Past Events
過去のイベント

2009 10.8 THU

中国模倣品問題の最新状況と『日中知財保護協力覚書』の意義-元担当官が語る狙いと展望

今年6月および8月、日中両国政府は知的財産保護の協力関係を強化する関係覚書を2本続けて締結しました。 この覚書、実は東京財団提言がカタチになったものです。 われわれ東京財団「現代中国研究プロジェクト」が昨年9月に発表した提言書 『量の中国、質の日本-戦略的互恵関係への8つの提言』 のなかで「日中間の知的財産保護に係る中長期行動計画の策定を」と主張していたアイデアを、その研究メンバーである分部...

2009 9.9 WED

第28回東京財団フォーラム「総選挙の総括と政局展望―どうなる鳩山政権と自民党の今後」

【日時】 9月9日(水)18:00~19:30 【会場】 日本財団ビル1F バウ・ルーム(港区赤坂1-2-2)【テーマ】 「総選挙の総括と政局展望 ― どうなる鳩山政権と自民党の今後」 【スピーカー】 泉宏 東京財団研究員、元・時事通信社政治部長 【コーディネーター】 渡部恒雄 東京財団上席研究員   総選挙後の9月9日に行われた第28回東京財団フォーラムでは、時事通信社の政治記者...

2009 8.27 THU

現代アメリカ研究プロジェクト公開研究会「オバマとアメリカ―ワシントンからの報告」

ブッシュ政権末期、外交政策は行き詰まり、未曾有の経済危機を迎える中で、アメリカ国民の期待を一身に背負って登場したバラク・オバマ。政権発足後、野心的な政策を次々と打ち出して半年余を経たいま、オバマ政権は国民の期待に応えることができるのか。 「変革」を掲げて登場したオバマ大統領によって、アメリカ社会は生まれ変わるのか。アメリカにいて予備選の段階からオバマの動向をつぶさに観察してきた「現代アメリカ研...

2009 8.21 FRI

地域再生研究プロジェクト公開研究会「専門人材の恒常的な確保による地域再生」

開催レポートはこちら 中央省庁が配分する補助金による地域再生の時代は終わり、これからは地域による地域のための再生に取り組む時が到来しました。既に多くの指摘があるように、地域再生事業で最も重要なのは、「人」です。 東京財団 「地域再生研究」プロジェクト では、必要なのは地域に居住し、「ビジョン構築力」、「計画立案力」、「実行力」を兼ね備えた専門人材であると考えました。その具体策として、韓国...

2009 8.18 TUE

第27回 東京財団フォーラム「グローバル化時代のアメリカとアジア」

第27回 東京財団フォーラム 「グローバル化時代のアメリカとアジア」   【講師】ニュート・ギングリッチ元下院議長【モデレーター】久保文明(東京財団上席研究員、東京大学教授)【日時】2009年8月18日(火) 18:00~19:30【場所】日本財団ビル2階 大会議室 ギングリッチ元米下院議長 講演要旨 今日の講演では、アメリカと日本が三つの大きな現実に直面して...

2009 6.17 WED

第26回東京財団フォーラム「北朝鮮の核問題:日本はどう対応するか?」

第26回 東京財団フォーラム「北朝鮮の核問題-日本はどう対応するか?」 【日時】2009年6月17日(水) 16:00~18:00 【場所】日本財団ビル2階 大会議室(港区赤坂1-2-2) 【テーマ】「北朝鮮の核問題:日本はどう対応するか?」 【パネリスト】 ジェラルド・カーティス(東京財団上席研究員) 増田雅之(防衛省防衛研究所研究部教官、東京財団「新しいアジアの安全保障構造」研究メ...

2009 5.26 TUE

「持続可能な社会像の考察 ~化石燃料を使わない社会とは~」

公開研究会「持続可能な社会像の考察 ~化石燃料を使わない社会とは~」 環境問題に関する議論の多くは、温室効果ガス削減の数値目標や個々の省エネルギーなどの技術論に終始しがちで、新たな環境共生社会を築くための拠り所となる方向性や具体的なビジョンやライフスタイルを共有するには至っていません。 そこで、 「持続可能な社会像のビジュアル化」プロジェクト では、産業、民生、運輸など各分野にお...

2009 5.15 FRI

第25回東京財団フォーラム「戦後農政を大転換せよ ―減反廃止と農業構造改革―」

第25回フォーラム「戦後農政を大転換せよ ―減反廃止と農業構造改革―」 日時:2009年5月15日(金) 18:30~20:30場所:日本財団ビル2階 大会議室(港区赤坂1-2-2)テーマ:「戦後農政を大転換せよ ―減反廃止と農業構造改革―」スピーカー:   石破 茂 農林水産大臣   篠原 孝 衆議院議員、前・民主党ネクスト農林水産大臣   生源寺眞一 東京大学大学院農学生命科学研究科教授 ...

2009 4.15 WED

第24回東京財団フォーラム「世界の貧困を考える」

23年間にわたり「貧困のない世界をつくる夢を追った」(著書『国をつくるという仕事』<英治出版>より)西水美恵子・元世界銀行南アジア地域担当副総裁を招き、これまでの途上国における「開発」が持つ問題点や矛盾、これからどうすべきか、そしてそれらを踏まえた上での日本人へのメッセージなどについて語っていただきます。 続く加藤秀樹・東京財団会長が加わっての対談セッションでは、グローバル経済が持つネガテ...

2009 4.9 THU

第23回東京財団フォーラム「世界金融危機の展望と日本の対応」

昨年12月に続く2度目の金融サミットが、4月2日にロンドンで開催され、主要国が足元の危機対応と今後の世界金融経済の在り方について協議されました。 そこで東京財団では、中尾武彦・財務省国際局次長と池尾和人・東京財団上席研究員(慶應義塾大学教授)をスピーカーに迎え、「世界金融危機の展望と日本の対応」をテーマに、サミットの総括と危機収束後を見据えて日本がとるべき対応などについて考えます。 ...

113141522

Event Reports
イベントレポート

VIEW ALL