Past Events
過去のイベント

2008 11.21 FRI

東京財団・慶大共同企画:「世界の新しいパワーバランスと日本の安全保障」

東京財団・慶應義塾大学 共同企画セッション 「世界の新しいパワーバランスと日本の安全保障」 (SFC Open Research Forum 2008) 冷戦終結から20年近くがすぎ、世界は新しい段階に入りつつあります。9・11テロに代表される非国家主体による脅威が継続するなか、主要国間の関係にも大きな変化が現れています。中国やインドの存在は20年前には比較にならないほど、大きくなり...

2008 11.14 FRI

第16回東京財団フォーラム「オバマ大統領の誕生と新政権の方向性」

イベントレポートはこちら 「現代アメリカ研究プロジェクト」 では、昨年度からアメリカ大統領選挙の長いプロセスを通じて、アメリカの外交・政治・経済・社会を分析し、節目節目でその成果を発表してきました。 2008年アメリカ大統領選挙は、11月4日に投票が行われ、第44代アメリカ合衆国大統領にオバマ上院議員が選出されました。この結果を受けて、 久保文明 上席研究員が選挙戦の評価と政権移行プロセスを...

2008 11.13 THU

食のリスク・コミュニケーションに関する有識者会議「イギリス食品基準庁初代長官を囲んで、日本の食の問題を問う」

東京財団では、去る9月13日、英国食品基準庁の初代長官であるジョン・クレブス英国上院議員を招き、食品安全委員会や厚生労働省などの行政関係者、マスコミ、消費者関係者、研究者、企業関係者を交えて有識者会議を開催した。 会議では、1990年代後半、BSE(牛海綿状脳症)の発生後パニックに陥った英国社会で、2000年に設立された食品基準庁が、どのようにBSEのリスクを国民に説明し、理解と信頼を得ていっ...

2008 11.8 SAT

【In 京都府宇治市】地方自治体のガバナンス研究:公開研究会「道州制の議論の前に考えるべきこと-改革派首長からの提言」

議事概要はこちら 2008年11月8日、京都府宇治市生涯学習センターにて地方自治体のガバナンス研究公開研究会「道州制の議論の前に考えるべきこと-改革派首長からの提言-」が開催されました。 本研究会では、国内外の基礎自治体の運営実態についての調査研究を行った成果を政策提言として取りまとめました。プロジェクト・リーダーの木下敏之上席研究員から報告がありました。 続いて、研究会メンバーの伊藤伸(...

2008 10.6 MON

第15回東京財団フォーラム「現代をどう生きるか ~技術革新の時代に考えるべきこと~」

科学技術の進展により人類にとっての「世界」は急速に広がりました。その結果、地球環境破壊など自分たちの生存そのものを危うくするような事態まで起こりはじめています。そのような現代において私たちはどのように生きていくべきなのでしょうか。 第15回東京財団フォーラムでは、古代ギリシャから現代にいたる人間の思想と生き方を見つめる哲学者、今道友信 東京大学名誉教授と、宇宙の視点で人間や文明を考える惑星...

2008 10.5 SUN

【In 長野県塩尻市】地方自治体のガバナンス研究シンポジウム「分権時代の地方議会改革 -改革派首長からの提言-」

2008年10月5日、長野県塩尻市ホテル中村屋にて地方自治体のガバナンス研究公開研究会「分権時代の地方議会改革-改革派首長からの提言-」が開催されました。 本研究会では、国内外の基礎自治体の運営実態についての調査研究を行った成果を政策提言として取りまとめました。プロジェクト・リーダーの木下敏之上席研究員から報告がありました。 続いて、石田芳弘上席研究員から補足説明と議会事務局職員のあり方につ...

2008 9.27 SAT

日英議会政治シンポジウム

日本の政治状況は閉塞感が深まり、解散総選挙が近く行われる見通しとなりました。東京財団では英国大使館と共催で、議会制民主主義の長い伝統を持つ英国から政治家、研究者を招き、日本の国会議員らと議論し、議会政治の機能強化に向けた方策を考えます。 【テーマ】日英議会政治シンポジウム 【共 催】東京財団、駐日英国大使館 【後 援】大和日英基金 【日 時】9月27日(土) 9:30-17:15 (開場...

2008 9.25 THU

「食のたからもの再発見プロジェクト」写真展

「食のたからもの再発見プロジェクト」写真展オープニングレクチャー【日時】2008年9月25日 18:30~20:30【テーマ】「食べ支えよう、食のたからもの」【スピーカー】 島村菜津(東京財団 研究員)、山口博(豆問屋「山口物産」代表取締役専務)  東京財団は、政治、外交、経済、文化・文明等、多岐の分野にわたる政策研究を行う政策シンクタンクです。私たちは「政策は生活だ」と考えています。これ...

2008 9.13 SAT

食のリスク・コミュニケーションに関する有識者会議

中国産餃子や汚染米など、食の安全を問う事件が次々と起こる中、新しく設立される消費者庁や既存の内閣府食品安全委員会のあり方に関心が集まっています。食の安全について、政府は国民とどう向き合い、どのように信頼を得ていくべきなのでしょうか。 こうした問題意識のもと、東京財団では、去る9月13日、味の素株式会社の後援、リテラジャパンの協力を得て、「食のリスク・コミュニケーションに関する有識者会議」を開催...

2008 9.10 WED

第14回東京財団フォーラム「米大統領選情勢分析―民主党・共和党全国党大会を踏まえて」

スピーカーの久保文明上席研究員は、民主党党大会(8月25日~28日、コロラド州デンバー)および共和党党大会(9月1日~4日、ミネソタ州セントポール)を実際に視察した結果を踏まえて、11月の本選に向けて最新情報の提供と、選挙戦の情勢分析を行います。 お誘いあわせのうえ、ご参加ください。   【日 時】9月10日(水)18:00~20:00 【会 場】日本財団ビル2階 大会議室 ...

115161722

Event Reports
イベントレポート

VIEW ALL