公開フォーラム

タイプ
レポート
プロジェクト

第97回 「2016年の内外情勢を展望する~東京財団研究員討論会」

日時
2016/1/22  13:30~16:00 [終了しました]
場所
日本財団ビル2階会議室(東京都港区赤坂1-2-2)

告知文

2016年、わたしたちはどんな日本を、どんな世界を、目にすることになるのでしょうか。
5月には伊勢志摩サミットの開催、7月には史上初めて、選挙権が18歳以上となる参院選を迎え、衆参同日選の可能性も囁かれています。また、国際情勢は、雪解けの兆しがあるかに見える日中、日韓関係の今後も含め、東アジア、東南アジアにおいて、さらに大きく変動することが予想されます。
   第97回フォーラムでは、東京財団の研究員を中心に、マクロ経済、財政、参議院選挙、TPP、社会保障、環境エネルギー、外交・安全保障、日米中印関係といった主要なトピックを切り口に、2016年の内外情勢を展望し、徹底討論していきます。

  •  
  • 【日時】2016年1月22日(金)13:30~16:00(受付13:00~)
  • 【会場】日本財団ビル2階 大会議室(東京都港区赤坂1-2-2)
  • 【登壇者】(五十音順)
    浅野貴昭(研究員)、 畔蒜泰助(研究員)、小黒一正(法政大学経済学部教授)、小原凡司(研究員)、加藤創太(上席研究員・ディレクター)、亀井善太郎(研究員)、田中浩一郎(日本エネルギー経済研究所中東研究センター長)、冨田清行(研究員)、長尾賢(研究員)、西田一平太(研究員)、平沼光(研究員)、三原岳(研究員)、吉原祥子(研究員)、渡部恒雄(上席研究員・ディレクター)
  • 【モデレーター】 今井章子(研究員・常務理事・ディレクター)