経済のかたち(-2014)

研究の背景と目的

安倍政権下で「アベノミクス」が進行する中、その政策のあり方について激しい経済論争が繰り広げられている。しかし根底にあるはずの、日本経済のかたちをどうするのか、といった点について掘り下げた議論は行われておらず、国民間でも政党間でも、今後のあるべき「経済のかたち」の争点枠組みは共有されていない。
本プロジェクトでは、いったん根源的な視点に戻りつつ、今後、日本がどのような社会構造を目指すのか、それに応じた経済政策とは何かを、研究会で取り上げるいくつかの個別争点ごとに検証する。

プロジェクト・メンバー

  • プロジェクト・リーダー
  • 岩井克人 (上席研究員)
  • プロジェクト・メンバー
  • 加藤創太 (上席研究員兼政策プロデューサー)
  • 村松幹二 (研究員/駒澤大学准教授)
  • 清水剛 (研究員/東京大学准教授)
  • 神林龍 (研究員/一橋大学准教授)