タイプ
その他
プロジェクト
日付
2008/12/25

2008年10月の新刊図書・記事・書評リスト

新刊図書・記事・書評リスト
-2008年10月分-



<新刊図書>
・ 会田雄次、渡辺一夫、松田智雄『ルネサンス』(中央公論新社、2008年10月10日)
・ 秋田茂、桃木至朗編『歴史学のフロンティア 地域から問い直す国民国家史観』(大阪大学出版会、2008年10月10日)
・ 安里英子『凌辱されるいのち 沖縄・尊厳の回復へ』(御茶の水書房、2008年10月20日)
・ エリック・アザン著、益岡賢訳『占領ノート 一ユダヤ人が見たパレスチナの生活』(現代企画室、2008年10月25日)
・ 五百旗頭真『歴史としての現代日本 五百旗頭真書評集成』(千倉書房、2008年10月30日)
・ 出井康博『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社、2008年10月20日)
・ 井田正道『政治・社会意識の現在 自民党一党優位の終焉と格差社会』(北樹出版、2008年10月15日)
・ 伊藤正子『民族という政治 ベトナム民族分類の歴史と現在』(三元社、2008年10月15日)
・ 伊藤光利編『政治的エグゼクティヴの比較研究』(早稲田大学出版部、2008年10月10日)
・ 井上弘貴著『J・デューイとアメリカの責任』(木鐸社、2008年10月8日)
・ 猪口孝、マシュー・カールソン編『アジアの政治と民主主義 ギャラップ調査を分析する』(西村書店、2008年10月30日)
・ 今井清一監修、仁木ふみ子編『史料集 関東大震災下の中国人虐殺事件』(明石書店、2008年10月5日)
・ コーネル・ウェスト著、山下慶親訳『人種の問題 アメリカ民主主義の危機と再生』(新教出版社、2008年10月16日)
・ マイケル・ウォルツァー著、萩原能久監訳『正しい戦争と不正な戦争』(風行社、2008年10月)
・ 遠藤直哉『いつも野党に投票しよう! 繰り返す政権交代』(牧野出版、2008年10月25日)
・ 大石一男『条約改正交渉史 1887~1894』(思文閣出版、2008年10月5日)
・ 大川周明『日本二千六百年史』(毎日ワンズ、2008年10月25日)
・ 大久保喬樹『洋行の時代 岩倉使節団から横光利一まで』(中公新書、2008年10月25日)
・ 太田述正『実名告発 防衛省』(金曜日、2008年10月25日)
・ 小熊英二、姜尚中編『在日一世の記憶』(集英社新書、2008年10月22日)
・ 押村高『国際正義の論理』(講談社現代新書、2008年10月20日)
・ 何立新『中国の公的年金制度改革 体制移行期の制度的・実証的分析』(東京大学出版会、2008年10月中17日)
・ 柿崎明二『「次の首相」はこうして決まる』(講談社現代新書、2008年10月20日)
・ 霞山会編『日中関係基本資料集 1972年-2008年』(霞山会、2008年10月1日)
・ 霞山会編『日中関係基本資料集 1972年-2008年 年表』(霞山会、2008年10月1日)
・ 粕谷一希『戦後思潮 知識人たちの肖像』(藤原書店、2008年10月)
・ 堅田剛『明治文化研究会と明治憲法 宮武外骨・尾佐竹猛・吉野作造』(御茶の水書房、2008年10月20日)
・ 桂島宣弘『自他認識の思想史 日本ナショナリズムの生成と東アジア』(有志舎、2008年10月28日)
・ 加藤秀治郎『政治学』第3版(芦書房、2008年10月10日)
・ 加藤哲郎『ワイマール期ベルリンの日本人 洋行知識人の反帝ネットワーク』(岩波書店、2008年10月15日)
・ 上坂冬子『政治経済より人間力 松下政経塾は何をするところか』(PHP研究所、2008年10月8日)
・ 河音琢郎、藤木剛康編著『G・W・ブッシュ政権の経済政策 アメリカ保守主義の理念と現実』(ミネルヴァ書房、2008年10月20日)
・ 菊地明編『京都守護職日誌 第4巻 慶応二年八月~慶応三年八月』(新人物往来社、2008年10月20日)
・ 紀平英作、亀井俊介『世界の歴史 23 アメリカ合衆国の膨張』(中公文庫、2008年10月25日)
・ 岐阜新聞社編著『至誠一貫 武藤嘉文半生記』(岐阜新聞社、2008年10月)
・ 金東椿著、金美恵他訳『朝鮮戦争の社会史 避難・占領・虐殺』(平凡社、2008年10月)
・ ヴォルフ・D・グルーナー著、丸畠宏太、進藤修一、野田昌吾訳『ヨーロッパのなかのドイツ 1800~2002』(ミネルヴァ書房、2008年10月20日)
・ 小池百合子『もったいない日本』(主婦と生活社、2008年10月27日)
・ 小島修一『二十世紀初頭ロシアの経済学者群像 リヴァイアサンと格闘する知性』(ミネルヴァ書房、2008年10月20日)
・ ウィリアム・E・コノリー著、杉田敦、鵜飼健史、乙部延剛、五野井郁夫訳『プルーラリズム』(岩波書店、2008年10月23日)
・ 近藤誠一『文化外交の最前線にて 文化の普遍性と特殊性をめぐる24のエッセイ』(かまくら春秋社、2008年10月)
・ 斎藤眞、久保文明編『アメリカ政治外交史教材 英文資料選』第2版(東京大学出版会、2008年10月21日)
・ 櫻井正一郎『最後のウォルター・ローリー イギリスそのとき』(みすず書房、2008年10月23日)
・ 佐高信『福沢諭吉伝説』(角川学芸出版、2008年10月20日)
・ 志位和夫『決定的場面と日本共産党』(新日本出版社、2008年10月10日)
・ 塩原俊彦『ネオKGB帝国 ロシアの闇に迫る』(東洋書店、2008年10月25日)
・ 塩見治人、橘川武郎編『日米企業のグローバル競争戦略 ニューエコノミーと「失われた十年」の再検証』(名古屋大学出版会、2008年10月10日)
・ ウィリアム・L・シャイラー著、松浦伶訳『第三帝国の興亡 4 ヨーロッパ征服』(東京創元社、2008年10月30日)
・ レジナルド・F・ジョンストン著、中山理訳、渡部昇一監修『完訳 紫禁城の黄昏 上・下』(詳伝社黄金文庫、2008年10月20日)
・ 白川勝彦『自公連立解体論 自由主義が衰退すれば、日本は滅ぶ』(花伝社、2008年10月10日)
・ 白川勝彦『政権崩壊 永田町徒然草』(花伝社、2008年10月22日)
・ 杉下恒夫『危ういジャーナリズム 途上国の民主化とメディア』(日本評論社、2008年10月5日)
・ 鈴木徳男、嘉戸一将『明治国家の精神史的研究 <明治の精神>をめぐって』(以文社、2008年10月1日)
・ 鷲見誠一、千葉眞編著『ヨーロッパにおける政治思想史と精神史の交叉』(慶應義塾大学出版会、2008年10月15日)
・ リリアン・E・スミス著、廣瀬典生訳・著『リリアン・E・スミス『今こそその時』 「ブラウン判決」とアメリカ南部白人の心の闇』(彩流社、2008年10月15日)
・ 瀬野精一郎『歴史の残像 歴史家の見た戦前・戦中・戦後』(吉川弘文館、2008年10月19日)
・ 瀬野冨吉著、原口泉監修『幻の宰相 小松帯刀伝』(宮帯出版社、2008年10月)
・ 芹川洋一『政治をみる眼 24の経験則』(日本経済新聞出版社、2008年10月8日)
・ 高橋眞司、舟越耿一編『ナガサキから平和学する!』(法律文化社、2008年10月)
・ 高見勝利『現代日本の議会政と憲法』(岩波書店、2008年10月8日)
・ ジョナサン・B・タッカー著、内山常雄訳『神経ガス戦争の世界史』(みすず書房、2008年10月10日)
・ 中京大学社会科学研究所、国史館台湾文献館監修『台湾総督府文書目録 第25巻 明治四十四年(下)』(ゆまに書房、2008年10月25日)
・ ノーム・チョムスキー著、デイヴィッド・バーサミアン・インタビュー、伊藤茂訳『チョムスキー、アメリカを叱る』(NTT出版、2008年10月20日)
・ ロナルド・W・ツヴァイグ著、寺尾信昭訳『ホロコーストと国家の略奪 ブダペスト発「黄金列車」のゆくえ』(昭和堂、2008年10月30日)
・ 東大法・7期蒲島郁夫ゼミ編『小泉政権の研究』(木鐸社、2008年10月15日)
・ 中谷功治『歴史を冒険するために 歴史と歴史学をめぐる講義』(関西学院大学出版会、2008年10月30日)
・ 中村昭雄『基礎からわかる政治学』(芦書房、2008年10月30日)
・ 西川秀和、池本克之『オバマ「勝つ話術、勝てる駆け引き」』(講談社、2008年10月27日)
・ 西川吉光『日本の安全保障政策』(昂洋書房、2008年10月30日)
・ W・ラッセル・ニューマン、マリオン・R・ジャスト、アン・N・クリグラー著、川端美樹、山田一成監訳『ニュースはどのように理解されるか メディアフレームと政治的意味の構築』(慶應義塾大学出版会、2008年10月15日)
・ 野村甚三郎『国境とは何か 領土・制度・アイデンティティ』(芙蓉書房出版、2008年10月25日)
・ 早瀬晋三『未来と対話する歴史』(法政大学出版局、2008年10月31日)
・ 早瀬晋三『歴史空間としての海域を歩く』(法政大学出版局、2008年10月31日)
・ 原口清著、原口清著作集編集委員会編『原口清著作集 第4巻 日本近代国家の成立』(岩田書院、2008年10月)
・ 阪東宏『ヨーロッパ/ポ-ランド/ロシア 1918-1921』(彩流社、2008年10月25日)
・ 東アジア共生研究会『東アジアの中の日本 環境・経済・文化の共生を求めて』(富山大学出版会、2008年10月1日)
・ ソロモン・ヒューズ著、松本剛史訳『対テロ戦争株式会社 「不安の政治」から営利をむさぼる企業』(河出書房新社、2008年10月30日)
・ 船田元『政界再編』(中央公論新社、2008年10月10日)
・ 古川利明『「自民党‘公明派’」10年の功罪』(第三書館、2008年10月)
・ トマス・ホッブズ著、本田裕志訳『ホッブズ 市民論』(京都大学学術出版会、2008年10月15日)
・ リチャード・ホフスタッター著、田口富久治、泉昌一訳『アメリカの政治的伝統 その形成者たち I・II』(岩波書店、2008年10月)
・ 牧野雅彦『共存のための技術 政治学入門』新版(大学教育出版、2008年10月)
・ スコット・マクレラン著、水野孝昭訳『偽りのホワイトハウス 元ブッシュ大統領報道官の証言』(朝日新聞出版、2008年10月30日)
・ 松田武『戦後日本におけるアメリカのソフト・パワー 半永久的依存の起源』(岩波書店、2008年10月28日)
・ 御厨貴『表象の戦後人物誌』(千倉書房、2008年10月30日)
・ 水上慎士『政治を変える情報戦略 最大の経済問題を解決するアーキテクチャー』(日本経済新聞出版、2008年10月7日)
・ 柳田辰雄『国際政治経済システム学 共生への俯瞰』(東信堂、2008年10月20日)
・ 矢野絢也『闇の流れ 矢野絢也メモ』(講談社+α文庫、2008年10月20日)
・ 吉川宏『国民国家システムの変容 トランスナショナル化した世界』(学術出版会、2008年10月25日)
・ 吉原欽一『アメリカ人の政治』(PHP新書、2008年10月29日)
・ 与良正男『与良政談』(毎日新聞社、2008年10月20日)
・ リウィウス著、岩谷智訳『ローマ建国以来の歴史 1 伝承から歴史へ 1』(京都大学学術出版会、2008年10月15日)
・ マリーズ・リズン、アズィーム・ナンジー著、中村公則訳『イスラーム歴史文化地図』(悠書館、2008年10月10日)
・ 渡辺豪『「アメとムチ」の構図 普天間移設の内幕』(沖縄タイムス社、2008年10月)
・ 渡辺与五郎、山本忠士、李春蘭、丁雪冬、秋月里保『対外交流史研究』(文化書房博文社、2008年10月20日)
・ Yuko Kasuya, Presidential Bandwagon: Parties and Party Systems in the Philippines (Tokyo: Keio University Press, October 1, 2008)


<雑誌記事>
・ 青山瑠妙「中国のシンクタンクと対外政策」『国際問題』第575号(2008年10月)14-25頁
・ モートン・I・アブラモウィッツ、トーマス・R・ピカリング「有志同盟、民主国家連盟、それとも国連常設戦力か 世界は人道的危機にどう対処する」『フォーリン・アフェアーズ日本語版』2008年10月号(2008年10月)2-9頁
・ 阿部義章「途上国の軍事費と社会分野への歳出」『アジア太平洋討究』第11号(2008年10月)1-13頁
・ 安藤仁介「台湾、人権、自決 個人的体験をとおして」『広島法学』第32巻第2号(2008年10月)1-17頁
・ 石山久男「沖縄戦検定問題が明らかにした教科書検定システムの問題点」『歴史学研究』第846号(2008年10月)176-81頁
・ 今井亮佑「分割投票の分析 候補者要因、バッファー・プレイ、戦略的投票」『レヴァイアサン』第43号(2008年10月)60-92頁
・ 薄井次郎「国連における地域経済社会委員会の役割 アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)の事例を通じた考察」『外務省調査月報』2008年第2号(2008年10月)1-22頁
・ 枝村純郎「物語「福田ドクトリン」から30年 第6回 福田赳夫総理東南アジア歴訪の準備」『外交フォーラム』第243号(2008年10月)64-69頁
・ 江畑謙介「南極の気候変動と将来の課題」『海外事情』第56巻第10号(2008年10月)15-31頁
・ 大岩隆明「非伝統的安全保障とは何か 開発援助の課題としての考察」『外交フォーラム』第243号(2008年10月)60-63頁
・ 大賀哲「黎明期国際政治学の構想力 ハンス・モーゲンソーの国際関係思想講義から」『法政研究』(九州大学法政学会)第75巻第2号(2008年10月)211-59頁
・ 大串潤児「教科書検定問題と歴史教科書叙述」『歴史学研究』第846号(2008年10月)181-88頁
・ 太田浩「アジアの外国人留学生政策と諸課題 シンガポールと韓国を事例に」『アジア研究』第54巻第4号(2008年10月)26-43頁
・ 大塚桂「大東亜戦争と知識人 (10) 昭和前期の政治学」『駒澤法学』第29号(2008年10月)1-27頁
・ 岡野内正「パレスチナ問題を解く鍵としてのホロコースト(ショア)とナクバに関する正義回復(リドレス) (中)」『アジア・アフリカ研究』第390号(2008年10月)2-13頁
・ 小山田紀子「人の移動からみるフランス・アルジェリア関係史 脱植民地化と「引揚者」を中心に」『歴史学研究』第846号(2008年10月)123-33頁
・ 片岡貞治「TICADプロセスと日本の対アフリカ外交 (下)」『海外事情』第56巻第10号(2008年10月)97-111頁
・ 川人貞史「衆参ねじれ国会における立法的帰結」『法學』(東北大学法学会)第72巻第4号(2008年10月)1-32頁
・ 菊池努「外交政策の形成と政策研究機関 ASEAN戦略国際問題研究所連合(ISIS)と政策ネットワーク」『国際問題』第575号(2008年10月)33-45頁
・ 木寺昌人「成長重視の援助モデルを世界へ」『外交フォーラム』第243号(2008年10月)36-41頁
・ 清滝仁志「思想史研究者としての河合榮治郎」『駒澤法学』第29号(2008年10月)29-48頁
・ アントニオ・グテーレス「家を追われた数百万の人々に救いの手を 世界の難民と国内避難民を支援するための新枠組みを」『フォーリン・アフェアーズ日本語版』2008年10月号(2008年10月)10-18頁
・ マイケル・クレポン「マイケル・クレポンが語る米印原子力協定の不毛」『フォーリン・アフェアーズ日本語版』2008年10月号(2008年10月)52-56頁
・ 黒沢文貴「裕仁親王の結婚に躊躇する貞明皇后 宮中某重大事件のその後」『日本歴史』第725号(2008年10月)85-89頁
・ 後藤乾一「1960年代沖縄返還交渉と首相「特使」若泉敬 米大統領特別補佐官W・ロストウとの接触・交渉を中心に」『アジア太平洋討究』第11号(2008年10月)29-51頁
・ 小浜祥子「アメリカのアラブ・イスラエル政策にみる中東秩序論 一九六三-七〇年」『国家学会雑誌』第121巻第9・10号(2008年10月)109-69頁
・ 小林英夫、福井紳一「松村高夫氏の批判に応える 満鉄調査部事件の神話と実像 (1)」『アジア太平洋討究』第11号(2008年10月)263-74頁
・ 小林良樹「中国における「対日感情」に関する考察 各種世論調査結果の複合的分析」『アジア研究』第54巻第4号(2008年10月)87-108頁
・ 阪本真由美、阪本将英、河田惠昭「インド洋津波災害における災害復興支援の有用性と課題 バンダ・アチェの事例より」『アジア・アフリカ研究』第390号(2008年10月)49-64頁
・ 佐藤幸輝「防衛法制度における「奇襲対処の問題」の現状と今後の検討の方向性」『防衛法研究』第32号(2008年10月)93-156頁
・ ハワード・B・シェーファー「カシミール問題を考える パキスタンの対テロ戦争を左右するインド・パキスタン関係の試金石」『フォーリン・アフェアーズ日本語版』2008年10月号(2008年10月)47-51頁
・ 篠原初枝「外交史・国際関係史と国際政治学理論 国際関係論における学際アプローチの可能性へむけて」『アジア太平洋討究』第11号(2008年10月)185-98頁
・ 島村力「オバマ、マケイン対決への道」『海外事情』第56巻第10号(2008年10月)81-96頁
・ 白石さや「どこから?どこへ? 遍路札所を結ぶアジア・太平洋の高等教育ネットワーク構築」『アジア研究』第54巻第4号(2008年10月)44-55頁
・ 白石隆「国境を超える脅威にどう立ち向かうか アジアにおける非伝統的安全保障と地域協力を考える」『外交フォーラム』第243号(2008年10月)46-47頁
・ 白石昌也「1990年代日本のインドシナ3国(カンボジア、ベトナム、ラオス)に対する援助政策: 『ODA白書』の記述を中心に」『アジア太平洋討究』第11号(2008年10月)153-83頁
・ 杉浦康之「中国の「日本中立化」政策と対日情勢認識 第四次日中民間貿易協定交渉過程と長崎国旗事件を中心に」『アジア研究』第54巻第4号(2008年10月)70-86頁
・ 杉野晋介「トルコの水資源開発と安全保障」『海外事情』第56巻第10号(2008年10月)61-76頁
・ 杉村美紀「アジアにおける留学生政策と留学生移動」『アジア研究』第54巻第4号(2008年10月)10-25頁
・ ベン・ステイル、セバスチャン・マラビー「ベン・ステイル、セバスチャン・マラビーが分析する米金融市場混乱の余波」『フォーリン・アフェアーズ日本語版』2008年10月号(2008年10月)20-28頁
・ 薛化元「台湾の政治発展における蒋経国の歴史的再評価 戒厳解除を中心に」『広島法学』第32巻第2号(2008年10月)19-49頁
・ 高井晉「国際テロリズムと国家の責任」『防衛法研究』第32号(2008年10月)67-91頁
・ 竹内幸雄「「自由帝国主義論」とレジーム・チェンジ イラク戦争をめぐって」『アジア・アフリカ研究』第390号(2008年10月)36-48頁
・ 辰巳由紀、中山俊宏「米国の対外政策とシンクタンクの役割と機能」『国際問題』第575号(2008年10月)1-13頁
・ 立石洋子「ソ連における「国民史」の創造 1930年代の初頭歴史教科書作成問題を手がかりに」『歴史学研究』第845号(2008年10月)1-17頁
・ 中島隆晴「中央アジアの天然資源開発の現状と展望」『海外事情』第56巻第10号(2008年10月)47-60頁
・ 中島宏「中朝国境を見る 中国、北朝鮮の将来に本格的な備えか」『中国研究月報』第728号(2008年10月)45-49頁
・ 永野秀雄「米国のインテリジェンス機関 今後のわが国の制度設計の参考として」『防衛法研究』第32号(2008年10月)43-65頁
・ 中村政則「日本近代史を描くとは アンドルー・ゴードン『日本の200年』をめぐって」『歴史学研究』第845号(2008年10月)26-31頁
・ バリ・R・ナサル、レイ・タキー、リチャード・N・ハース「米次期政権はイランに政策的にどう関与していくべきか」『フォーリン・アフェアーズ日本語版』2008年10月号(2008年10月)105-14頁
・ 西修「いわゆる4類型に関する若干の憲法的考察 政府解釈の再検証を中心として」『防衛法研究』第32号(2008年10月)5-42頁
・ 二宮皓「アジア・ゲートウェイ戦略会議が描く留学生戦略とUMAPの役割 「域内留学交流計画」の可能性を中心として」『アジア研究』第54巻第4号(2008年10月)56-69頁
・ 丹羽文生「冷戦後における日本の安全保障政策決定過程 「日米安保共同宣言」に至る経緯と自民党安全保障調査会の役割を中心に」『防衛法研究』第32号(2008年10月)157-70頁
・ 長谷川貴彦「ポスト・サッチャリズムの歴史学 歴史認識論争と近代イギリス像の変容」『歴史学研究』第846号(2008年10月)12-19頁
・ 八田善明「モロッコ王国の「人間開発に係る国家イニシアティブ(INDH)」 貧困・格差問題と格差是正政策の観点から」『外務省調査月報』2008年第2号(2008年10月)23-58頁
・ スティーブン・ビドル、マイケル・E・オハンロン、ケネス・M・ポラック「イラクの安定の継続か、内戦への回帰か、そのカギを握る米軍撤退のタイミング 米軍の迅速かつ大規模な撤退を回避せよ」『フォーリン・アフェアーズ日本語版』2008年10月号(2008年10月)89-104頁
・ 久末亮一「マネー・ローンダリング問題 その実態、対策の限界、そして課題」『外交フォーラム』第243号(2008年10月)51-53頁
・ 平野健一郎「新しいアジアの留学地図とその意味」『アジア研究』第54巻第4号(2008年10月)3-9頁
・ 福元健太郎「信任的法案・解散総選挙・内閣総辞職 不完備情報動学ゲームによる政局モデル」『レヴァイアサン』第43号(2008年10月)93-112頁
・ 布田功治「タイ中央銀行の信用秩序維持政策 金融3法改正から通貨危機直前まで」『アジア研究』第54巻第4号(2008年10月)109-25頁
・ カーター・F・ベールズ、リチャード・D・デューク「地球温暖化をいかに封じ込めるか 途上国を取り込んだ「キャップ・アンド・インベスト」枠組みの導入を」『フォーリン・アフェアーズ日本語版』2008年10月号(2008年10月)79-87頁
・ シュロモ・ベンアミ「中東紛争のルーツ、1948年戦争の遺産と展望」『フォーリン・アフェアーズ日本語版』2008年10月号(2008年10月)61-71頁
・ 保立道久「歴史データベースの将来と歴史知識学 コンピュータはただの便利な道具か」『歴史評論』第702号(2008年10月)80-89頁
・ 本名純「日本の得意分野を生かした協力を テロ対策と海賊対策」『外交フォーラム』第243号(2008年10月)48-50頁
・ 待鳥聡史「官邸主導の成立と継続 首相動静データからの検討」『レヴァイアサン』第43号(2008年10月)22-43頁
・ 松並潤「特殊法人改革の虚実」『レヴァイアサン』第43号(2008年10月)44-59頁
・ 真渕勝「日本における中央省庁再編の効果 融合か?混合か?」『レヴァイアサン』第43号(2008年10月)7-21頁
・ セバスチャン・マラビー「金融危機とアメリカンパワーの衰退」『フォーリン・アフェアーズ日本語版』2008年10月号(2008年10月)29-31頁
・ 道場親信「「戦後開拓」再考 「引揚げ」以後の「非/国民」たち」『歴史学研究』第846号(2008年10月)113-23頁
・ 山岡道男「ニュージーランド太平洋問題調査会の人々: 人物を中心とした予備的考察」『アジア太平洋討究』第11号(2008年10月)67-83頁
・ 山田太雲、寺田頼子「アドボカシーを通じて、世界に語りかけていく」『外交フォーラム』第243号(2008年10月)42-45頁
・ 山地憲治「地球温暖化対策の長期目標」『海外事情』第56巻第10号(2008年10月)2-14頁
・ 山本公徳「第一次大戦期における国家意思形成システムの再編と原敬内閣」『日本史研究』第554号(2008年10月)26-51頁
・ 尹徳敏「韓国の対外政策とシンクタンク 対北朝鮮政策を中心に」『国際問題』第575号(2008年10月)26-32頁
・ 横田匡紀「ポスト京都議定書の国際枠組み 地球環境ガバナンスに向けて」『海外事情』第56巻第10号(2008年10月)32-46頁
・ 吉田律人「軍隊の「災害出動」制度の確立 大規模災害への対応と衛戍の変化から」『史学雑誌』第117編第10号(2008年10月)73-97頁
・ 吉野作造講義録研究会「吉野作造講義録 (一)」『国家学会雑誌』第121巻第9・10号(2008年10月)60-108頁
・ ブルース・O・リーデル「パキスタンのトリレンマに出口はあるのか 部族地域、カシミール、国内の不安定化にどう対処する」『フォーリン・アフェアーズ日本語版』2008年10月号(2008年10月)42-46頁
・ 林華生「日中は米国経済を救えるか」『アジア太平洋討究』第11号(2008年10月)141-52頁
・ Bülent Aras and Rabia Karakaya Polat, “From Conflict to Cooperation: Desecuritization of Turkey's Relations with Syria and Iran,” Security Dialogue, Vol. 39, No. 5 (October, 2008) 495-515
・ Andrew Arato, “Redeeming the Still Redeemable and Post-Sovereign Constitution Making,” 『アジア・アフリカ研究』第390号(2008年10月)14-35
・ Ersel Aydinli and Julie Mathews, “Periphery Theorising for a Truly Internationalised Discipline: Spinning IR Theory out of Anatolia,” Review of International Studies, Vol. 34, Issue 4 (October, 2008) 693-712
・ Muhammad Bakashmar, “Winning the Battles, Losing the War? An Assessment of Counterterrorism in Malaysia,” Terrorism and Political Violence, Vol. 20, Issue 4 (October, 2008) 480-97
・ Alex J. Bellamy, “The Responsibilities of Victory: Jus Post Bellum and the Just War,” Review of International Studies, Vol. 34, Issue 4 (October, 2008) 601-25
・ Andrew J. Birtle, “PROVN, Westmoreland, and the Historians: A Reappraisal,” The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1213-47
・ Corneliu Bjola, “Legitimacy and the Use of Force: Bridging the Analytical-Normative Divide,” Review of International Studies, Vol. 34, Issue 4 (October, 2008) 627-44
・ Jean-Marc F. Blanchard and Norrin M. Ripsman, “A Political Theory of Economic Statecraft,” Foreign Policy Analysis, Vol. 4, Issue 4 (October, 2008) 371-98
・ Lisa Blaydes and Lawrence Rubin, “Ideological Reorientation and Counterterrorism: Confronting Militant Islam in Egypt,” Terrorism and Political Violence, Vol. 20, Issue 4 (October, 2008) 461-79
・ David J. Brulé, “Congress, Presidential Approval, and U.S. Dispute Initiation,” Foreign Policy Analysis, Vol. 4, Issue 4 (October, 2008) 349-70
・ Oldrich Bures, “Europol’s Fledgling Counterterrorism Role,” Terrorism and Political Violence, Vol. 20, Issue 4 (October, 2008) 498-517
・ Simon Caney, “Global Distributive Justice and the State,” Political Studies, Vol. 56, Issue 3 (October, 2008) 487-518
・ Niccolò Capponi, “Clio, Mars, and Wine: Tracking Down Military Documents in Italy,” The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1249-56
・ John M. Carland, “War, Politics, Diplomacy, and the Presidency: Off the Record Comments by Lyndon B. Johnson in Retirement,” The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1257-63
・ Eric C. C. Chang, Mark Andreas Kayser, and Ronald Rogowski, “Electoral Systems and Real Prices: Panel Evidence for the OECD Countries, 1970–2000,” British Journal of Political Science, Vol. 38, Issue 4 (October, 2008) 739-51
・ David H. Clark, Timothy Nordstrom, and William Reed, “Substitution Is in the Variance: Resources and Foreign Policy Choice,” American Journal of Political Science, Vol. 52, Issue 4 (October, 2008) 763-73
・ Reed Davis, “An Uncertain Trumpet: Reason, Anarchy and Cold War Diplomacy in the Thought of Raymond Aron,” Review of International Studies, Vol. 34, Issue 4 (October, 2008) 645-68
・ Raymond Duvall and Jonathan Havercroft, “Taking Sovereignty out of This World: Space Weapons and Empire of the Future,” Review of International Studies, Vol. 34, Issue 4 (October, 2008) 755-75
・ David Easter, “GCHQ and British External Policy in the 1960s,” Intelligence and National Security, Vol. 23, Issue 5 (October, 2008) 681-706
・ Andrew J. Enterline and J. Michael Greig, “The History of Imposed Democracy and the Future of Iraq and Afghanistan,” Foreign Policy Analysis, Vol. 4, Issue 4 (October, 2008) 321-47
・ Adam Fagan, “Global-Local Linkage in the Western Balkans: The Politics of Environmental Capacity Building in Bosnia-Herzegovina,” Political Studies, Vol. 56, Issue 3 (October, 2008) 629-52
・ Benjamin O. Fordham, “Economic Interests and Congressional Voting on Security Issues,” The Journal of Conflict Resolution, Vol. 52, No. 5 (October, 2008) 623-40
・ Dennis M. Foster, ““Comfort to Our Adversaries”? Partisan Ideology, Domestic Vulnerability, and Strategic Targeting,” Foreign Policy Analysis, Vol. 4, Issue 4 (October, 2008) 419-36
・ James L. Gelvin, “Al-Qaeda and Anarchism: A Historian’s Reply to Terrorology,” Terrorism and Political Violence, Vol. 20, Issue 4 (October, 2008) 563-81
・ Emilie M. Hafner-Burton, “Sticks and Stones: Naming and Shaming the Human Rights Enforcement Problem,” International Organization, Vol. 62, Issue 4 (October, 2008) 689-716
・ John F. Helliwell and Haifang Huang, “How’s Your Government? International Evidence Linking Good Government and Well-Being,” British Journal of Political Science, Vol. 38, Issue 4 (October, 2008) 595-619
・ Indridi H. Indridason and Christopher Kam, “Cabinet Reshuffles and Ministerial Drift,” British Journal of Political Science, Vol. 38, Issue 4 (October, 2008) 621-56
・ Richard Bach Jensen, “Nineteenth Century Anarchist Terrorism: How Comparable to the Terrorism of Al-Qaeda?” Terrorism and Political Violence, Vol. 20, Issue 4 (October, 2008) 589-96
・ Yukio Kawamura, “The Decline of U.S. Hegemonic Power and a New Perspective on the U.S.-Japan Relationship,” 『アジア太平洋討究』第11号(2008年10月)123-28
・ Jonathan W. Keller and Yi Edward Yang, “Leadership Style, Decision Context, and the Poliheuristic Theory of Decision Making: An Experimental Analysis,” The Journal of Conflict Resolution, Vol. 52, No. 5 (October, 2008) 687-712
・ Carl Knight, “A Pluralistic Approach to Global Poverty,” Review of International Studies, Vol. 34, Issue 4 (October, 2008) 713-33
・ Sarah E. Kreps, “Shifting Currents: Changes in National Intelligence Estimates on the Iran Nuclear Threat,” Intelligence and National Security, Vol. 23, Issue 5 (October, 2008) 608-28
・ Miguel De Larrinaga and Marc G. Doucet, “Sovereign Power and the Biopolitics of Human Security,” Security Dialogue, Vol. 39, No. 5 (October, 2008) 517-37
・ Stephanie Lawson, “Political Studies and the Contextual Turn: A Methodological/Normative Critique,” Political Studies, Vol. 56, Issue 3 (October, 2008) 584-603
・ Douglas Lemke, “Power Politics and Wars without States,” American Journal of Political Science, Vol. 52, Issue 4 (October, 2008) 774-86
・ Nigel Lo, Barry Hashimoto, and Dan Reiter, “Ensuring Peace: Foreign-Imposed Regime Change and Postwar Peace Duration, 1914–2001,” International Organization, Vol. 62, Issue 4 (October, 2008) 717-36
・ Terry Macdonald, “What’s So Special about States? Liberal Legitimacy in a Globalising World,” Political Studies, Vol. 56, Issue 3 (October, 2008) 544-65
・ Edward D. Mansfield and Eric Reinhardt, “International Institutions and the Volatility of International Trade,” International Organization, Vol. 62, Issue 4 (October, 2008) 621-52
・ David Mcknight, “Partisan Improprieties: Ministerial Control and Australia’s Security Agencies, 1962-72,” Intelligence and National Security, Vol. 23, Issue 5 (October, 2008) 707-25
・ Jason Miklian, “International Media’s Role on U.S.-Small State Relations: The Case of Nepal,” Foreign Policy Analysis, Vol. 4, Issue 4 (October, 2008) 399-418
・ Valentine M. Moghadam and Dilek Elveren, “The Making of an International Convention: Culture and Free Trade in a Global Era,” Review of International Studies, Vol. 34, Issue 4 (October, 2008) 735-53
・ Giles Moss and Ben O’Loughlin, “Convincing Claims? Democracy and Representation in Post-9/11 Britain,” Political Studies, Vol. 56, Issue 3 (October, 2008) 705-24
・ Benjamin Nyblade and Steven R. Reed, “Who Cheats? Who Loots? Political Competition and Corruption in Japan, 1947–1993,” American Journal of Political Science, Vol. 52, Issue 4 (October, 2008) 926-41
・ Eunan O’halpin, “‘A Poor Thing But Our Own’: The Joint Intelligence Committee and Ireland, 1965-72,” Intelligence and National Security, Vol. 23, Issue 5 (October, 2008) 658-80
・ David Omand, “Can We Have the Pleasure of the Grin without Seeing the Cat? Must the Effectiveness of Secret Agencies Inevitably Fade on Exposure to the Light?” Intelligence and National Security, Vol. 23, Issue 5 (October, 2008) 593-607
・ Jonathan Paquin, “Managing Controversy: U.S. Stability Seeking and the Birth of the Macedonian State,” Foreign Policy Analysis, Vol. 4, Issue 4 (October, 2008) 437-58
・ Neville Parton, “The Development of Early RAF Doctrine,” The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1155-77
・ Travis N. Ridout, Ashley C. Grosse, and Andrew M. Appleton, “News Media Use and Americans’ Perceptions of Global Threat,” British Journal of Political Science, Vol. 38, Issue 4 (October, 2008) 575-93
・ Mark Robinson, “Hybrid States: Globalisation and the Politics of State Capacity,” Political Studies, Vol. 56, Issue 3 (October, 2008) 566-83
・ Paul Roe, “The ‘Value’ of Positive Security,” Review of International Studies, Vol. 34, Issue 4 (October, 2008) 777-94
・ John Shy, “History, and the History of War,” The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1033-46
・ Jeff Spinner-Halev, “Democracy, Solidarity and Post-nationalism,” Political Studies, Vol. 56, Issue 3 (October, 2008) 604-28
・ Randall W. Stone, “The Scope of IMF Conditionality,” International Organization, Vol. 62, Issue 4 (October, 2008) 589-620
・ Steven Wagner, “British Intelligence and the Jewish Resistance Movement in the Palestine Mandate, 1945-46,” Intelligence and National Security, Vol. 23, Issue 5 (October, 2008) 629-57
・ Hideki Wakui, “Two Globalizations and Two End-of-Century Capitalist Systems,” 『国際学研究』(明治学院大学国際学部)第34号(2008年10月)59-88
・ Neil Walker, “Taking Constitutionalism Beyond the State,” Political Studies, Vol. 56, Issue 3 (October, 2008) 519-43
・ John Williams, “Space, Scale and Just War: Meeting the Challenge of Humanitarian Intervention and Trans-national Terrorism,” Review of International Studies, Vol. 34, Issue 4 (October, 2008) 581-600
・ Laura Zanotti, “Imagining Democracy, Building Unsustainable Institutions: The UN Peacekeeping Operation in Haiti,” Security Dialogue, Vol. 39, No. 5 (October, 2008) 539-61


<書評>
・ 青山瑠妙『現代中国の外交』(慶應義塾大学出版会、2007年)(『アジア研究』第54巻第4号(2008年10月)126-30頁)評/岡部達味
・ ジャック・アタリ著、林昌宏訳『21世紀の歴史 未来の人類から見た世界』(作品社、2008年)(『日本経済新聞』2008年10月12日)評/宇野重規
・ 安達正勝『物語フランス革命 バスチーユ陥落からナポレオン戴冠まで』(中公新書、2008年)(『産経新聞』2008年10月26日)評/桑原聡
・ 有山輝雄『陸羯南』(吉川弘文館、2007年)(『日本歴史』第725号(2008年10月)92-94頁)評/山辺春彦
・ 飯山雅史『アメリカの宗教右派』(中公新書ラクレ、2008年)(『毎日新聞』2008年10月19日)評/五百旗頭真
・ 池田謙一『政治のリアリティと社会心理 平成小泉政治のダイナミックス』(木鐸社、2007年)(『レヴァイアサン』第43号(2008年10月)137-40頁)評/谷口尚子
・ 池田嘉郎『革命ロシアの共和国とネイション』(山川出版社、2007年)(『史学雑誌』第117編第10号(2008年10月)112-20頁)評/松井康浩
・ 石黒馨『入門・国際政治経済の分析』(勁草書房、2007年)(『レヴァイアサン』第43号(2008年10月)161-64頁)評/山本元
・ 磯部靖『現代中国の中央・地方関係 広東省における地方分権と省指導者』(慶應義塾大学出版会、2008年)(『中国研究月報』第728号(2008年10月)40-42頁)評/梶谷懐
・ 乾淑子編『戦争のある暮らし』(水声社、2008年)(『朝日新聞』2008年10月19日)評/赤澤史朗
・ 林東源著、波佐場清『南北首脳会談への道 林東源回顧録』(岩波書店、2008年)(『日本経済新聞』(2008年10月26日)評/小此木政夫
・ 呉軍華『中国 静かなる革命 官製資本主義の終焉と民主化へのグランドビジョン』(日本経済新聞出版社、2008年)(『朝日新聞』2008年10月26日)評/天児慧
・ 呉軍華『中国 静かなる革命 官製資本主義の終焉と民主化へのグランドビジョン』(日本経済新聞出版社、2008年)(『日本経済新聞』2008年10月5日)評/篠原総一
・ 内田樹『こんな日本でよかったね 構造主義的日本論』(バジリコ、2008年)(『諸君!』2008年10月号)評/松原隆一郎
・ 宇野常寛『ゼロ年代の想像力』(早川書房、2008年)(『読売新聞』(2008年10月5日)評/御厨貴
・ 岡本真希子『植民地官僚の政治史 朝鮮・台湾総督府と帝国日本』(三元社、2008年)(『史学雑誌』第117編第10号(2008年10月)127-29頁)評/前田亮介
・ 奥田聡編『経済危機後の韓国 成熟期に向けての社会・経済的課題』(日本貿易振興機構アジア経済研究所、2007年)(『アジア研究』第54巻第4号(2008年10月)141-45頁)評/高安雄一
・ 片山杜秀『近代日本の右翼思想』(講談社、2007年)(『日本史研究』第554号(2008年10月)63-70頁)評/昆野伸幸
・ 木場明志、程舒偉編『植民地期満洲の宗教 日中両国の視点から語る』(柏書房、2007年)(『史学雑誌』第117編第10号(2008年10月)132-33頁)評/小武海桜子
・ ロバート・クーパー著、北沢格訳『国家の崩壊 新リベラル帝国主義と世界秩序』(日本経済新聞出版社、2008年)(『読売新聞』2008年10月19日)評/岩間陽子
・ ロバート・クーパー著、北沢格訳『国家の崩壊 新リベラル帝国主義と世界秩序』(日本経済新聞出版社、2008年)(『外交フォーラム』第243号(2008年10月)74-75頁)評/細谷雄一
・ グレッグ・グランディン著、松下冽監訳、山根健至、小林操史、水野賢二訳『アメリカ帝国のワークショップ 米国のラテンアメリカ・中東政策と新自由主義の深層』(明石書店、2008年)(『アジア・アフリカ研究』第390号(2008年10月)65-66頁)評/吉川久治
・ 栗田尚弥『地域と占領 首都とその周辺』(日本経済評論社、2007年)(『歴史学研究』第845号(2008年10月)60頁)評/大岡聡
・ チェ・ゲバラ著、甲斐美都里訳『新訳 ゲリラ戦争 キューバ革命軍の戦略・戦術』(中公文庫、2008年)(『読売新聞』2008年10月5日)評/岩間陽子
・ 小高泰『ベトナム人民軍隊 知らざれる素顔と軌跡』(暁印書館、2006年)(『アジア研究』第54巻第4号(2008年10月)146-50頁)評/遠藤聡
・ 小堀眞裕『サッチャリズムとブレア政治』(勁草書房、2005年)(『日本選挙学会年報 選挙研究』第24巻第1号(2008年10月)115-16頁)評/富崎隆
・ 近藤潤三『移民国としてのドイツ 社会統合と平行社会のゆくえ』(木鐸社、2007年)(『レヴァイアサン』第43号(2008年10月)157-60頁)評/平島健司
・ 佐高信『福沢諭吉伝説』(角川学芸出版、2008年)(『産経新聞』2008年10月19日)
・ 佐藤卓巳『輿論と世論 日本的民意の系譜学』(新潮選書、2008年)(『毎日新聞』2008年10月19日)評/村上陽一郎
・ 佐野眞一『沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史』(集英社インターナショナル、2008年)(『毎日新聞』2008年10月19日)評/池澤夏樹
・ 庄司克宏『欧州連合 統治の論理と行方』(岩波新書、2007年)(『外交フォーラム』第243号(2008年10月)76-77頁)評/細谷雄一
・ 季武嘉也『選挙違反の歴史 ウラからみた日本の100年』(吉川弘文館、2007年)(『日本選挙学会年報 選挙研究』第24巻第1号(2008年10月)113-14頁)評/奥健太郎
・ 鈴木康子『長崎奉行の研究』(思文閣出版、2007年)(『日本史研究』第554号(2008年10月)59-63頁)評/松尾晋一
・ 関静雄『ロンドン海軍条約成立史 昭和動乱の序曲』(ミネルヴァ書房、2007年)(『日本歴史』第725号(2008年10月)120-22頁)評/小池聖一
・ 曽根泰教、大山耕輔編『日本の民主主義 変わる政治・変わる政治学』(慶應義塾大学出版会、2008年)(『日本選挙学会年報 選挙研究』第24巻第1号(2008年10月)108-109頁)評/飯田健
・ 田中隆一『満洲国と日本の帝国支配』(有志舎、2007年)(『歴史評論』第702号(2008年10月)100-104頁)評/岡部牧夫
・ 谷口尚子『現代日本の投票行動』(慶應義塾大学出版会、2005年)(『レヴァイアサン』第43号(2008年10月)143-46頁)評/福元健太郎
・ 玉井清編『戦時日本の国民意識 国策グラフ誌「写真週報」とその時代』(慶應義塾大学出版会、2008年)(『日本選挙学会年報 選挙研究』第24巻第1号(2008年10月)110-12頁)評/坂本健蔵
・ 鳥居高編『マハティール政権下のマレーシア 「イスラーム先進国」をめざした22年』(アジア経済研究所、2006年)(『アジア研究』第54巻第4号(2008年10月)136-40頁)評/伊賀司
・ 千葉功『旧外交の形成 日本外交 一九〇〇~一九一九』(勁草書房、2008年)(『毎日新聞』2008年10月12日)
・ 中村宗悦『後藤文夫 人格の統制から国家社会の統制へ』(日本経済評論社、2008年)(『史学雑誌』第117編第10号(2008年10月)130-31頁)評/佐藤健太郎
・ 西牟田靖『誰も国境を知らない 揺れ動いた「日本のかたち」をたどる旅』(情報センター出版局、2008年)(『日本経済新聞』2008年10月19日)評/武田徹
・ 野中尚人『自民党政治の終わり』(ちくま新書、2008年)(『日本経済新聞』2008年10月5日)
・ 野村浩一『近代中国の政治文化 民権・立憲・皇権』(岩波書店、2007年)(『中国研究月報』第728号(2008年10月)36-39頁)評/砂山幸雄
・ 長谷部精一『森有礼における国民的主体の創出』(思文閣出版、2007年)(『日本歴史』第725号(2008年10月)115-18頁)評/犬塚孝明
・ 平野浩『変容する日本の社会と投票行動』(木鐸社、2007年)(『レヴァイアサン』第43号(2008年10月)152-56頁)評/名取良太
・ エリック・フォーナー著、横山良他訳『アメリカ自由の物語 上・下』(岩波書店、2008年)(『朝日新聞』2008年10月12日)評/久保文明
・ マルク・ブロック著、平野千果子訳『奇妙な敗北 1940年の証言』(岩波書店、2007年)(『歴史学研究』第845号(2008年10月)63頁)評/小沢弘明
・ サミュエル・ポプキン、蒲島郁夫、谷口将紀編『政治空間の変容と政策革新 5 メディアが変える政治』(東京大学出版会、2008年)(『日本選挙学会年報 選挙研究』第24巻第1号(2008年10月)121-23頁)評/境家史郎
・ 真柄秀子、井戸正伸編『拒否権プレイヤーと政策転換』(早稲田大学出版部、2007年)(『日本選挙学会年報 選挙研究』第24巻第1号(2008年10月)119-20頁)評/松本俊太
・ 松浦章『江戸時代唐船による日中文化交流』(思文閣出版、2007年)(『日本歴史』第725号(2008年10月)111-13頁)評/渡辺美季
・ 的場節子『ジパングと日本 日欧の遭遇』(吉川弘文館、2007年)(『日本歴史』第725号(2008年10月)109-111頁)評/西澤美穂子
・ 水崎節文、森裕城『総選挙の得票分析:1958-2005』(木鐸社、2007年)(『レヴァイアサン』第43号(2008年10月)129-32頁)評/飯田健
・ 水崎節文、森裕城『総選挙の得票分析 1958-2005』(木鐸社、2007年)(『日本選挙学会年報 選挙研究』第24巻第1号(2008年10月)124-25頁)評/和田淳一郎
・ 宮城大蔵『「海洋国家」日本の戦後史』(ちくま新書、2008年)(『外交フォーラム』第243号(2008年10月)76頁)評/細谷雄一
・ シャンタル・ムフ著、酒井隆史監訳『政治的なものについて 闘技的民主主義と多元主義的グローバル秩序の構築』(明石書店、2008年)(『読売新聞』2008年10月12日)評/小倉紀蔵
・ 明治大学史資料センター編『尾佐竹猛研究』(日本経済評論社、2007年)(『日本歴史』第725号(2008年10月)118-20頁)評/堀口修
・ 元田結花『知的実践としての開発援助 アジェンダの興亡を超えて』(東京大学出版会、2007年)(『レヴァイアサン』第43号(2008年10月)133-36頁)評/加藤浩三
・ 桃木至朗『海域アジア史研究入門』(岩波書店、2008年)(『史学雑誌』第117編第10号(2008年10月)133-34頁)評/豊岡康史
・ Jonathan R. Adelman, ed., Hitler and His Allies in World War II (New York: Routledge, 2007) (The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1315-16) 評/Richard L. DiNardo
・ Kenneth Allard, Warheads: Cable News and the Fog of War (Annapolis, MD: Naval Institute Press, 2006) (Terrorism and Political Violence, Vol. 20, Issue 4 (October, 2008) 624-25) 評/Alisa Stack-O’Connor
・ Stephen A. Bourque, Post-Cold War (Westport, CT: Greenwood Press, 2008) (The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1336) 評/Frank N. Schubert
・ Jurgen Brauer and Hubert van Tuyll, Castles, Battles, and Bombs: How Economics Explains Military History (Chicago: University of Chicago Press, 2008) (The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1271-72) 評/Jon Sumida
・ Thomas W. Burkman, Japan and the League of Nations: Empire and World Order, 1914-1938 (Honolulu: University of Hawaii Press, 2007) (『史学雑誌』第117編第10号(2008年10月)129-30頁)評/安田佳代
・ The Centre of Excellence Defense Against Terrorism. ed., The Media: The Terrorists’ Battlefield (Amsterdam: IOS Press, 2007) (Terrorism and Political Violence, Vol. 20, Issue 4 (October, 2008) 621-23) 評/Alisa Stack-O’Connor
・ Jared Cohen, One Hundred Days of Silence: America and the Rwanda Genocide (Lanham, MD: Rowman & Littlefield, 2007) (Terrorism and Political Violence, Vol. 20, Issue 4 (October, 2008) 618-21) 評/Noam Schimmel
・ John Davis, ed., Africa and the War on Terrorism (Hampshire, U.K. and Burlington, VT: Ashgate Publishing, Ltd., 2007) (Terrorism and Political Violence, Vol. 20, Issue 4 (October, 2008) 616-18) 評/Daniel Turack
・ Kees van Dijk, The Netherlands Indies and the Great War, 1914-1918 (Leiden: KITLV Press, 2007) (The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1308-09) 評/Wim Klinkert
・ Marvin B. Durning, World Turned Upside Down: U.S. Naval Intelligence and the Early Cold War Struggle for Germany (Washington, D.C.: Potomac Books, 2007) (The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1329-30) 評/James Marchio
・ Douglas Ford, Britain’s Secret War Against Japan, 1937-1945 (New York: Routledge, 2006) (The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1313-14) 評/Raymond Callahan
・ Nancy Gentile Ford, The Great War and America: Civil-Military Relations During World War I (Westport, CT: Praeger Security International, 2008) (The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1307) 評/Daniel R. Beaver
・ John D. Grainger, The First Pacific War: Britain and Russia, 1854-1856 (Rochester, NY: Boydell Press, 2008) (The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1298-99) 評/A. Hamish Ion
・ Colin S. Gray, Strategy and History: Essays on Theory and Practice (New York and London: Routledge, 2006) (Intelligence and National Security, Vol. 23, Issue 5 (October, 2008) 735-38) 評/David James Gill
・ Gordon Hahn, Russia’s Islamic Threat (New Haven: Yale University Press, 2007) (Terrorism and Political Violence, Vol. 20, Issue 4 (October, 2008) 627-31) 評/Anar M. Valliyev
・ Mary Ann Heiss and S. Victor Papacosma, eds., NATO and the Warsaw Pact: Intrabloc Conflicts (Kent, OH: Kent State University Press, 2008) (The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1330-31) 評/Ingo Trauschweizer
・ David C. Humphrey, ed., Foreign Relations of the United States, 1969–1976, Vol. II, Organization and Management of U.S. Foreign Policy, 1969–1972 (Washington, DC: Government Printing Office, 2006) (Intelligence and National Security, Vol. 23, Issue 5 (October, 2008) 738-40) 評/Robert Hanyok
・ Michael Isikoff and David Corn, Hubris: The Inside Story of Spin, Scandal, and the Selling of the Iraq War (New York: Crown Publishers, 2006) (Intelligence and National Security, Vol. 23, Issue 5 (October, 2008) 743-46) 評/Stephen R. Weissman
・ Gilles Kepel, The War for Muslim Minds: Islam and the West (Cambridge, MA: Harvard University Press, 2004) (Terrorism and Political Violence, Vol. 20, Issue 4 (October, 2008) 627-31) 評/Anar M. Valliyev
・ Brynjar Lia, Architect of Global Jihad: The Life of Al-Qaida Strategist Abu Mus’ab al-Suri (New York: Columbia University Press, 2008) (The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1338) 評/Lester W. Grau
・ John B. Lundstrom, Black Shoe Carrier Admiral: Frank Jack Fletcher at Coral Sea, Midway, and Guadalcanal (Annapolis: Naval Institute Press, 2006) (The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1318-19) 評/William M. McBride
・ Brigitte L. Nacos, Mass-Mediated Terrorism, Second Edition (Lanham, MD: Rowman & Littlefield, 2007) (Terrorism and Political Violence, Vol. 20, Issue 4 (October, 2008) 621-23) 評/Alisa Stack-O’Connor
・ Eunan O’Halpin, Robert Armstrong, and Jane Ohlmeyer, eds., Intelligence, Statecraft and International Power: Irish Conferences of Historians (Dublin: Irish Academic Press, 2006) (The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1273-74) 評/Benjamin Grob-Fitzgibbon
・ Stanley G. Payne, Franco and Hitler: Spain, Germany, and World War II (New Haven: Yale University Press, 2008) (The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1320-22) 評/Paul Preston
・ Michael D. Pearlman, Truman and MacArthur: Policy, Politics, and the Hunger for Honor and Renown (Bloomington: Indiana University Press, 2008) (The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1327-28) 評/Thomas W. Zeiler
・ James Risen, State of War: The Secret History of the CIA and the Bush Administration (New York: Free Press, 2006) (Intelligence and National Security, Vol. 23, Issue 5 (October, 2008) 746-47) 評/John Prados
・ John Russell, Chechnya-Russia’s “War on Terror” (Abingdon, UK: Routledge, 2007) (Terrorism and Political Violence, Vol. 20, Issue 4 (October, 2008) 627-31) 評/Anar M. Valliyev
・ Yunas Samad and Kasturai Sen, Islam in the European Union: Transnationalism, Youth and the War of Terror (Oxford: Oxford University Press, 2007) (Terrorism and Political Violence, Vol. 20, Issue 4 (October, 2008) 627-31) 評/Anar M. Valliyev
・ Kua Kia Soong, May 13: Declassified Documents on the Malaysian Riots of 1969 (Kuala Lumpur: Suaram Komunikasi, 2007)(『アジア研究』第54巻第4号(2008年10月)131-35)評/金子芳樹
・ Scott Straus, The Order of Genocide: Race, Power, and War in Rwanda (Ithaca: Cornell University Press, 2006) (Terrorism and Political Violence, Vol. 20, Issue 4 (October, 2008) 612-16) 評/Noam Schimmel
・ Robert W. Tucker, Woodrow Wilson and the Great War: Reconsidering America’s Neutrality, 1914-1917 (Charlottesville, VA: University of Virginia Press, 2007) (The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1307-08) 評/Ross Kennedy
・ Gabriel Weimann, Terror on the Internet: The New Arena, The New Challenges (Washington, D.C.: United States Institute of Peace Press, 2006) (Terrorism and Political Violence, Vol. 20, Issue 4 (October, 2008) 625-27) 評/John Horgan
・ James E. Westheider, The Vietnam War (Westport, CT: Greenwood Press, 2007) (The Journal of Military History, Vol. 72, No. 4 (October, 2008) 1331-32) 評/Thomas Allison
・ Lawrence Wright, The Looming Tower: Al-Qaeda and the Road to 9/11 (New York: Alfred A. Knopf, 2006) (Intelligence and National Security, Vol. 23, Issue 5 (October, 2008) 741-43) 評/Neil Reedy


政治外交検証プロジェクトTOPページへ戻る