タイプ
その他
日付
2008/2/19

第9弾「麹」(4/5)


4.どこで味わい、買うことができるのか(現在の流通状況)



● 石黒種麹店 (米麹・味噌・甘酒)
麹を知り尽くした店主、職人さん達による米麹および麹関連商品の数々を販売。
自家製のこしひかり米麹を用いた味噌には、北海道産、富山県産の大豆を使用。
蔵出し味噌 1kg 546円、極上 味噌1kg 893円、麹職人のこだわり甘露味噌 1kg 1260円、かぶら寿司用甘酒 1kg 820円、甘酒の素 500g 580円、甘酒 500g 525円

商品の注文は、下記ホームページからも可能。
(富山県南砺市福光新町54 電話:0763-52-0128 FAX:0763-52-0184 http://1496tanekouji.nanto-e.com)

● よね田 (かぶら寿司)
11月中旬から1月上旬までの季節の限定品として、ブリ、サバの切子を使用したかぶら寿司各種を販売。
ブリのトロを使用した「旬月の華」は、12月のみの限定販売(50セットのみ・6切れ入り12600円)。
商品の注文は、下記ホームページからも可能。
(富山県南砺市吉江中744 電話:0763-52-8123 FAX 0763-52-7711 http://www.kabu-yoneda.co.jp)

● 成政酒造
石川県境にある医王山の峰の層をくぐり抜けた清冽な仕込水によって仕込まれる銘酒。地元の篤農家により栽培された五百万石、美山錦、玉栄、雄山錦等、それぞれの原料米の特徴を生かした、まろやかでコクのある味わいが魅力。冷酒だけでなく、燗上がりする純米酒、純米吟醸は、良き食中酒に。杜氏・蔵元・消費者が共にタンク一本を造りあげる「成政トラスト吟醸の会」は、約七百人の会員と共に二十二年目の造りを迎えた。
商品についての問い合わせ・購入希望の連絡は、電話・FAX・メールにて受付
(富山県南砺市舘418 電話:0763-52-0204 FAX:0763-52-6485 mail: narimasa@p1.tst.ne.jp http://www1.tst.ne.jp/narimasa)

●若鶴酒造
文久二年(1862年)創業、百四十年余の歴史を誇る老舗蔵として、歴代の蔵元が富山県の地酒振興のために尽力。越後杜氏が醸す、米の旨みを生かした柔らかできれいな飲み口に定評がある。日本酒、米焼酎、地ウイスキーなど多彩な商品アイテムが揃う中、往年の人気を誇る純米大吟醸「素心」のほか、無濾過生原酒「苗加屋」、富山県で開発された雄山錦を用いた「純米吟醸」が近年は好評を博している。日本酒で日本酒を仕込んだ濃醇な風味の「貴醸酒」にも根強いファンを持つ。
商品の購入は、下記ホームページからも可能。
(富山県砺波市三郎丸208 電話:0763-32-3032 http://www.wakatsuru.co.jp/)



成政が飲める店
●彦々亭
成政の「純米吟醸」が味わえる店。お店の人は燗付けにも親切に応じてくれる。料理は、多彩な地の魚が煮付け、酢の物、焼き物、揚げ物など、いろいろな料理法で楽しめる。地元の市場まで毎朝出向いて入手する新鮮なキトキト(とれとれ)の魚が良心的な価格で提供されている。(富山県砺波市表町3-2 エスポワール1階 電話:0763-32-7223)

若鶴が飲める店
●会席「麻 」
若鶴の「純米酒」他が味わえる店。ホテル「ニチマ倶楽部」の施設に隣接した数寄屋造りの別館にある和食処。砺波散居の民家を再現した店内で会席から鍋料理まで、地元富山の四季折々の食材を用いたさまざまなコース料理が提供される。(富山県砺波市三島町11-18 ニチマ倶楽部 電話:0763-33-0611内 )


5.種麹屋マップ(地図参照