公開フォーラム

タイプ
レポート

第78回「ウクライナ危機と今後の日露の戦略的関係」

日時
2014/5/8  18:30-20:00 [終了しました]
場所
日本財団ビル2階会議室

---------------------
● 告 知 文 ●
---------------------


昨年11月の反政府デモから始まったウクライナ危機は、暫定政権の発足後、クリミア自治共和国のロシア連邦編入という事態に発展し、これを受けて米欧諸国はロシアに対する制裁措置を発動しました。その後、ウクライナ東部でも不安定な状況が拡大しています。そのような中、日本政府は4月末に予定されていた岸田外相の訪露延期を発表しました。

東京財団は、去る3月下旬、イーゴリ・イワノフ元露外相が代表を務めるロシア国際問題評議会(RIAC)との共催で、トラック2による日露間の戦略対話を行いました。この対話に参加した専門家や研究員が報告を兼ねて、ウクライナ危機をめぐる米露関係の行方や今後の日露の戦略的関係について議論します。


【テーマ】「ウクライナ危機と今後の日露の戦略的関係」

【スピーカー】
 下斗米伸夫(法政大学教授)
 西谷公明 (国際経済研究所理事)
 畔蒜泰助(東京財団研究員兼政策プロデューサー)

【モデレーター】
 秋山昌廣(東京財団理事長)

関連プロジェクト:日露戦略対話

…………………………………………………………………………………………
◎ 下記の東京財団チャンネルでも過去に実施したイベントの録画をご覧になれます。
  USTREAM http://www.ustream.tv/channel/tokyofoundation
  YouTube http://www.youtube.com/user/tkfdPR
※ 映像が映らない場合は、お使いのブラウザの「再読込」または「更新」ボタンをクリックしてください。