Past Events
過去のイベント

2014 1.16 THU

第72回東京財団フォーラム「2014年の内外情勢を展望する ~ 東京財団研究員討論会」

----------------------------------------------● 告 知 文 ●2014年は、消費税増税の影響やアベノミクスによる円安・景気回復、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉の妥結などにより、経済にさまざまな変化が生じると予想されます。また、外交では尖閣諸島や竹島問題による日中、日韓関係の冷え込み、さらには北朝鮮やロシアとの外交交渉、東南アジア、中東...

2013 11.29 FRI

第71回東京財団フォーラム「国会改革はいかにあるべきか:独立推計機関設立による国会機能強化の意義」

開催報告はこちら ---------------------------------------------- ● 告 知 文 ●現在開かれている臨時国会のテーマのひとつに「国会改革」があります。閣僚の出席負担を勘案しながら国会の審議内容の充実が目的です。メディア等の注目は行政の迅速化に偏ったものとなっていますが、本来、立法府の機能強化こそが重要です。 国会の機能強化を考えた場合、政策...

2013 11.29 FRI

第70回東京財団フォーラム「日印韓対話:インド太平洋地域の時代と三国協力」

東京財団では、昨年よりインド防衛研究所(IDSA)、韓国国立外交院(KNDA)とともに、国際情勢認識や、今後の日印韓協力のあり方について、広く議論をしてきました。この日印韓対話を本年は東京で開催するにあたり、インド太平洋地域のさらなる繁栄と安定に向けて、三国間で進めるべき協力についての議論をご紹介します。 日本の対外政策を位置づける枠組みとして、「東アジア」、「アジア太平洋」、「環太平洋」など...

2013 11.11 MON

第69回東京財団フォーラム「次期防衛大綱への提言 ― 海洋安全保障と平時の自衛権」

----------------------------------------------● 告 知 文 ●安倍政権は現在、日本がはじめて対外的に公表する国家安全保障戦略(NSS)の準備や国家安全保障会議(NSC)の創設法案の審議など、日本の安全保障の根幹に係わる制度を急ピッチで整備しようとしています。また、本年末を目途に、防衛計画の大綱の見直しも進めています。 これらの背景には我が国を...

2013 10.29 TUE

第68回東京財団フォーラム「日本とオランダの介護政策の将来像」

日本とオランダの介護政策の将来像 東京財団は昨年10月、政策提言 「医療・介護制度改革の基本的考え方」 を公表し、医療・介護連携によるプライマリ・ケア(初期包括ケア)の充実や政策決定の分権化などを提言しました。 しかし、医療・介護は殆ど全員の国民に関係する領域であり、その基盤である連帯は国民自身が作り上げる必要があります。このため、医療・介護の制度改革に関して、国民が単なる受益者や傍観者では...

2013 10.24 THU

第67回東京財団フォーラム「民が取り組む社会課題:社会起業家と企業の役割」

----------------------------------------------● 告 知 文 ●東京財団では、単なる援助ではなく起業家への投資を通じて貧困問題解決を目指す米国のNPO「アキュメン」とともに、この分野の人材育成に取り組んでいます。東京財団の推薦でアキュメン・グローバルフェローとなった田代絢子さんは、2012年11月よりガーナの農村地域に入り、小規模米作農家の生産能...

2013 10.17 THU

第66回東京財団フォーラム「先端医療にルールはいらない? ~生命倫理の法律がある国、ない国」

● 告 知 文 ● 人の生命と身体に深く介入する先端医療の、何がどこまで許されるのか。この問題を考えるために生命倫理という言葉が生まれ、日本で使われるようになって30年になりました。 そうしたなか、iPS細胞を使った再生医療、体外受精や卵子の凍結保存などの生殖補助医療、胎児の遺伝子を調べる新型出生前診断といった先端医療は著しく進歩し、私たちの生活に身近なものとなってきています。 倫理が人の内...

2013 10.3 THU

第65回東京財団フォーラム「揺れるシリア・エジプトと米ロ中の思惑」

---------------- ● 告 知 文 ● ----------------シリアではアサド政権と反体制派の内戦で10万人以上の死者を数え、その後、米ロ合意による化学兵器廃棄プロセスが進んでいますが、この枠組みがうまくいくと考えている専門家は多くありません。また、エジプトでは軍のクーデターで排除されたモルシ前大統領支持派を中心とする反政府デモが続き、軍の弾圧によって850人を超える...

2013 9.12 THU

「再生可能エネルギー、福島の取り組みと持続可能な普及に向けて」

シンポジウム「再生可能エネルギー、福島の取り組みと持続可能な普及に向けて」 東京財団・福島県 共催、スペイン大使館 経済商務部 後援 再生可能エネルギー(再エネ)普及の最大の現場といえる福島では、今どのような取り組みが行われているのでしょうか。 また、その大規模導入が始まると、将来的には天候による電力変動を克服せねばならず、電力系統への接続の平等性(イコールアクセス)を実現する体制の構築も...

2013 9.2 MON

第64回東京財団フォーラム「安倍外交の課題と展望」

-------------- ● 告 知 文 ● -------------- 先の参議院選挙で衆参のねじれ現象が解消されたことで、安倍政権は3年後の参議院選挙までの安定した政権運営が視野に入ってきました。一年毎に政権が変わることで内外の不信を買っていた外交政策についても、一貫した方向を打ち出せる千載一遇の機会となります。これまでの安倍外交は、東南アジアやインド、アフリカとの積極的な外交...

167822

Event Reports
イベントレポート

VIEW ALL