人を育てる(人材育成)

人材育成

グローバルに展開する人材育成プログラム

東京財団では、将来を担う人材の発掘・育成をそのミッションの一つにしています。社会が直面する様々な課題に取り組む強い志を有し、広い視野で物事を捉え、取るべき道を創造的に模索する勇気と能力をもつ人材の育成を目指し、2つの世界規模の奨学金プログラム(ヤングリーダー奨学基金と日本語教育基金)を運営しています。

 

ヤングリーダー奨学基金(Sylff)プログラム

Sylff(ヤングリーダー奨学基金/The Ryoichi Sasakawa Young Leaders Fellowship Fund 「シルフ」と発音)は、国家・宗教・民族などのあらゆる諸問題が複雑化・多様化する現代社会において、文化や価値の多様性を尊重し、人類の共通の利害のために行動する人材を育てるグローバルなプログラムです。日本を含む世界44ヵ国、69の大学・大学連合の、おもに人文社会科学分野を研究する大学院生を対象に奨学金を授与しています。将来を担うリーダーとしての資質を重視して選ばれた奨学金受給者(Sylffフェロー、以下フェロー)は、設立から30年を迎えた2017年には16,000名を超え、その多くが様々な分野で活躍しています。

日本語教育基金(NF-JLEP)プログラム

NF-JLEP(日本語教育基金/Nippon Foundation Fund for Japanese Language Education)は、海外における日本語の普及、日本語教育の推進を目的としたグローバルなプログラムです。6ヵ国11の大学において、日本語を学ぶ学生への奨学金の授与や外国語として日本語を教える教員の養成、日本語の教材開発など、それぞれの地域で求められる支援を行っています。1994年の設立以来、1,600名を超える学生・教員(NF-JLEPフェロー)が誕生し、その多くが各国の日本語教育の発展に貢献しています。