Experts
研究者

前田 幸男/Yukio Maeda

前田 幸男 Yukio Maeda

  • 研究主幹

1993年東京大学法学部卒業。1995年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(政治学)。2001年ミシガン大学政治学部博士課程修了(政治学)。東京都立大学・助教授、首都大学東京准教授を経て、現在・東京大学大学院情報学環教授。

【兼 職】
東京大学大学院情報学環 教授

研究分野・主な関心領域

  • 選挙研究
  • 世論研究
  • 研究データの保存と利活用

研究プログラム

多様な国民に受け入れられる財政再建・社会保障制度改革の在り方:行動経済学・政治学の知見から


主な著作等

“The Development of DPJ Partisanship from a Fraction to a Majority (and Back Again?).” In Japan under the DPJj: The Politics of Transition and Governance, eds. Kenji E. Kushida and Phillip Y. Lipscy. Stanford, CA: Walter H. Shorenstein Asia-Pacific Research Center, 2013; Washington, D.C.: Brookings Institution (distributor). 191-218.

“The Abe Cabinet and Public Opinion - How Abe Won Re-Election by Narrowing Public Debate.” In Japan Decides 2014: The Japanese General Election, eds. Robert J. Pekkanen, Steven R. Reed and Ethan Scheiner. New York: Palgrave Macmillan, 2016. 89-102.

“Public Opinion and the Abe Cabinet: Alternating Valence and Position Issues.” In Japan Decides 2017: The Japanese General Election, eds. Robert J. Pekkanen, Steven R. Reed, Ethan Scheiner and Daniel M. Smith. Cham: Springer International Publishing, 2018. 127-147.

“Changes in Public Opinion Polling: How Newspaper Polls Gained Political Clout.” Social Science Japan Journal, 2019.

“Sharing Social Science Data in Japan: JSPS’s Plan for a Federated Data Catalog.” In The Digital Transformation: Implications for the Social Sciences and the Humanities, eds. Harald Kümmerle and Franz Waldenberger. Tokyo: German Institute for Japanese Studies, 2020. 27-31.

“The Effect of Changing Political Contexts on Public Opinion in Japan, 1945–2020.” In The Oxford Handbook of Japanese Politics eds. Robert J. Pekkanen and Saadia M. Pekkanen: Oxford University Press, 2021.

“The LDP under Abe” (with Steven R. Reed). In The Political Economy of the Abe Government and Abenomics Reforms, eds. Phillip Y. Lipscy and Takeo Hoshi. Cambridge: Cambridge University Press, 2021. 87-108.

前田幸男.「世論調査と政治過程:調査方法の変化との関係を中心に」『年報政治学2013-I』2013年,pp.215-235.

———.「『民意』の語られ方」『年報政治学2014-I 民意』2014年6月, pp.12-36.

———.「政治状況と内閣支持」池田謙一編著『「日本人」は変化しているのか-価値観・ソーシャルネットワーク・民主主義』勁草書房,2018年1月,141-175頁.

前田幸男・堤英敬(共編著)『統治の条件―民主党に見る政権運営と党内統治』千倉書房,2015年2月,386頁.

前田幸男・平野浩「有権者の心理過程における首相イメージ」『選挙研究』第31巻2号, 2015年12月, pp.5-18.

山田真裕・前田幸男・日野愛郎・松林哲也「民主主義の分断と選挙制度の役割:CSES モジュール5 日本調査,2018」東京大学 社会科学研究所 附属社会調査・データアーカイブ研究センター SSJデータアーカイブ、2020年11月