Experts
研究員

小松正之

小松 正之 Masayuki Komatsu

  • 上席研究員

1977年農林省入省、1982-84年人事院長期行政官留学制度にて米国エール大学経営学大学院MBAを取得。1985-88年水産庁国際課課長補佐(北米担当)。1988-91年在伊日本大使館一等書記官、国連食糧農業機関(FAO)常駐代表代理、1991-94年水産庁遠洋課課長補佐(捕鯨担当)、2000-02年水産庁参事官(国際交渉担当)、2002-04年水産庁漁場資源課長、2004-07年独立行政法人水産総合研究センター理事。2008-12年政策研究大学院大学教授、2013年同客員教授。2012-17年新潟県参与。2014年より公益財団法人アジア成長研究所客員主席研究員。この間、1985年米国商務省母船式さけます漁業訴訟の日本代表団に参加。1998-2000年インド洋マグロ漁業委員会議長。1999-2000年ミナミマグロ漁業国際海洋裁判と国連仲裁裁判所の裁判に参加。2002-04年FAO水産委員会議長。2004年博士(農学、東京大学)。2008-10年内閣府規制改革会議専門委員、2011年内閣府行政刷新会議規制改革専門員。2014年〜アジア成長研究所客員教授(客員主席研究員)。2015〜一般社団法人生態系総合研究所代表理事。2017年〜一般社団法人日本経済調査協議会「第二次水産業改革委員会」主査。

【兼 職】
公益財団法人アジア成長研究所客員教授
特定非営利法人東都中小オーナー協会理事
一般社団法人生態系総合研究所代表理事

研究分野・主な関心領域

  • 水産業
  • 捕鯨
  • 海洋
  • 地球生態系及びリーダシップと交渉論

研究ユニット

資源・エネルギーユニット

実施プロジェクト

水産資源管理における社会経済学的な公平性と生態系影響要因評価研究(2017-)
水産資源管理と経済的利益再配分システム研究(2015-17)

著作等

  • 『築地から豊洲へ』(マガジンランド、2018)
  • 『地方創生のための構造改革−独自の優位性を生かす戦略を』(共著、八田達夫・NIRA総合研究開発機構)(時事通信社、2018)
  • 『気仙川・広田湾プロジェクト 森川海と人』(共著)(一般社団法人生態系総合研究所、2018)
  • 『実例でわかる漁業法と漁業権』(成山堂、2017)
  • 『漁業資源管理と日本の課題』(東京財団、2017)
  • 『日本人とくじら−歴史と文化』(雄山閣、2017)
  • 『気仙川・広田湾プロジェクト 森川海と人』(共著)(一般社団法人生態系総合研究所、2017」
  • 『豊洲市場これからの問題点』(マガジンランド、2017)
  • 『世界と日本の漁業管理』(成山堂書店、2016)
  • 『気仙川・広田湾総合基本調査報告書 森と川と海の正しい関係』(共著)(一般社団法人生態系総合研究所、2016)
  • 『漁師と水産業』(実業之日本社、2015)
  • 『日本人の弱点』(IDP出版、2015)
  • 『国際裁判で敗訴!日本の捕鯨外交』(マガジンランド、2015)
  • 『私の見た世界』(株式会社カワシマ、2015)
  • 『日本の海から魚が消える日―ウナギとマグロだけじゃない!』(マガジンランド、2014)
  • 『なぜ日本にはリーダーがいなくなったのか?』(マガジンランド、2012)
  • 『海は誰のものか』(マガジンランド、2011)
  • 『日本の鯨食文化』(祥伝社、2011)
  • 『震災からの経済復興13の提言』共著(東洋経済新報社、2011)
  • 『日本の食卓から魚が消える日』(日本経済新聞出版社、2010)
  • 『世界クジラ戦争』(PHP、2010)
  • 『劣勢を逆転する交渉力』(中経出版、2009)
  • 『江戸前の流儀』監修(中経出版、2009)
  • 『国際マグロ裁判』(岩波書店、2002)
  • 『クジラは食べていい』(宝島新書、2000)
  • 他約50冊以上(英、仏、西、露、韓と中国語版を含む)