Past Events
過去のイベント

2012 5.17 THU

【「政治外交検証」拡大研究会】第2回「日本の二大政党制 ― その展開と新たな問題点」

東京財団では毎月1回、日本外交およびそれを取り巻く国際環境について新たに刊行された著書や論文などを取り上げ、過去および現在の政治外交を検証する 「政治外交検証」研究会 (リーダー:北岡伸一 上席研究員)を実施しています。 来る5月17日には、同研究会を一般公開するかたちで、メンバーの村井良太・駒澤大学准教授が「日本の二大政党制」をテーマに講演を行います。 当日は、戦前日本の政党政治を振り返り...

2012 4.17 TUE

第49回東京財団フォーラム「日米欧の専門家と語る世界共通の課題 ― 第1回日米欧・東京フォーラムからの報告」

【日 時】 2012年4月17日(火) 14:30-16:00 【場 所】 日本財団ビル1階 バウ・ルーム(港区赤坂1-2-2) 【テーマ】 「日米欧の専門家と語る世界共通の課題 ― 第1回日米欧・東京フォーラムからの報告」」 【パネリスト】 フォルカー・シュタンツェル(駐日ドイツ大使)フレッド・ハイアット(米ワシントンポスト紙論説委員...

2012 2.20 MON

第48回東京財団フォーラム「米中関係、レアアース、ティーパーティ」

【日 時】 2012年2月20日(月)18:30~20:00 【場 所】 日本財団ビル2階 会議室(港区赤坂1-2-2) 【テーマ】 「米中関係、レアアース、ティーパーティ」 【スピーカー】 中山俊宏(東京財団「現代アメリカ」プロジェクト・メンバー、青山学院大学国際政治経済学部教授)渡部恒雄(東京財団政策研究ディレクター兼上席研究員)平沼光(...

2012 2.1 WED

第47回東京財団フォーラム「日米から見るTPPの行方」

TPP(環太平洋経済連携協定)交渉参加に向けた米国をはじめとする参加各国との事前協議が大詰めを迎えようとしていますが、依然として賛否両論の議論が先鋭化していて、問題の本質が見えにくくなっています。 その全体状況を正確に見極めようと、東京財団では2月1日、貿易問題に詳しい米ナショナル・ジャーナル誌のブルース・ストークス氏をゲストに迎え、米国から見るTPPの行方について語っていただきました。ま...

2012 1.30 MON

第46回東京財団フォーラム「パワーシフト時代の日中関係」

中国の軍事力拡大がアジア太平洋地域のパワーバランスを大きく変えつつある中で、日中両国は緊密な経済関係を維持しつつ、安全保障面で相互不信を高めないための不断の努力が求められています。 そこで東京財団では、パワーシフト時代の日中関係を安全保障の観点から考えるフォーラムを実施します。これは平成23年度の外務省「日中研究交流支援事業」として当財団が実施している「日中次世代安全保障対話」の成果の一部を披...

2012 1.23 MON

第45回東京財団フォーラム「2012年の日本経済展望」

【日 時】 2012年1月23日(月)16:00~18:00 【場 所】 日本財団ビル2階 会議室(港区赤坂1-2-2) 【テーマ】 「2012年の日本経済展望」 【スピーカー】 林 芳正 参議院議員、元内閣府特命担当大臣(経済財政政策)亀井善太郎 東京財団研究員・政策プロデューサー(「日本の経済財政シナリオ」プロジェクト・リーダー)小...

2011 12.19 MON

第44回東京財団フォーラム「中央ヨーロッパから見たEUと日本:ヴィシェグラード4ヵ国との対話」

【日 時】2011年12月19日(月)17:00~18:30【場 所】日本財団ビル2階 会議室(港区赤坂1-2-2)【テーマ】「中央ヨーロッパから見たEUと日本:ヴィシェグラード4ヵ国との対話」【スピーカー】パヴェル・フィシェル(チェコ共和国 外務省政務局長)ペテル・ミハルコ(スロバキア共和国 外務省政務局長)ぺーテル・スターライ(ハンガリー共和国 外務省次官補・政務官)ヤロスワフ・ブラトキ...

2011 12.7 WED

第43回東京財団フォーラム「アメリカ大統領選:オバマの再選なるか?」

東京財団では、来年に控えたアメリカ大統領選挙の情勢分析を行う2回目のフォーラムを下記のとおり開催します。 米軍のアフガニスタンからの撤退やビンラディン殺害など外交ではある程度成果を上げているオバマ大統領ですが、一向に改善しない失業率や財政赤字削減など内政では大変困難な状況に直面しています。このため、ギャラップなど各種世論調査によれば、11月中旬時点ではオバマ大統領の不支持の割合が軒並み支持...

2011 11.1 TUE

第42回東京財団フォーラム「『尖閣』をどう生かすか―検証から学ぶ今後の日中関係」

イベントレポートはこちら 「尖閣のような問題は再発する」― 多くの識者がこう指摘しています。昨年、尖閣諸島沖で起こった漁船衝突事件は、またたく間にエスカレートし、中国側からの東シナ海の共同油田開発の延期、レアアースの対日輸出の禁止などに発展しました。日本側も、中国のこうした動きに対応して、対中世論が激しくなり、両国の関係は一気に冷却化してしまいました。 日中間には尖閣諸島問題を筆頭に...

2011 10.18 TUE

第41回東京財団フォーラム「アメリカ大統領選挙:オバマ大統領、共和党候補はどう戦うか?」

【日 時】 2011年10月18日(火) 14:00~16:00 【場 所】 日本財団ビル2階 会議室(港区赤坂1-2-2) 【テーマ】 「アメリカ大統領選挙:オバマ大統領、共和党候補はどう戦うか?」 【スピーカー】 ポール・サンダース(センター・フォー・ザ・ナショナル・インタレスト常務理事)ニコラス・グボスデフ(海軍ウォー・カレッジ教授...

19101122

Event Reports
イベントレポート

VIEW ALL