研究員

清水剛

清水剛

研究分野・主な関心領域

企業システム/企業行動/企業経営と法


▼実施プロジェクト

  • 21世紀の資本論(2014-)
  • 経済のかたち(2013-2014)
  • 都市・農村関係の将来像( 2011-12)
  • 会社の本質と資本主義の変質( 2007-10)

▼経 歴

東京大学大学院総合文化研究科准教授。1996年東京大学経済学部卒業、2000年同大学院経済学研究科博士課程修了、博士(経済学)。東京大学大学院総合文化研究科講師、イェール大学客員研究員、ソウル大学客員教授を歴任。

▼東京財団での研究成果

▼著書等

  • 『講座・日本経営史第6巻 グローバル化と日本型企業システムの変容-1985~2008-』共著(ミネルヴァ書房、2010)
  • 『国際投資協定―仲裁による法的保護』共著(三省堂、2010)
  • 『現代日本企業1 企業体制(上)内部構造と組織間関係』共著(有斐閣、2005)
  • 『合併行動と企業の寿命』(有斐閣、2001)