タイプ
その他
プロジェクト
日付
2014/12/20

2014年10月新刊図書リスト

〈国際関係、国際政治、国際法、国際経済、国際安全保障〉

【国際政治、国際関係】
  • ロバートD.カプラン著、奥山真司訳『南シナ海 中国海洋覇権の野望』(講談社、2014年10月) 
  • ジョセフS.ナイ著、藤井清美訳『大統領のリーダーシップ―どの指導者がアメリカの絶対優位をつくったか?』(東洋経済新報社、2014年10月) 
  • 中西輝政『アメリカ外交の魂 帝国の理念と本能』(文春学藝ライブラリー、2014年10月)
  • 宇佐美誠編『グローバルな正義』(勁草書房、2014年10月)
  • 浅川公紀『国際政治の構造と展開』(武蔵野大学アソシエート、2014年10月)
  • 家正治岩本誠吾桐山孝信戸田五郎西村智朗福島祟宏『国際関係 (全訂版)』(世界思想社、2014年10月)
  • 塩原俊彦『ウクライナゲート―「ネオコン」の情報操作と野望』(社会評論社、2014年10月)
 
【国際関係史、広域な地域を対象とする外交史】
  • 岡本隆司編『宗主権の世界史―東西アジアの近代と翻訳概念』(名古屋大学出版会、2014年10月) 
  • 鵜飼政志『明治維新の国際舞台』(有志舎、2014年10月) 
  • 矢田部厚彦『敗北の外交官ロッシュ―イスラーム世界と幕末江戸をめぐる夢』(白水社、2014年10月)
  • ディビッドウルフ著、半谷史郎訳『ハルビン駅へ 日露中交錯するロシア満洲の近代史』(講談社、2014年10月) 
 
【国際法】
  • 大森正仁編『よくわかる国際法 (第2版)』(ミネルヴァ書房、2014年10月)
  • 庄司克宏『新EU法 政策篇』(岩波書店、2014年10月)
 
【安全保障軍事、平和学】
  • 遠藤誠治遠藤乾責任編集『シリーズ日本の安全保障 第1巻 安全保障とは何か』(岩波書店、2014年10月) 
  • ジェレミースケイヒル著、横山啓明訳『アメリカの卑劣な戦争―無人機と特殊作戦部隊の暗躍』上下(柏書房、2014年10月)
  • 秋元大輔『ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論』(小学館新書、2014年10月)
  • 平和への権利国際キャンペーン日本実行委員会編『いまこそ知りたい平和への権利 48のQ&A―戦争のない世界人間の安全保障を実現するために』(合同出版、2014年10月)
 
【国際経済】
  • 石坂勝美『入門 国際公共政策―グローバル社会の貿易貧困環境紛争』(創成社、2014年10月)
 

〈政治学、経済学など広く社会科学に関するもの〉

【社会科学】
  • レンドイヨル、イアンゴフ著、馬嶋裕山森亮監訳、遠藤環神島裕子訳『必要の理論』(勁草書房、2014年10月)
 
【政治学行政学】
  • ロバートA.ダール著、高畠通敏前田脩訳『ポリアーキー』(岩波文庫、2014年10月)
  • ロバートA.ダール著、杉田敦訳『〔アメリカ憲法は民主的か』(岩波書店〔岩波人文書セレクション〕、2014年10月)
  • 井上彰田村哲樹編『政治理論とは何か』(風行社、2014年10月)
 
【比較政治】
  • 猪口孝日本語版監修、猪口孝、ジャンブロンデル編『民主主義と政党―ヨーロッパとアジアの42政党の実証的分析』(原書房、2014年10月)
 
【憲法法学】
  • 岩谷十郎片山直也北居功編『法典とは何か』(慶應義塾大学出版会、2014年10月)
  • 高橋和之編『日中における西欧立憲主義の継受と変容』(岩波書店、2014年10月)
  • 井上達夫『普遍の再生』(岩波書店〔岩波人文書セレクション〕、2014年10月)
  • 池田真朗犬伏由子野川忍大塚英明長谷部由起子『法の世界へ (第6版)』(有斐閣アルマ、2014年10月)
  • 市川正人『基本講義 憲法』(新世社、2014年10月)
  • 後藤光男『法学憲法への招待』(敬文堂、2014年10月)
  • 豊原晋介『原子力損害賠償法』(信山社、2014年10月)
 
【経済学、経営学、財政学】
  • 八代尚宏『反グローバリズムの克服―世界の経済政策に学ぶ―』(新潮選書、2014年10月) 
  • デヴィッドスタックラー,デヴィッド、サンジェイバス著、橘明美臼井美子訳『経済政策で人は死ぬか?―公衆衛生学から見た不況対策』(草思社、2014年10月) 
  • ジェームズKガルブレイス著、塚原康博鈴木賢志馬場正弘鑓田亨訳『格差と不安定のグローバル経済学―ガルブレイスの現代資本主義論』(明石書店、2014年10月)
  • アンガスディートン著、松本裕訳『大脱出―健康、お金、格差の起原』(みすず書房、2014年10月)
  • ロバートJシラー著、黒坂佳央監訳『バブルの正しい防ぎかた―金融民主主義のすすめ』(日本評論社、2014年10月)
  • 石山嘉英野崎浩成『グローバル金融システムの苦悩と挑戦―新規制は危機を抑止できるか』(金融財政事情研究会、2014年10月)
  • フェリックスマーティン著、遠藤真美訳『21世紀の貨幣論』(東洋経済新報社、2014年10月)
  • フランコアマトーリ、アンドレーアコリー著、西村成弘伊藤健市訳『ビジネスヒストリー グローバル企業誕生への道程』(ミネルヴァ書房、2014年10月)
  • 日本経済新聞社編『経済学41の巨人―古典から現代まで―』(日本経済新聞出版社、2014年10月)
  • 佐々木浩二『マクロ経済入門―ケインズの経済学 (第2版)』(創成社、2014年10月)
  • ウィリアムカールウィリアム著、セバスチャンバーガー、ロルフステパッチャー編、大森正之訳『制度派経済学の基礎』(出版研、2014年10月)
  • 小幡道昭『労働市場と景気循環―恐慌論批判』(東京大学出版会、2014年10月)
  • 的場昭弘『マルクスとともに資本主義の終わりを考える』(亜紀書房、2014年10月)
  • 森田成也『家事労働とマルクス剰余価値論』(桜井書店、2014年10月)
  • 山本隆編『社会的企業論―もうひとつの経済』(法律文化社、2014年10月)
  • 佐藤泰裕『都市地域経済学への招待状』(有斐閣ストゥディア、2014年10月)
  • 佐藤滋古市将人編『シリーズ現代経済の展望 租税抵抗の財政学』(岩波書店、2014年10月)
 
【環境学】
  • 川名英之『世界の環境問題 第10巻 日本』(緑風出版、2014年10月)
  • 沼田大輔『デポジット制度の環境経済学―循環型社会の実現に向けて』(勁草書房、2014年10月)
 
【社会学】
  • 吉見俊哉編『文化社会学の条件―二〇世紀日本における知識人と大衆』(日本図書センター、2014年10月)
  • 若林幹夫『未来の社会学』(河出ブックス、2014年10月)
  • 西條辰義監修、山岸俊男編『文化を実験する―社会行動の文化制度的基盤』(勁草書房、2014年10月)
  • ニコラスローズ著、檜垣立哉監訳、小倉拓也佐古仁志山崎吾郎訳『生そのものの政治学―二十一世紀の生物医学、権力、主体性』(法政大学出版局、2014年10月)
  • ジェームズスロウィッキー著、小高尚子訳『群衆の智慧』(角川EPUB選書、2014年10月)
  • 園部雅久『再魔術化する都市の社会学―空間概念公共性消費主義』(ミネルヴァ書房、2014年10月)
  • 松村和則石岡丈昇村田周祐編『「開発とスポーツ」の社会学―開発主義を超えて』(南窓社、2014年10月)
  • 今田忠著、岡本仁宏補訂『概説市民社会論』(関西学院大学出版会、2014年10月)
  • 遠藤薫編『間メディア社会の“ジャーナリズム”―ソーシャルメディアは公共性を変えるか』(東京電機大学出版局、2014年10月)
  • 千川剛史『デジタルネットワーキングの展開』(晃洋書房、2014年10月)
  • ウィリアムベヴァリッジ著、一圓光彌監訳、森田慎二郎百瀬優岩永理恵田畑雄紀吉田しおり訳『ベヴァリッジ報告―社会保険および関連サービス』(法律分化社、2014年10月)
 
【人類学】
  • 真島一郎川村伸秀編『山口昌男 人類学的思考の沃野』(東京外語大学出版会、2014年10月)
 
【国際比較】
  • 経済協力開発機構(OECD)編、小島克久金子能宏訳『格差拡大の真実―二極化の要因を解き明かす』(明石書店、2014年10月)
  • 経済協力開発機構(OECD)編、徳永優子稲田智子定延由紀矢倉美登里訳『図表でみる教育 OECDインディケータ(2014年版) 』(明石書店、2014年10月)
  • 文部科学省編『教育調査 諸外国の教育動向〈2013年度版〉』(明石書店、2014年10月)
 

〈思想哲学、社会、文化、グローバリゼーション〉

【思想哲学】
  • 橋本努編『現代の経済思想』(勁草書房、2014年10月)
  • ロナルドドゥオーキン著、森村進訳『神なき宗教 「自由」と「平等」をいかに守るか』(筑摩書房、2014年10月)
  • ジョセフヒース著、栗原百代訳『啓蒙思想2.0 政治経済生活を正気に戻すために』(NTT出版、2014年10月)
  • ユルゲンハーバーマス著、庄司信日暮雅夫池田成一福山隆夫訳『自然主義と宗教の間―哲学論集』(法政大学出版局、2014年10月)
  • ロザリンドハーストハウス著、土橋茂樹訳『徳倫理学について』(知泉書館、2014年10月)
  • ピエール=ジョゼフプルードン著、斉藤悦則訳『貧困の哲学』上(平凡社ライブラリー、2014年10月)
  • 柘植尚則『プレップ経済倫理学』(弘文堂、2014年10月)
  • バートランドラッセル著、高村夏輝訳『現代哲学』(ちくま学芸文庫、2014年10月)
  • 牧野英二『カントを読む―ポストモダニズム以降の批判哲学』(岩波書店〔岩波人文書セレクション〕、2014年10月)
  • マイケルウォルツァー著、大川正彦川本隆史訳『解釈としての社会批判』(ちくま学芸文庫、2014年10月)
  • ハンスヨーナス著、細見和之吉本陵訳『生命の哲学―有機体と自由 (新装版)』(法政大学出版局、2014年10月)
  • 高田珠樹『ハイデガー 存在の歴史』(講談社学術文庫、2014年10月)
  • 高橋昌一郎『ノイマンゲーデルチューリング』(筑摩選書、2014年10月)
  • チャールズサンダースパース、ウィリアムジェイムズ、ジョンデューイ著、植木豊編訳『プラグマティズム古典集成―パース、ジェイムズ、デューイ』(作品社、2014年10月)
  • 古松丈周『フランクフルト学派と反ユダヤ主義』(ナカニシヤ出版、2014年10月)
  • 細見和之『フランクフルト学派―ホルクハイマー、アドルノから21世紀の「批判理論」へ』(中公新書、2014年10月)
  • 宮野安治『政治教育と民主主義―リット政治教育思想の研究』(知泉書館、2014年10月)
  • 安井俊一『J.S.ミルの社会主義論 体制論の倫理と科学』(御茶の水書房、2014年10月)
  • ジャン=リュックナンシー著、メランベルジェ眞紀訳『アドラシオン―キリスト教的西洋の脱構築』(新評論、2014年10月)
  • 鈴木祐丞『キェルケゴールの信仰と哲学―生と思想の全体像を問う』(ミネルヴァ書房、2014年10月)
  • ディヴィッドヒューム著、福鎌忠恕斎藤繁雄訳『叢書ウニベルシタス 自然宗教に関する対話―ヒューム宗教論集2 (新装版)』(法政大学出版局、2014年10月)
  • 塩川徹也『パスカル『パンセ』を読む』(岩波書店〔岩波人文書セレクション〕、2014年10月)
  • 先崎彰容浜崎洋介『叢書新文明学 アフターモダニティ―近代日本の思想と批評』(北樹出版、2014年10月)
  • 中澤新一編『吉本隆明の経済学』(ちくま選書、2014年10月)
  • 山本伸裕『清沢満之と日本近現代思想―自力の呪縛から他力思想へ』(明石書店、2014年10月)
 
【文明】
  • アルゴア著、枝廣淳子監訳、中小路佳代子訳『アルゴア 未来を語る 世界を動かす6つの要因』(KADOKAWA、2014年10月)
  • 佐伯啓思『「アメリカニズム」の終焉』(中公文庫、2014年10月) 

【比較文化、比較文学】
  • 和田博文、徐静波、西村将洋、宮内淳子、和田桂子『共同研究 上海の日本人社会とメディア 1870-1945』(岩波書店、2014年10月)
  • 張競『詩文往還 戦後作家の中国体験』(日本経済新聞出版社、2014年10月)
  • 太田丈太郎『「ロシアモダニズム」を生きる 日本とロシア、コトバとヒトのネットワーク』(成文社、2014年10月)
 
【宗教】
  • フリードリッヒマックスミュラー著、松村一男下田正弘監修、山田仁史久保田浩日野慧運訳『比較宗教学の誕生―宗教神話仏教』(国書刊行会、2014年10月)
  • 島薗進『宗教いのち国家―島薗進対談集』(平凡社、2014年10月)
  • 近藤剛『キリスト教思想断想 (増補版)』(ナカニシヤ出版、2014年10月)
  • ポールバレリー著、南条俊二訳『教皇フランシスコの挑戦 - 闇から光へ』(春秋社、2014年10月)
  • ジョルジョアガンベン著、上村忠男太田綾子訳『いと高き貧しさ―修道院規則と生の形式』(みすず書房、2014年10月)
  • トーマスカスーリス著、衣笠正晃訳、守屋友江監訳『神道』(ちくま学芸文庫、2014年10月)
  • 近藤剛編『神戸国際大学経済文化研究所叢書 現代の死と葬りを考える―学際的アプローチ』(ミネルヴァ書房、2014年10月)

〈グローバルヒストリー、世界史全般〉

【第二次世界大戦】
  • イアンカーショー著、河内 隆弥訳『運命の選択 1940‐41―世界を変えた10の決断』上下(白水社、2014年10月) 
  • 林博史『裁かれた戦争犯罪―イギリスの対日戦犯裁判―』(岩波書店〔岩波人文書セレクション〕、2014年10月)
  • ピータードイル著、竹村厚士監訳『ビジュアル版 データで見る第二次世界大戦―軍事力経済力兵器戦闘犠牲者』(柊風舎、2014年10月)
 
【対外交渉史】
  • 村井章介『日本歴史私の最新講義 12 境界史の構想』(敬文舎、2014年10月)
 
【世界史全般】
  • 下田淳『「棲み分け」の世界史―欧米はなぜ覇権を握ったのか』(NHKブックス、2014年10月) 
  • 歴史学研究会編『史料から考える 世界史二〇講』(岩波書店、2014年10月)
  • 海野弘『世界陰謀全史』(朝日新聞出版、2014年10月)
  • ジェーングリーソンホワイト著、川添節子訳『バランスシートで読みとく世界経済史―ヴェニスの商人はいかにして資本主義を発明したのか?』(日経BP社、2014年10月)
  • 周藤芳幸『ナイル世界のヘレニズム―エジプトとギリシアの遭遇』(名古屋大学出版会、2014年10月)
 
【帝国、植民地、移民】
  • ブランドンパーマー著、塩谷紘訳『検証 日本統治下朝鮮の戦時動員 1937‐1945』(草思社、2014年10月)
  • 田村紀雄『日本人移民はこうして「カナダ人」になった―『日刊民衆』を武器とした日本人ネットワーク』(芙蓉書房出版、2014年10月)
  • 後藤和雄『秋田県満蒙開拓青少年義勇軍外史』(無明舎出版、2014年10月)
 
【国家】
  • グレンハバード、ティムケイン著、久保恵美子訳『なぜ大国は衰退するのか 古代ローマから現代まで』(日本経済新聞出版社、2014年10月) 
  • 碓井敏正大西広編『成長国家から成熟社会へ―福祉国家論を超えて』(花伝社、2014年10月)
 

〈その他〉

【歴史】
  • 槇原茂編『個人の語りがひらく歴史―ナラティヴ/エゴドキュメント/シティズンシップ』(ミネルヴァ書房、2014年10月)
  • 山内昌之『歴史とは何か―世界を俯瞰する力』(PHP文庫、2014年10月)
 
【古典】
  • 松田隆美徳永聡子編『世界を読み解く一冊の本』(慶應義塾大学出版会、2014年10月)
 
【時事】
  • 木村正人『見えない世界戦争―「サイバー戦」最新報告』(新潮新書、2014年10月)
  • 馬渕睦夫『世界を操る支配者の正体』(講談社、2014年10月)
  • 真壁昭夫平山賢一『未知のリスクにさらされる世界の経済―米国の量的緩和縮小後を読む』(日本経済新聞社、2014年10月)
  • 浜矩子『円ドル同時終焉の跫音―日米無理心中物語』(ビジネス社、2014年10月)
  • 池上彰増田ユリヤ『世界史で読み解く現代ニュース』(ポプラ新書、2014年10月)
  • 加藤青延『NHK特派員は見た中国仰天ボツネタ&マル秘ネタ』(日本僑報道社、2014年10月)
 

〈日本:外交、政治、経済、社会〉

【日本の外交政治外交安全保障、外交史政治外交史、外交思想】
  • ジョンダワー著、大窪愿二訳『吉田茂とその時代(改版)』上下(中公文庫、2014年10月) 
  • 岸信介矢次一夫伊藤隆『岸信介の回想』(文春学藝ライブラリー、2014年10月) 
  • 秦郁彦『旧日本陸海軍の生態学 組織戦闘事件』(中公選書、2014年10月)
  • 小山俊樹編『近代機密費史料集成 1 外交機密費編 第1~5巻』(ゆまに書房、2014年10月)
  • 伊勢崎賢治『日本人は人を殺しに行くのか―戦場からの集団的自衛権入門』(朝日新書、2014年10月)
  • 柳澤協二『自分で考える集団的自衛権―若者と国家』(青灯社、2014年10月)
  • 小林節山中光茂『たかが一内閣の閣議決定ごときで―亡国の解釈改憲と集団的自衛権』(皓星社、2014年10月)
  • 右崎正博清水雅彦豊崎七絵村井敏邦渡辺治編『秘密保護法から「戦争する国」へ―秘密保護法を廃止し、集団的自衛権行使を認めない闘いを』(旬報社、2014年10月)
  • 潮匡人『ウソが栄えりゃ、国が亡びる―間違いだらけの集団的自衛権報道』(ベストセラーズ、2014年10月)
  • 樋口恒晴『「平和」という病―一国平和主義集団的自衛権憲法解釈の嘘を暴く』(ビジネス社、2014年10月)
  • 半田滋『僕たちの国の自衛隊に21の質問』(講談社、2014年10月)
  • 小西誠『自衛隊この国営ブラック企業―隊内からの辞めたい死にたいという悲鳴』(社会批評社、2014年10月)
  • 林博史『暴力と差別としての米軍基地―沖縄と植民地 基地形成史の共通性』(かもがわ出版、2014年10月)
  • 沖縄「建白書」を実現し未来を拓く島ぐるみ会議編『辺野古って、なに?沖縄の心はひとつ―7月27日沖縄「建白書」を実現し未来を拓く島ぐるみ会議結成大会発言録』(七つ森書館、2014年10月)
  • 志位和夫『戦争か平和か―歴史の岐路と日本共産党』(新日本出版社、2014年10月)
  • 松竹伸幸『13歳からの領土問題』(かわがわ出版、2014年10月)
  • 兵藤二十八『日本人が知らない軍事学の常識』(草思社文庫、2014年10月)
  • 高橋洋一『バカな外交論―「的外れな主張」にダマされるな!』(あさ出版、2014年10月)
 
【日韓日中関係、日米関係など】
  • 北岡伸一歩平編『「日中歴史共同研究」報告書 第1巻 古代中近世史篇』(勉誠出版、2014年10月) 
  • 北岡伸一歩平編『「日中歴史共同研究」報告書 第2巻 近現代史篇』(勉誠出版、2014年10月) 
  • 木村幹『日韓歴史認識問題とは何か 歴史教科書「慰安婦」ポピュリズム』(ミネルヴァ書房、2014年10月) 
  • 東アジア共同体研究所編、鳩山友紀夫辺真一高野孟朴斗鎮『友愛ブックレット 韓国北朝鮮とどう向き合うか』(花伝社、2014年10月)
  • 金成?『戦後韓国と日本文化 「倭色」禁止から「韓流」まで』(岩波書店、2014年10月)
  • 金文子『日露戦争と大韓帝国―日露開戦の「定説」をくつがえす』(高文研、2014年10月)
  • 原朗『日清日露戦争をどう見るか―近代日本と朝鮮半島中国』(NHK出版新書、2014年10月) 
  • 東京大学史料編纂所編『描かれた倭寇 「倭寇図巻」と「抗倭図巻」』(吉川弘文館、2014年10月)
  • 産経新聞社『歴史戦―朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ』(産経セレクト、2014年10月)
  • 文藝春秋編『「従軍慰安婦」朝日新聞VS.文藝春秋』(文春新書、2014年10月)
  • 日本軍「慰安婦」問題webサイト制作委員会編、吉見義明西野瑠美子林 博史金富子責任編集『Fight for Justiceブックレット 「慰安婦」強制性奴隷―あなたの疑問に答えます』(御茶の水書房、2014年10月)
  • 金慶珠『嫌韓の論法』(ベスト新書、2014年10月)
  • 半藤一利保坂正康『日中韓を振り回すナショナリズムの正体』(東洋経済新報社、2014年10月)
  • 馬渕睦夫『「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国アメリカだった!』(ワック〔Wac bunko〕、2014年10月)
  • 大森和夫大森弘子編『日本に対する偏見が解けてゆく』(日本僑報社、2014年10月)
  • 日中経済発信力プロジェクト編『日中関係は本当に最悪なのか―政治対立下の経済発信力』(日本僑報社、2014年10月)
  • 宮越秀雄『言いがかり国家「中国」を黙らせる本』(彩図社、2014年10月)
 
【現代の日本政治行政、日本政治史】
  • 上川龍之進『日本銀行と政治―金融政策決定の軌跡』(中公新書、2014年10月)
  • 久保亨瀬畑源『国家と秘密―隠される公文書』(集英社新書、2014年10月) 
  • 蒲島郁夫『戦後政治の軌跡―自民党システムの形成と変容―』(岩波書店〔岩波人文書セレクション〕、2014年10月) 
  • 橋本晃和『「普天間」を終わらせるために―終わらない最大の元凶は本土の沖縄に対する「差別」的意識と無関心』(桜美林学園出版部、2014年10月)
  • カレルヴァンウォルフレン著、井上実訳『日本に巣喰う4つの“怪物”』(KADOKAWA、2014年10月)
  • 渡辺治岡田知弘後藤道夫二宮厚美『“大国”への執念―安倍政権と日本の危機』(大月書店、2014年10月)
  • 石村善治福岡県自治体問題研究所編『「あの時代」に戻さないために―安倍政権の暴走と日本国憲法』(自治体研究社、2014年10月)
  • 鈴木哲夫『ブレる日本政治―とてつもなく美しくない国へ』(ベスト新書、2014年10月)
  • 立憲デモクラシーの会編『私たちは政治の暴走を許すのか』(岩波ブックレット、2014年10月)
  • 雨宮処凛佐高信照屋寛徳早野透三上智恵村山富市『日本の今を問う―沖縄歴史憲法』(七つ森書館、2014年10月)
  • 大下英治『内閣官房長官秘録』(イースト新書、2014年10月)
  • 海江田万里編『民主党政策ハンドブック〈2014秋〉』(勉誠出版、2014年10月)
  • 室伏謙一『仮面の改革派渡辺喜美』(講談社、2014年10月)
  • 山井和則『政治はどこまで社会保障を変えられるか 政権交代でわかった政策決定の舞台裏』(ミネルヴァ書房、2014年10月)
  • 下地幹郎『サトウキビ畑から来た大臣―郵政と沖縄をめぐる連立政権の三年三ヵ月』(日本評論社サービスセンター、2014年10月)
  • 和田政宗『戦後レジームを解き放て!―日本精神を取り戻す!』(青林堂、2014年10月)
  • アンソニービアンキ『前例より、前進!―青い目の市会議員“奪戦記”』(風媒社、2014年10月)
  • 鈴木直道『夕張再生市長―課題先進地で見た「人口減少ニッポン」を生き抜くヒント』(講談社、2014年10月)
  • 寺町みどり寺町知正著、上野千鶴子プロデュース『最新版 市民派議員になるための本―あなたが動けば社会が変わる (最新版)』(WAVE出版、2014年10月)
  • 小西敦『地方自治法改正史』(信山社出版、2014年10月)
  • 本多滝夫榊原秀訓編『どこに向かう地方分権改革―地方分権改革の総括と地方自治の課題』(自治体研究社、2014年10月)
  • 田代洋一『戦後レジームからの脱却農政』(筑波書房、2014年10月)
 
【現代の日本経済財政、日本経済史】
  • 神野直彦小西砂千夫『日本の地方財政』(有斐閣、2014年10月)
  • 日本経済新聞社編『これからの日本の論点―日経大予測〈2015〉』(日本経済新聞社、2014年10月)
  • 榊原英資『どうなる?2015年 日本経済「成長」の正体―「経済ニュース」の通説に流されるな(KADOKAWA、2014年10月)
  • 橋爪大三郎小林慶一郎『ジャパンクライシス ハイパーインフレがこの国を滅ぼす』(筑摩書房、2014年10月)
  • 杉浦裕晃『日本経済を知る』(八千代出版、2014年10月)
  • 浅野祐一木村駿『2025年の巨大市場―インフラ老朽化が全産業のチャンスに変わる』(日経BP社、2014年10月)
  • 前田裕子『ビジネスインフラの明治 白石直治と土木の世界』(名古屋大学出版会、2014年10月)
  • 三橋貴明『原発再稼働で日本は大復活する!』(KADOKAWA、2014年10月)
  • 青柳榮『原発再稼働の壁』(エネルギーフォーラム新書、2014年10月)
  • 浜松照秀『電力という商品』(エネルギーフォーラム新書、2014年10月)
  • 永野芳宣『過信―踊る電流列島の危機“最後の作戦開始”』(財界研究所、2014年10月)
  • 立石泰則『松下幸之助の憂鬱』(文春新書、2014年10月)
  • 杉山雅洋苦瀬博仁国久荘太郎毛利雄一編『先端産業を創りつづける知恵と技―オリバーケットシティ 江戸から引き継ぐ東京』(成文堂、2014年10月)
  • 丹辺宣彦岡村徹也山口博史編『豊田とトヨタ―産業グローバル化先進地域の現在』(東信堂、2014年10月)
  • 大下英治『昭和、平成 震撼「経済事件」闇の支配者』(青志社、2014年10月)
  • 星勉監修著、石井圭一安藤光義著『JC総研ブックレット 我が国の水田農業を考える 上巻 EUの直接支払制度と日本への示唆』(筑波書房、2014年10月)
 
【現代の日本社会、日本社会史】
  • デイヴィッドピリング著、仲達志訳『日本 喪失と再起の物語―黒船、敗戦、そして311』上下(早川書房、2014年11月)
  • 湯沢擁彦『データで読む平成期の家族問題―四半世紀で昭和とどう変わったか』(朝日選書、2014年10月) 
  • 本田由紀『もじれる社会 戦後日本型循環モデルを超えて』(ちくま新書、2014年10月)
  • 古市憲寿『働き方は「自分」で決める』(講談社文庫、2014年10月)
  • 山野良一『子どもに貧困を押しつける国日本』(光文社新書、2014年10月)
  • 大塚英二『社会をつくれなかったこの国がそれでもソーシャルであるための柳田國男入門』(角川EPUB選書、2014年10月)
  • 松井久子編『何を怖れる―フェミニズムを生きた女たち』(岩波書店、2014年10月)
  • 青山?『世界の街角から東京を考える』(藤原書店、2014年10月)
  • 越澤明『東京都市計画の遺産 防災復興オリンピック』(ちくま新書、2014年10月)
  • 原武史『思索の源泉としての鉄道』(講談社現代新書、2014年10月)
  • 原武史ほか『「都市問題」公開講座ブックレット 「足」を守る―地域公共交通の将来』(後藤安田記念東京都市研究所、2014年10月)
  • 本間龍『原発広告と地方紙―原発立地県の報道姿勢』(亜紀書房、2014年10月)
  • 柴田鐵治友清裕昭『福島原発事故と国民世論』(イーアールシー出版、2014年10月)
  • 平田剛士『非除染地帯―ルポ311後の森と川と海』(緑風出版、2014年10月)
  • 小出裕章、海渡雄一、島田広、中嶌哲演、河合弘之『動かすな、原発―大飯原発地裁判決からの出発―』(岩波ブックレット、2014年10月)
  • 小出裕章西尾正道『被ばく列島 放射線医療と原子炉』(角川oneテーマ21、2014年10月)
  • 山田真『シリーズここで生きる 水俣から福島へ―公害の経験を共有する』(岩波書店、2014年10月)
  • 矢部宏治『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』(集英社インターナショナル、2014年10月)
  • 新城郁夫『沖縄の傷という回路』(岩波書店、2014年10月)
  • 家田修『なぜ日本の災害復興は進まないのか―ハンガリー赤泥流出事故の復興政策に学ぶ』(現代人文社、2014年10月)
  • 池田清『災害資本主義と「復興災害」―人間復興と地域生活再生のために』(水曜社〔文化とまちづくり叢書〕、2014年10月)
  • 稲垣文彦ほか著、小田切徳美解題『震災復興が語る農山村再生―地域づくりの本質』(コモンズ、2014年10月)
  • 中藤康俊『日本経済と過疎地域の再生』(大学教育出版、2014年10月)
  • 岡崎昌之編、全労済協会監修『地域は消えない コミュニティ再生の現場から』(日本経済評論社、2014年10月)
  • 池田潔編『地域マネジメント戦略―価値創造の新しいかたち』(同文館、2014年10月)
  • 蔵敷明秀『都心中心市街地の再構築』(大成出版社、2014年10月)
  • 萩原雅也『創造の場から創造のまちへ―クリエイティブシティのクオリア』(水曜社〔文化とまちづくり叢書〕、2014年10月)
  • 原田正樹『地域福祉の基盤づくり―推進主体の形成』(中央法規出版、2014年10月)
  • 結城康博佐藤純子吉田輝美畑中綾子編『入門 社会保障制度―社会保障制度と税の一体改革でこう変わる』(ぎょうせい、2014年10月)
  • 新井康友荻原康一小澤薫菅野道生小池隆生自治労連地方自治問題研究機構編『検証「社会保障改革」―住民の暮らしと地域の実態から』(自治体研究社、2014年10月)
  • 山家悠紀夫『アベノミクスと暮らしのゆくえ』(岩波ブックレット、2014年10月)
  • 渡辺信夫野寺博文水草修治李省展笹川紀勝著、信州夏期宣教講座編『21世紀ブックレット 改憲へ向かう日本の危機と教会の闘い』(いのちのことば社、2014年10月)
  • 田中優子法政大学社会学部「社会を変えるための実践論」講座編『そろそろ「社会運動」の話をしよう  他人ゴトから自分ゴトへ。社会を変えるための実践論』(明石書店、2014年10月)
  • 石川源嗣『労働組合で社会を変える』(世界書院〔情況新書〕、2014年10月)
  • 佐藤博志岡本智周『「ゆとり」批判はどうつくられたのか―世代論を解きほぐす』(太郎次郎社、2014年10月)
  • 志水宏吉前馬優策編『福井県の学力体力がトップクラスの秘密』(中公新書ラクレ、2014年10月)
  • 行方昭夫『英会話不要論』(文春新書、2014年10月)
  • 関根忠三『隠蔽されたベトナム戦争脱走米兵亡命作戦』(中西出版、2014年10月)
  • 高井尚之『カフェと日本人』(講談社現代新書、2014年10月)
  • 池川玲子『ヌードと愛国』(講談社現代新書、2014年10月)
  • 境真良『アイドル国富論―聖子明菜の時代からAKBももクロ時代までを解く』(東洋経済新報社、2014年10月)
  • 中尾賢司『「ネオ漂泊民」の戦後―アイドル受容と日本人』(花伝社、2014年10月)
  • 熊代亨『融解するオタクサブカルヤンキー―ファスト風土適応論』(家伝社、2014年10月)
  • 鞆の津ミュージアム監修『ヤンキー人類学―突破者たちの「アート」と表現』(フィルムアート社、2014年10月)
  • 塚原伸治『老舗の伝統と“近代”  家業経営のエスノグラフィー』(吉川弘文館、2014年10月)
  • 大戸安弘八鍬友広編『識字と学びの社会史―日本におけるリテラシーの諸相』(思文閣出版、2014年10月)
  • 元森絵里子『語られない「子ども」の近代 年少者保護制度の歴史社会学』(勁草書房、2014年10月)
  • 白山真理『“報道写真”と戦争 一九三〇-一九六〇』(吉川弘文館、2014年10月)
  • 中村秀之『敗者の身ぶり ポスト占領期の日本映画』(岩波書店、2014年10月)
 
【メディアジャーナリズム】
  • 大塚英志『メディアミックス化する日本』(イースト新書、2014年10月)
  • 後藤正治『天人―深代惇郎と新聞の時代』(講談社、2014年10月)
  • 西村幸祐『NHK亡国論―公共放送の「罪と罰」、そして「再生」への道』(ベストセラーズ、2014年10月)
  • 小板橋二郎『“朝日新聞の正義”を検証してみよう―『“復刻版”文春VS朝日』から読み解く、変わらぬその“大権威主義”』(ごま書房新社、2014年10月)
  • 藤田博司『ジャーナリズムよ―メディア批評の15年 1944‐2014』(新聞通信調査会、2014年10月)
 
【日本論】
  • 文藝春秋編『常識の立場―「文藝春秋」傑作論選』(文春学藝ライブラリー、2014年10月)
  • 佐藤優『創価学会と平和主義』(朝日新書、2014年10月)
  • 田久保忠衛『憲法改正、最後のチャンスを逃すな!』(並木書房、2014年10月)
  • 緒方靖夫『つながる9条の絆―多喜二、魯迅、ロマンロランから今日へ』(新日本出版社、2014年10月)
  • 上念司『“完全版”「日本ダメ論」のウソ』(イースト新書、2014年10月)
  • 田原総一朗堀江貴文『もう国家はいらない』(ポプラ新書、2014年10月)
  • フォーラム21梅下村塾27期生『ニッポンを議論しよう。』(丸善プラネット、2014年10月)
  • 島田一『新共和党宣言―国債が紙くずにならないために』(産経新聞出版、2014年10月)
  • 小熊英二『真剣に話しましょう―小熊英二対談集』(新曜社、2014年10月)
  • 植田幸生『さらば戦後精神 藤田省三とその時代』(展転社、2014年10月)
  • 間宮陽介『丸山眞男を読む』(岩波現代文庫、2014年10月)
  • 佐伯啓思『西田幾多郎 無私の思想と日本人』(新潮新書、2014年10月)
  • 米田雅子『縦割りをこえて日本を元気に』(中央公論新社、2014年10月)
  • 板中英徳『日本型移民国家への道 (新版)』(東信堂、2014年10月)
  • 中野雅至『右傾社会ニッポン』(ディスカヴァートゥエンティワン〔ディスカヴァー携書〕、2014年10月)
  • 田中英道『戦後日本を狂わせた左翼思想の正体―戦後レジーム「OSS空間」からの脱却』(展転社、2014年10月)
  • デービットアトキンソン『イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る―雇用400万人、GDP8パーセント成長への提言』(講談社+アルファ新書、2014年10月)
  • 国立国会図書館編『図説 よりすぐり国立国会図書館―竹取物語から坂本龍馬直筆まで』(勉誠出版、2014年10月)
 
【日本史:近現代史を中心に】
  • 猪木武徳、マルクスリュッターマン編『近代日本の公と私、官と民』(NTT出版、2014年10月)
  • 坂根嘉弘編『地域のなかの軍隊 5 西の軍隊と軍港都市 中国四国』(吉川弘文館、2014年11月1日)
  • 原武史『完本 皇居前広場』(文春学藝ライブラリー、2014年10月)
  • 小田部雄次『天皇と宮家―消えた十一宮家と孤立する天皇家』(KADOKAWA〔新人物文庫〕、2014年10月)
  • 西川長夫大野光明番匠健一編『戦後史再考―「歴史の裂け目」をとらえる』(平凡社、2014年10月)
  • 北河賢三『戦後史のなかの生活記録運動―東北農村の青年女性たち―』(岩波書店、2014年10月)
  • 木村千恵子『占領下の東京下町 『葛飾新聞』にみる「戦後」の出発』(日本経済評論社〔同時代史叢書〕、2014年10月)
  • 共同通信社『ザクロニクル戦後日本の70年 4 1960-64 熱気の中で』(共同通信社、2014年10月)
  • 東京都江戸東京博物館編『東京オリンピックと新幹線』(青幻舎、2014年10月)
  • 池上彰監修著『池上彰の現代史授業 21世紀を生きる若い人たちへ 昭和編2 昭和三十年代 もはや戦後ではない!』(ミネルヴァ書房、2014年10月)
  • 法政大学大原社会問題研究所編『占領期日本社会党機関紙集成 『党活動資料』『党活動』 (復刻版)』(柏書房、2014年10月)
  • 金森徳次郎著、高見勝利編『新憲法の精神/憲法制定議会の前後/憲法改正と国民投票/憲法の前文/書物と人間/書物の眼/ひなた弁慶』(慈学社、2014年10月)
  • 西尾幹二『GHQ焚書図書開封 1 米占領軍に消された戦前の日本』(徳間文庫カレッジ、2014年10月)
  • 西村誠著、湯原浩司撮影『太平洋戦跡紀行 ガダルカナル (新装版)』(潮書房光人社、2014年10月)
  • 森嶋雄仁『アジア解放戦争の真実』(元就出版社、2014年10月)
  • 孫崎亨鈴木邦男『いま語らねばならない 戦前史の真相』(現代書館、2014年10月)
  • 松本健一『評伝 北一輝 4 二二六事件へ』(中公文庫、2014年10月)
  • 原田武夫『甦る上杉慎吉―天皇主権説という名の亡霊』(講談社、2014年10月)
  • 中日新聞社編『都新聞  昭和9年1月~6月  復刻版』(柏書房、2014年10月)
  • 坂口正彦『近現代日本の村と政策―長野県下伊那地方 1910~60年代』(日本経済評論社、2014年10月)
  • 樋口雄一『金天海―在日朝鮮人社会運動家の生涯』(社会評論社、2014年10月)
  • 関東大震災90周年記念実行委員会編『関東大震災 記憶の継承―歴史地域運動から現在を問う』(日本経済評論社、2014年10月)
  • 大杉栄全集編集委員会編『大杉栄全集 第3巻 一九一四年一〇月一五日‐一九一六年一月二二日『平民新聞』(月刊)『近代思想』(第2次)』(ぱる出版、2014年10月)
  • 高島千代田崎公司編『自由民権“激化”の時代―運動地域語り』(日本経済評論社、2014年10月)
  • 久保田哲『元老院の研究』(慶應義塾大学出版会、2014年10月)
  • 新渡戸稲造著、矢内原忠雄訳『武士道』(ハルキ文庫〔角川春樹事務所〕、2014年10月)
  • 橋川文三『西郷隆盛紀行』(文春学藝ライブラリー、2014年10月)
  • 勝田政治『廃藩置県 近代国家誕生の舞台裏』(角川ソフィア文庫、2014年10月)
  • 高橋義雄『近現代日本政治と読売新聞―ジャーナリズムの使命を問い直す』(明石書店、2014年10月)
  • 奥武則『ジョンレディブラック 近代日本ジャーナリズムの先駆者』(岩波書店、2014年10月)
  • 北海道神宮國學院大學研究開発推進センター編『北海道神宮研究論叢』(弘文堂、2014年10月)
  • 廣池千九郎『新編小学修身用書 巻之3』(モラロジー研究所、2014年10月)
  • 扇子忠『明治の宮廷と女官』(雄山閣、2014年10月)
  • 金坂清則『イザベラバードと日本の旅』(平凡社新書、2014年10月)
  • 長島要一『明治の国際人石井筆子―デンマーク女性ヨハンネミュンターとの交流』(新評論、2014年10月)
  • 藤田正宇和島伊達文化保存会編『宇和島伊達家叢書 伊達宗城隠居関係史料』(創泉堂出版、2014年10月)
  • 一坂太郎『吉田松陰とその家族―兄を信じた妹たち』(中公新書、2014年10月)
  • 女性史総合研究会編『日本女性史研究文献目録 〈1868-2002〉 CD‐ROM』(東京大学出版会、2014年10月)
  • 地方史研究協議会編『“伝統”の礎―加賀能登金沢の地域史』(雄山閣、2014年10月)
  • 大津透、桜井英治、藤井譲治、吉田裕、李成市編集委員『岩波講座 日本歴史 第20巻 地域論』(岩波書店、2014年10月)
  • 渡辺浩一『日本近世都市の文書と記憶』(勉誠出版、2014年10月)
  • 河内祥輔『古代政治史における天皇制の論理 (増訂版)』(吉川弘文館、2014年10月)

〈アジア〉

【広域アジア】
  • 山本進『大清帝国と朝鮮経済―開発貨幣信用』(九州大学出版会、2014年10月)
  • 深沢淳一助川成也『ASEAN大(メガ)市場統合と日本―TPP時代を日本企業が生き抜くには』(文真堂、2014年10月)
  • 上野正道北田佳子申智媛齊藤英介編『東アジアの未来をひらく学校改革―展望と挑戦』(北大路書房、2014年10月)
 
【韓国、北朝鮮】
  • 梅田皓士『現代韓国政治分析―「地域主義政党システム」を探る』(志學社、2014年10月)
  • ウソックン著、古川綾子訳『降りられない船―セウォル号沈没事故からみた韓国』(クオン、2014年10月)
  • 許榮善著、村上 尚子訳『語り継ぐ済州島四三事件』(新幹社選書、2014年10月)
  • 石坂浩一福島みのり編『エリアスタディーズ 現代韓国を知るための60章 (第2版)』(明石書店、2014年10月)
  • 黄文雄『立ち直れない韓国』(扶桑社、2014年10月)
 
【中国、台湾、モンゴル】
  • 港千尋『革命のつくり方 台湾ひまわり運動―対抗運動の創造性』(インスクリプト、2014年10月)
  • 卯田宗平『鵜飼いと現代中国 人と動物、国家のエスノグラフィー』(東京大学出版会、2014年10月)
  • 岡田英弘『岡田英弘著作集 5 現代中国の見方』(藤原書店、2014年10月)
  • 高畑常信『中国思想の理想と現実』(木耳社、2014年10月)
  • 中国モダニズム研究会編『ドラゴン解剖学中国現代文化14講―ドラゴン解剖学登竜門の巻』(関西学院大学出版会、2014年10月)
  • 林幸秀『北京大学と清華大学―歴史、現況、学生生活、優れた点と課題』(丸善プラネット、2014年10月)
  • 舩橋晴雄『中国経済の故郷を歩く』(日経BP社、2014年10月)
  • 毛沢東著、小野信爾藤田敬一吉田富夫訳『抗日遊撃戦争論 (改版)』(中公文庫、2014年10月)
  • 井波律子『中国人物伝 第2巻 反逆と反骨の精神―三国時代‐南北朝』(岩波書店、2014年10月)
  • 黄文雄『中国の自業自得―歴史法則から逃れられない中華の悪夢』(徳間書店、2014年10月)
 
【東南アジア】
  • 京樂真帆子『英雄になった母親戦士 ベトナム戦争と戦後検証』(有志舎、2014年10月)
  • ヴォーグエンザップ著、眞保潤一郎三宅蕗子訳『人民の戦争人民の軍隊―ヴェトナム人民軍の戦略戦術 (改版)』(中公文庫、2014年10月)
  • ニックノスティック著、大野浩訳『赤vs黄 第2部 政治に目覚めたタイ』(めこん、2014年10月)
 

〈南北アメリカ〉

【北米】
  • 上坂昇『アメリカの黒人保守思想  反オバマの黒人共和党勢力』(明石書店、2014年10月)
  • 森眞砂子『新アメリカ政治論―政治制度と政治思想のコラボレーション』(本の泉社、2014年10月)
  • 杉田米行編『アメリカ観の変遷 上 人文系』(大学教育出版、2014年10月)
  • 杉田米行編『アメリカ観の変遷 下 社会科学系』(大学教育出版、2014年10月)
  • スティーブンカーネギー著、菅靖彦訳『デールカーネギー』上下(河出書房新社、2014年10月)
  • 脇英世『スティーブジョブズ―青春の光と影』(東京電気大学出版局、2014年10月)
  • ヴァンカークシルヴィア著、木村和男田中俊弘訳『優しい絆―北米毛皮交易社会の女性史 一六七〇 - 一八七〇年』(麗澤大学出版会、2014年10月)
  • ダグラスCベイントン、ジャックRギャノン著『アメリカのろう者の歴史』(明石書店、2014年10月)
  • 柴崎文一『アメリカ自然思想の源流―フロントカントリーとバックカントリー』(明治大学出版会〔明治大学リバティブックス〕、2014年10月)
 
【カリブ海域】
  • フィデルカストロルス著、工藤多香子田中高富田君子訳『キューバ革命勝利への道―フィデルカストロ自伝』(明石書店、2014年10月)
 
【ラテンアメリカ】
  • 金七紀男『図説 ブラジルの歴史』(河出書房新社、2014年10月)
 

〈ヨーロッパロシア〉

【欧州全般】
  • 藤田幸一郎『ヨーロッパ農村景観論』(日本経済評論社、2014年10月)
 
【西欧中欧】
  • ウィンストンチャーチル著、中村祐吉訳『わが半生』(中公クラシックス、2014年10月) 
  • 青木道彦『世界史リブレット エリザベス女王―女王を支えた側近たち』(山川出版社、2014年10月)
  • 石神隆『水と〈まち〉の物語 水都ブリストル 輝き続けるイギリス栄光の港町』(法政大学出版局、2014年10月)
  • 荻間寅男『イギリス―歴史と社会 (改訂版)』(朝日出版社、2014年10月)
  • 渡辺洋子『アイルランド―自然歴史物語の旅』(三弥井書店、2014年10月)
  • ジュールミシュレ著、大野一道訳『学生よ―一八四八年革命前夜の講義録 (新版)』(藤原書店、2014年10月)
  • アランコルバン著、築山和也訳『知識欲の誕生―ある小さな村の講演会 1895-96』(藤原書店、2014年10月)
  • フランクユーケッター著、服部伸藤原辰史佐藤温子岡内一樹訳『ドイツ環境史―エコロジー時代への途上で』(昭和堂、2014年10月)
  • 昔農英明『「移民国家ドイツ」の難民保護政策』(慶應義塾大学出版会、2014年10月)
  • ヴィル‐エーリヒポイカート著、中山 けい子訳『中世後期のドイツ民間信仰―伝説(サーゲ)の歴史民俗学』(三元社、2014年10月)
 
【ロシア東欧】
  • 栗生沢猛雄『図説 ロシアの歴史 (増補新装版)』(河出書房新社、2014年10月)
  • 田中陽兒『世界史学とロシア史研究』(山川出版社、2014年10月)
 

〈中東、イスラーム〉

  • 栗田禎子『中東革命のゆくえ―現代史のなかの中東世界日本』(大月書店、2014年10月)
  • 細田尚美編『湾岸アラブ諸国の移民労働者―「多外国人国家」の出現と生活実態』(明石書店、2014年10月)
  • 嶋本隆光『イスラームの神秘主義―ハーフェズの智慧』(京都大学学術出版会〔学術選書〕、2014年10月)
  • 高野太輔『世界史リブレット マンスール―イスラーム帝国の創建者』(山川出版社、2014年10月)
  • マレクシェベル著、前田耕作監修、甲子雅代監訳、小川菜穂子、ヘレンハルメ美穂、松永りえ訳『イスラームシンボル事典』(明石書店、2014年10月)
  • 遠藤健太郎『イラン人 このフシギな人々』(彩流社、2014年10月)
 

〈アフリカ〉

  • 曽野綾子『朝はアフリカの歓び』(文春文庫、2014年10月)