公開フォーラム

タイプ
レポート
プロジェクト

【In 名古屋】地方自治体のガバナンス研究シンポジウム「分権時代の地方議会改革 -改革派首長からの提言-」

日時
2008/8/23  14:00-16:00 [終了しました]
場所
名古屋大学東山キャンパス シンポジオンホール
担当
赤川
2008年8月23日、名古屋大学豊田講堂にて地方自治体のガバナンス研究公開研究会「分権時代の地方議会改革-改革派首長からの提言-」が開催されました。

本研究会では、国内外の基礎自治体の運営実態についての調査研究を行った成果を政策提言として取りまとめました。プロジェクト・リーダーの木下敏之上席研究員から報告がありました。

続いて、石田芳弘上席研究員から補足説明として、スウェーデンの地方議会の実態について紹介がありました。



その後、中日新聞社常務小出宣昭氏がコーディネーター役を務め、橋本大二郎上席研究員、石田芳弘上席研究員と後房雄(名古屋大学大学院教授)と議会・議員のあり方、諸外国の地方自治制度についてディスカッションを行いました。


橋本大二郎上席研究員からは、国と地方の関係を政党を中心にみると大きなズレがあると指摘がありました。




現行の二元代表制下で、議員間の実質的な議論を行い議会の活性化することは急務ですが、住民の意思を反映させる地方自治制度とは、それぞれの地方で異なっていることが自然であるとの議論が参加者からもありました。

(文責:赤川)