公開フォーラム

タイプ
レポート

第75回「米国ウォッチャーが語るオバマ大統領のアジア歴訪」

日時
2014/3/19  16:00~17:30 [終了しました]
場所
日本財団ビル2階会議室
---------------------
● 告 知 文 ●
---------------------


オバマ大統領は、4月下旬、日本、韓国、マレーシア、フィリピンの4カ国を訪問することになっています。日中、日韓関係の行方を憂慮しつつ大きな関心を示している米国は、どのようなアジェンダをもって歴訪に臨むのでしょうか。

米国ワシントンDCから日本を含む東アジア情勢を独自の情報ネットワークを基に報じる「ネルソン・リポート」発行人のクリス・ネルソン氏をお迎えして、米国の対アジア外交の最新状況や、米国が日本の国内政治と外交をどう見ているかなどについて見解をお話いただくとともに、東京財団の研究員とも討論を行います。

クリス・ネルソン 略歴
米国ワシントンのコンサルティング会社「サミュエルズ・インターナショナル」上級副社長。ワシントンの政治や通商外交問題のインサイダー情報を提供する日刊「ネルソン・レポート」編集長兼発行人。
ネルソン・レポートは、同氏が米国議会スタッフを退職後、日米間のビジネスや外交関係の促進を手掛けるテラムラ・インターナショナルに加わった1983年からスタート。97年から現在のサミュエルズ・インターナショナルに移籍。
 カリフォルニア大学バークリー校を卒業後、モントリオールのマギル大学で修士号取得。UPIを皮切りに、米国の対アジア外交、アジアや米国の政策決定などを中心に記者として活躍。
米国議会スタッフ時代には、下院外交委員会アジア小委員会で、米中の国交正常化に取り組んだ。


【テーマ】「米国ウォッチャーが語るオバマ大統領のアジア歴訪」

【登壇者】(順不同、敬称略)
クリス・ネルソン(サミュエルズ・インターナショナル上級副社長、「ネルソン・レポート」編集長兼発行人)
高原明生(東京財団上席研究員、東京大学大学院教授)
渡部恒雄(東京財団上席研究員兼政策研究ディレクター)

【モデレーター】
浅野貴昭(東京財団研究員兼政策プロデューサー)

【言語】オリジナル音声(和英混合)


…………………………………………………………………………………………
◎ 下記の東京財団チャンネルでも過去に実施したイベントの録画をご覧になれます。
  USTREAM http://www.ustream.tv/channel/tokyofoundation
  YouTube http://www.youtube.com/user/tkfdPR
※ 映像が映らない場合は、お使いのブラウザの「再読込」または「更新」ボタンをクリックしてください。