Past Events
過去のイベント

2011 2.8 TUE

第1回「税・社会保障制度の抜本改革」を考える 衆参全議員討論会

衆参全議員 連続討論会

「税・社会保障制度の抜本改革」を考える

開催報告はこちら


「税と社会保障制度の抜本改革」は、国民生活に密接し、最も関心の高い政策です。しかし、昨今の政治状況を見ると、政権与党は精彩を欠いた政権運営等により国民の支持を失い、野党は政権奪取を優先するばかりに政策よりも粗探しに終始しており、それぞれの問題から、このまま政治家だけに任せていては、国民的合意は望みがたい現状にあります。

東京財団は、我が国を代表する政策シンクタンクとともに、現状を打開するきっかけとして、衆・参の全ての国会議員が有識者や利害関係者の代表と率直に話し合うことができる連続討論会を企画しました。2~3月の2ヵ月間、毎週火曜日に実施する予定です。

第1回は、朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞より、それぞれの提言を説明いただき、その後、国会議員も交えた討論を行います。

■ 第1回 「税・社会保障制度の抜本改革」を考える討論会
【日時】 2011年2月8日(火) 17:30~19:30 (終了予定)

【会場】 日本財団ビル 2階 会議室 (港区赤坂1-2-2)

【発表者】 梶本 章(朝日新聞社 社友・元論説委員)
小畑洋一(読売新聞東京本社 社会保障部長)
大林 尚(日本経済新聞社 編集委員兼論説委員)
亀井善太郎 (東京財団研究員・政策プロデューサー)〔コーディネーター〕

【共催】 東京財団 、 (株)PHP研究所 、 構想日本 、 みずほ総合研究所(株)

※定員に達しましたので、第1回討論会のお申し込み受付は終了しました。


【今後のテーマと講師陣】(予定)
◎経済界・労働界の提案(日本経団連、経済同友会、日本商工会議所、連合)
◎シンクタンク・有識者の提案
◎政党や政治家等の提案
◎税・社会保障抜本改革の論点整理

一覧へ戻る