上席研究員

高原明生

高原明生

研究分野・主な関心領域

現代中国政治


▼実施プロジェクト

▼兼 職

  • 東京大学大学院法学政治学研究科教授、
  • 香港中文大学中国研究服務中心諮問委員会委員、
  • 日本国際問題研究所客員研究員、
  • 日本国際フォーラム上席研究員

▼経 歴

東京大学法学部卒業、サセックス大学にて修士号、博士号(Ph.D.)取得。香港総領事館専門調査員、桜美林大学助教授、立教大学教授などを経て東京大学大学院教授。その間、1996-98年在中国日本大使館専門調査員、2005-06年ハーバード大学訪問学者、2009-14年新日中友好21世紀委員会委員、2014-15年北京大学訪問学者。

▼東京財団での研究成果

  • 「Views on China 中国の今、プロが見るⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ」(「現代中国」プロジェクトWEB論考集、2013、2014、2015)
  • 「今の中国を理解するための9つの視点」(研究報告書、2012)

▼著作等

  • 『開発主義の時代へ1972 ー2014』共著(岩波書店、2014)
  • 『日中関係史』共著(有斐閣、2013)
  • 『日中関係史1972-2012Ⅰ政治』共編(東京大学出版会、2012)
  • 『現代アジア研究1 越境』共編著(慶應義塾大学出版会、2008)
  • 『東アジア共同体と日本の進路』共著(NHK出版、2005)
  • 『東アジア安全保障の新展開』共編(明石書店、2005)
  • 『「中国」の時代』共著(三田出版会、1995)
  • The Politics of Wage Policy in Post-Revolutionary China (The Macmillan Press, 1992)