東京財団 外交史ブックレビュー

東京財団 外交史ブックレビューvol.049

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2013.08.15
    ◇◆◇ 東京財団 外交史ブックレビュー Vol.049 ◇◆◇
     http://www.tkfd.or.jp/research/project.php?id=19
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
───────────────────────────────────
■┓ ブックレビュー
┗┛─────────────────────────────────

日本政治外交に関連する最近の優れた書籍・論文等を、気鋭の研究者が紹介し
ます。外交の実務に携わる方々には必須のものばかりです。是非お読みくださ
い。


■『日米同盟の制度化』
吉田真吾(名古屋大学出版会、2012年)

評者:佐藤晋

本書は、日米の同盟関係が発展していく過程を1950年代から1970年代にか
けて叙述したものである。これまでの日米同盟関係を扱った類書では、そ
の同盟関係を制約する要因にのみ光が当てられ、これを促進する要素には
分析が及んでいなかったと、著者は言う。その上で、さらに著者は一般的
な見方とは大きく異なる斬新な視点を三つも導入している。それは、第1
に「同盟のジレンマ」を一個人や一社会の内部ではなく、社会全体を政府
と世論という構図に二分して適用してみせた点である。第2点は同盟を進
展させる要因を、同盟国間の相互信頼ではなく、逆に相互に抱いた不安に
求めていることである。さらに第3に、著者は同盟関係を左右した要素と
して、仮想敵の動向といった外部要因ではなく、同盟国関係という内部要
因を重要視している。これらは、一見これまでの同盟の見方に逆らうかの
ようであるが、ここに著者の分析の真骨頂が現れているので、少し長くな
るが以上の各論点について、それぞれ若干の批判を加えつつ見ていきたい。

▼ 続きはこちら
http://www.tkfd.or.jp/research/project/news.php?id=1172


■『秘録・日韓1兆円資金』
小倉和夫(講談社、2013年)

評者:白鳥潤一郎(慶應義塾大学法学研究科助教)

本書が対象とする、1981年から83年にかけて日韓両国を揺るがした、いわ
ゆる日韓安全保障経済協力(安保経協)問題には、日韓関係の難しさが凝
縮されている。1981年4月、全斗煥政権による100億ドルの経済協力要請に
始まり、82年夏の教科書問題を挟んで、中曽根康弘首相の電撃的な訪韓に
よって83年1月に決着に至るこの問題には、様々なドラマが存在した。
著者は外務省の北東アジア課長としてこの問題の処理に携わった当事者で
ある。

▼ 続きはこちら
 http://www.tkfd.or.jp/research/project/news.php?id=1147


───────────────────────────────────
■┓ 新刊紹介/リスト
┗┛─────────────────────────────────

2013年6月に刊行された政治外交関連の図書を中心にご紹介します。
情報収集や研究などにお役立てください。


▼ 今号のピックアップはこちら
『紛争と国家建設―戦後イラクの再建をめぐるポリティクス』
山尾大(明石書店、2013年3月)
http://www.tkfd.or.jp/research/project/news.php?id=1175

▼ 新刊リストはこちら
http://www.tkfd.or.jp/research/project/news.php?id=1174
───────────────────────────────────
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

           日本外交に関心を持つ方々へ

          北岡伸一(東京財団名誉研究員)

清沢洌は『外交史』(1940年)の序文に、「外交史に関する知識が、今日ほど
必要とされてゐる時はない。この知識を基礎とせずして造りあげられたる外交
政策と、外交輿論は、根のない花である」と書いています。

これは、時代を超えた真理だと思います。現代の日本は、当時ほど切迫した状
況にあるわけではありませんし、当時とは比較にならないほどの言論の自由が
あり、情報収集も容易です。にもかかわらず、現代の外交政策や外交世論が、
正確な外交史の知識の上に築かれているとは、決して言えないのではないでし
ょうか。

その一方で、戦後外交に関する研究は着実に発展しつつあります。外交文書の
公開や情報公開制度の利用等によって、新しい史料が利用可能となり、アメリ
カ等外国の文書に主として依拠した研究から、より総合的複眼的な視点が提示
されつつあります。それらの研究は、しかし、まだ専門研究者の間で共有され
るだけで、広い外交論議の基礎として十分利用されてはいないというのが現状
です。

このニューズレターは、そうしたギャップを埋めることを目指しています。す
なわち、戦後日本外交史およびこれに密接に関連する分野(日米関係史、日中
関係史、その他の国際政治史、日本政治史、地域研究など)において最近登場
した優れた研究を、対外政策に関心を持つ幅広い層、いわゆるforeign policy
constituency に紹介しようとするものです。日本外交を「根のある花」にす
るために、ささやかな貢献ができれば幸いです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
───────────────────────────────────

ブックレビューへのご意見・ご感想は info@tkfd.or.jp までお寄せください。


**********************************************************************

『外交史ブックレビュー』第49号(2013年8月15日発行)

発行元:東京財団 政治外交検証研究会(リーダー:北岡伸一名誉研究員)
    〒107-0052 港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3階
    http://www.tkfd.or.jp/research/project.php?id=19

編集責任者:五百旗頭薫(東京大学社会科学研究所准教授)
      小宮一夫(駒澤大学文学部非常勤講師)
      細谷雄一(慶應義塾大学法学部教授)
      宮城大蔵(上智大学外国語学部准教授)

編集担当:田中伸子(東京財団社会変革推進プログラムオフィサー)

**********************************************************************