Experts
研究者

大竹 文雄/Fumio Ohtake

大竹 文雄 Fumio Ohtake

  • 研究主幹

1961年京都府生まれ。大阪大学博士(経済学)。大阪大学助手、大阪府立大学講師、大阪大学社会経済研究所教授、大阪大学大学院経済学研究科教授等を経て、2021年から大阪大学感染症総合教育研究拠点特任教授。専門は労働経済学・行動経済学。格差問題の実態と原因を実証した著書『日本の不平等―格差社会の幻想と未来』で日本学士院賞、サントリー学芸賞、日経・経済図書文化賞などを受賞。著書に『競争と公平感』『競争社会の歩き方』『経済学は役に立ちますか?』『行動経済学の使い方』など。

【兼 職】
大阪大学感染症総合教育研究拠点 特任教授

研究分野・主な関心領域

  • 行動経済学
  • 労働経済学

研究プログラム

多様な国民に受け入れられる財政再建・社会保障制度改革の在り方:行動経済学・政治学の知見から


主な著作等

著書

「行動経済学の使い方」 岩波新書、2019年9月20日

「医療現場の行動経済学:すれ違う医者と患者」 東洋経済新報社、2018年7月27日(大竹文雄、平井啓 編著)

『競争社会の歩き方 自分の「強み」を見つけるには』 中公新書、2017年8月21日

『競争と公平感 市場経済の本当のメリット』 中公新書、2010年3月25日

 

論文

“Can nudges save lives?” The Japanese Economic Review, September 2021.

“An experimental comparison of rebate and matching in charitable giving: The case of Japan,” The Japanese Economic Review, August 2021 (with Shusaku Sasaki and Hirofumi Kurokawa).

“Effective but fragile? Responses to repeated nudge-based messages for preventing the spread of COVID-19 infection,” The Japanese Economic Review, June 2021 (with Shusaku Sasaki and Hirofumi Kurokawa).

“Firm-specific human capital in different market conditions: evidence from the Japanese football league,” Japan and the World Economy, June 2021 (with Eiji Yamamura).

“An Analysis about Altruistic and Selfish Motivations: The Case of the Hometown Tax Donation System in Japan,” The Japanese Economic Review, June 2021 (with Eiji Yamamura and Yoshiro Tsutsui).

“Age- and gender-dependent differences in attitudes towards COVID-19 vaccination and underlying psychological processes,” medRxiv, May 2021 (with Toshiko Tanaka, Tsuyoshi Nihonsugi, and Masahiko Haruno).

“How Conscious Are You of Others? Further Evidence on Relative Income and Happiness,” Journal of Happiness Studies, February 2021 (with Sun Youn LEE).

「豪雨災害時の早期避難促進ナッジ」 『行動経済学』13巻、2020年11月25日(大竹 文雄, 坂田 桐子, 松尾 佑太)

“Racers’ attractive looks, popularity, and performance: How do speedboat racers react to fans’ expectations?" The Japanese Economic Review, November 2020 (with Eiji Yamamura, Ryohei Hayashi, and Yoshiro Tsutsui).

“A Choice Experiment on Taxes: Are Income and Consumption Taxes Equivalent?" Journal of Behavioral Economics and Finance, October 2020 (with Hirofumi Kurokawa and Tomoharu Mori)

「骨髄バンク登録者・幹細胞提供者の行動経済学的特性」『行動経済学』、2020年8月25日(大竹文雄、加藤大貴、重岡伶奈、吉内一浩、樋田紫子、黒澤彩子、福田隆浩)