Past Events
過去のイベント

2007 11.14 WED

第11回東京財団政策懇談会「クルド問題と日本」

開催レポートはこちら

長年にわたりクルド労働者党(PKK)の越境テロに悩まされてきたトルコで、去る10月17日、国会がイラク・クルド地区への越境攻撃を承認して以来、トルコ・イラク国境地帯の緊張が高まっています。

そこで、東京財団では、クルドに詳しいフリージャーナリストの勝又郁子氏とトルコ出身のフセイン・オズカヤ東京財団研究員に、クルド問題とは何か、日本にとってクルド問題はどのような意味を持つのかなど、クルド問題の本質について議論するための「政策懇談会」を開催いたします。

クルド人はトルコ東部からシリア北部、イラク北部、イラン西部に至る地域に住む民族で、人口は3000万人に上ると言われています。すなわち、中東の重要な地域にまたがるため、トルコ軍の本格的なイラク越境攻撃が行われれば、単にイラクの治安が悪化するだけでなく、中東全域の不安定化につながる恐れがあります。

クルド人の居住する国々の利害は複雑に絡み合っており、新聞報道などでその全体像を掴むことはなかなか困難です。ここでは、当財団の佐々木良昭主任研究員がモデレーターとして、そのような複雑な利害関係を紐解き、問題の本質に迫りたいと思います。

クルド問題が決して日本人にとって無縁の話ではないことを理解する好機となると確信します。万障お繰り合わせの上ご参加いただきますようご案内申し上げます。

なお、当日は会場にて スワンカフェ&ベーカリー の焼き立てパンを販売します。どうぞ、ご利用ください。

【日時】 2007年11月14日 12:00~14:00
【会場】 日本財団ビル2階 第1~4会議室
【テーマ】 「クルド問題と日本」
【講師】
勝又郁子(ジャーナリスト)
フセイン・オズカヤ(東京財団研究員)
松本太(国際協力銀行 参事役)
【モデレーター】 佐々木良昭(東京財団主任研究員)

一覧へ戻る