Past Events
過去のイベント

2010 12.16 THU

第37回東京財団フォーラム「NATOと日本:日本は米欧同盟とどう協力していくか」

イベントレポートはこちら


第37回 東京財団フォーラム

「NATOと日本:日本は米欧同盟とどう協力していくか」

人類が直面する安全保障問題の課題は、伝統的な軍事領域に留まらず、テロ、環境、資源、疾病など、いまや国境を越えて広がる地球規模の課題に及んでいます。

先月の19日、リスボンで開催されたNATO首脳会議では、これらの課題を「21世紀の新たな脅威」と規定した「新戦略概念」が採択されました。日本の安全保障にとって、これらの問題意識は他人事ではなくなってきていますが、NATOのラスムセン事務総長は、テロ対策や不拡散の問題等に関して日本との定期協議を開始し、関係を底上げする意向も示しています。

東京財団では、来る12月16日、NATO、米欧、日本の専門家が安全保障政策におけるNATOと日本の戦略的協力について議論する公開フォーラムを開催します。

お誘い合わせの上、ご参加ください。

 

【日時】 2010年12月16日(木) 16:30~18:00
【会場】 日本財団ビル 1階 バウ・ルーム (港区赤坂1-2-2)

【テーマ】 「NATOと日本:日本は米欧同盟とどう協力していくか」

【パネリスト】※一部予定
石井正文 (外務省総合外交政策局審議官)
鶴岡路人 (防衛省防衛研究所教官、前東京財団・GMFフェローシップ研究員)
ギレ・ヴァンダー・ギンスト (NATOグローバルパートナーセクション各国担当責任者)
フィリップ・スティーブンズ (『フィナンシャル・タイムズ』副編集長)
クレイグ・ケネディ (ジャーマン・マーシャル・ファンド<GMF>会長)

【モデレーター】渡部恒雄 (東京財団上席研究員)

【共催】 GMF、NATO、外務省、東京財団

【その他】 参加費無料、日英同時通訳付

一覧へ戻る