公開フォーラム

タイプ
レポート
プロジェクト

第74回「Views on China-中国の今、プロが観る」

日時
2014/3/7  13:30-15:30 [終了しました]
場所
日本財団ビル1F バウルーム
● 告 知 文 ●

日中関係に改善の兆しが見えない現在、中国とどう付き合っていくかを考える上で、中国を理解することの重要性はますます高くなっています。しかし、中国はあまりに大きく、様々な側面を有しているため、正しく理解することが非常に難しいことも事実です。

政治、経済、社会、環境、外交・安全保障各分野の専門家が中国を語る今回の東京財団フォーラムは、矛盾しているように見える中国の言動や、関係なく存在しているように見える事象が、実は同じ背景でつながっている可能性を示します。

例えば、中国の対外政策が国内政治の影響を強く受けていること、国内政治が様々な主体の経済的権益によって左右されること、経済的格差が社会不安を生み、中国指導者がこれを恐れていることなどを考え合わせると、中国の対日強硬姿勢は中国の社会状況にも関係があると言えるでしょう。

質疑応答の時間も設けますので、どうぞふるって我々の議論にご参加ください。なお、今回の東京財団フォーラムに合わせて、東京財団が「中国の定点観測」として発信している“Views on China”冊子版第2巻を配布いたします。




【登壇者】(順不同、敬称略)
 高原明生(東京財団上席研究員、東京大学大学院教授)
 諏訪一幸(静岡県立大学教授)
 加茂具樹(慶應義塾大学准教授)
 陳天璽(早稲田大学准教授)
 バートル(多摩大学准教授)
 染野憲治(東京財団研究員)
【モデレーター】 小原凡司(東京財団研究員)
…………………………………………………………………………………………
◎ 下記の東京財団チャンネルでも過去に実施したイベントの録画をご覧になれます。
  USTREAM http://www.ustream.tv/channel/tokyofoundation
  YouTube http://www.youtube.com/user/tkfdPR
※ 映像が映らない場合は、お使いのブラウザの「再読込」または「更新」ボタンをクリックしてください。