお読み頂いたとすれば、何よりも嬉しいことです。
政策形成に係わっておられる方々など、日頃なかなか忙しくてどのような良書
を読めばよいのかよく分からないかもしれません。そのような方々の一助にな
ればと思います。全ての優れた新刊書をレビューで取り上げることは出来ませ
んが、可能な限り幅広く、バランスよく、学問の最前線にいる新進気鋭の専門
家の目を通じて多数の良書を紹介していければと思います。

いよいよこれから初夏の季節へと向かい、気温も湿度も上がっていきます。休日
の午後のひとときに、冷房の効いた喫茶店でおいしいコーヒーと一緒にゆっくり
と読書を楽しむことは、贅沢な時間です。二年目を迎える本プロジェクトのメル
マガで、何冊もの良書と出会って頂き、今までとは多少違う視点から世界と日本
将来を考えるヒントを得て頂ければ嬉しく思います。

(細谷)

**********************************************************************

政治外交検証プロジェクトニュース 第9号(2008年5月14日発行)
発行元:東京財団政治外交検証プロジェクト(北岡伸一主任研究員)
    〒107-0052 港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3階 東京財団
    東京財団政治外交検証プロジェクト

編集責任者:
細谷雄一(慶應義塾大学法学部准教授)
五百旗頭薫(東京大学社会科学研究所准教授)

編集担当:
林大輔(慶應義塾大学大学院法学研究科)
相原清(東京財団政策研究部 研究員兼プログラム・オフィサー)

★★外交史ブックレビューの全バックナンバー閲覧、配信登録は、東京財団の
下記のURLからが便利です。
http://www.tkfd.or.jp/ml/
**********************************************************************