Events
イベント

2019 10.24 THU

第118回東京財団政策研究所フォーラム「トランプ政権をどう評価するか?:2020年大統領選挙への視座と重要論点」

早くも約1年後に迫った次期アメリカ大統領選挙。激動が続く世界において、われわれはトランプ政権のこれまでをどう評価すべきなのでしょうか?

本フォーラムでは、2020年2月からいよいよ予備選挙が始まるのを前に、トランプ政権の3年間の成果や課題を多角的に分析し、次期大統領選挙に向けた重要論点を議論します。
国内の主要政策をめぐる共和・民主両党の対立や、トランプ政権と議会・司法との関係、さらに米中貿易摩擦、米朝協議など国際情勢への対応等、これまでのトランプ大統領の政権運営を直近の動向を交えながら論じ、世界と米国社会の変容を見据えつつ掘り下げます。奮ってご参加ください。

日時

2019年10月24日(木)18:30~20:00 (開場18:00)

会場・アクセス

ベルサール六本木グランドコンファレンスセンター Room C
(東京都港区六本木3-2-1六本木グランドタワー9階/当研究所と同ビル内)
https://www.bellesalle.co.jp/shisetsu/roppongi/bs_roppongi_cc/access

登壇者

 久保 文明    東京財団政策研究所上席研究員
         (「2020年アメリカ大統領選挙と日米経済関係」プロジェクト・リーダー)
          東京大学大学院法学政治学研究科教授  
          ※モデレーター
 中林 美恵子   早稲田大学社会科学総合学術院教授(プロジェクト・メンバー)

 梅川 健     首都大学東京法学部教授(プロジェクト・メンバー)

 松井 孝太    杏林大学総合政策学部専任講師(プロジェクト・メンバー)

 ※講演言語は日本語のみとなります

定員

150名(要事前申込、先着順)

参加費

無料

参加申し込み

申込受付が完了すると、申込完了メールがご記入のEmailアドレス宛てに送られます。Emailアドレスのご記入間違いにご注意ください。

 

本件に関するお問い合わせ

東京財団政策研究所  広報
Email: info[at]tkfd.or.jp ([at]を@にかえてお送りください)

一覧へ戻る