東京財団について

世界の政策課題を先取りするシンクタンクへ

東京財団は、1997年に日本初の世界レベルの独立的シンクタンクを目指し設立されました。その後東京財団は日本の政策研究および政策実務に影響を与え、多くの人材を輩出してきました。しかし、当初の目的達成にはまだ道半ばです。
この20年間、日本の政治と経済は混乱と低迷を繰り返してきました。現在の日本は少子高齢化、中国台頭、エネルギー問題などの課題に他国に先駆けて直面する「課題先進国」とも呼ばれます。しかし、最大のシンクタンクと言われた霞ヶ関の影響力は低下気味です。今ほど日本に本格的なシンクタンクが求められている時代はありません。
設立20周年を迎えた東京財団は再び目線を上げ、日本で唯一の世界レベルのシンクタンクを目指した動きを加速させることを決意しました。2018年には、理論・データに基づく質の高い政策研究を中核に据えた新たな研究所として、東京財団は組織・名称を含め全面的に改組されます。世界に先駆け重要な政策課題に取り組むシンクタンクとして生まれ変わる東京財団の活動に、より一層ご期待ください。