Past Events
過去のイベント

2008 11.21 FRI

東京財団・慶大共同企画:「世界の新しいパワーバランスと日本の安全保障」

東京財団・慶應義塾大学 共同企画セッション

「世界の新しいパワーバランスと日本の安全保障」

(SFC Open Research Forum 2008)

冷戦終結から20年近くがすぎ、世界は新しい段階に入りつつあります。9・11テロに代表される非国家主体による脅威が継続するなか、主要国間の関係にも大きな変化が現れています。中国やインドの存在は20年前には比較にならないほど、大きくなりつつあり、また米国もサブプライムローン問題に端を発する金融危機の影響で、今後の対外関与の方向性は未知数です。こうしたなかで、日本はいかなる安全保障政策を模索すべきなのか、その理念と具体的な政策を広く議論する時がきています。

来る11月21日、東京財団は慶應義塾大学との共同企画により、SFC Open Research Forum 2008の「世界の新しいパワーバランスと日本の安全保障」セッションを開催します。

ここでは、10月9日に東京財団「安全保障研究プロジェクト」が発表した政策提言「新しい日本の安全保障戦略 ― 多層協調的安全保障戦略」をベースに、安全保障の実務・専門家が議論を深めます。お誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。


【日 時】11月21日(金)10:00~11:30
【会 場】六本木アカデミーヒルズ40階 キャラントB
地図は こちら
【テーマ】「世界の新しいパワーバランスと日本の安全保障」
【登壇者】林 芳正(前防衛大臣)
前原誠司(民主党副代表)
神谷万丈(防衛大学校教授、東京財団「安全保障研究プロジェクト」メンバー)
谷内正太郎(前外務次官、慶應義塾大学 総合政策学部 特別招聘教授)
司会:神保 謙(慶應義塾大学 総合政策学部 准教授、東京財団「安全保障研究プロジェクト」メンバー)
【共 催】東京財団、慶應義塾大学
【申 込】参加費無料。下記フォームよりお申し込みください
【問合せ】東京財団 政策研究部(担当:片山) Tel:03-6229-5502
または
慶應義塾大学SFC研究所 ORF事務局
e-mail : orf-info@sfc.keio.ac.jp Tel:0466-49-3436

※「世界の新しいパワーバランスと日本の安全保障」セッションは、慶應義塾大学が開催する「SFC Open Research Forum 2008」のプログラムの一部です。全プログラムの詳細はhttp://orf.sfc.keio.ac.jp/program.phpをご参照ください。


一覧へ戻る