研究員

関山健

関山健

研究分野・主な関心領域

国際政治経済学/東アジア国際関係/現代中国論


博士(国際政治) / 博士(国際協力学)。1998年大蔵省(現財務省)入省、大臣官房文書課、理財局財政投融資総括課等を経て退職。その後、外務省経済協力局国別開発協力第一課、外務省アジア大洋州局南東アジア第一課等で勤務。香港大学修士課程、北京大学博士課程、東京大学博士課程を修了。2007年より東京財団。2011-14年明治大学准教授を務める。

【研究分野、主な関心領域】

  • 国際政治経済学
  • 東アジア国際関係 (中国、東南アジア、朝鮮半島ほか)
  • 経済外交(経済協力(ODA)、貿易投資(FTA /EPA)ほか)

【実施プロジェクト】

  • アジア太平洋新秩序(2015-)
  • 環境政策(2011-14)
  • 現代中国( 2008-14)
  • ユーラシア情報ネットワーク(2007-14)(東アジア担当)

【研究実績】

○ 東京財団報告書
○ 東京財団ディスカッション・ペーパー
○ 著書
○ その他
  • 新聞・雑誌への寄稿・インタビュー掲載、講演、学術論文多数

【経歴】

  • 1975年 愛知県名古屋市生まれ
  • 北京大学国際政治専攻博士課程(2009年修了)
  • 香港大学国際関係学修士課程(2001年修了)
  • 早稲田大学法学部(1998年卒業)
  • 1997年8月 国家公務員?種採用試験法律職合格
  • 1998年4月 大蔵省入省
  • 1998年4月~2000年07月 大蔵省大臣官房文書課法令審査官補(法令案起草、省内業務とりまとめ)
  • 2000年7月~2002年07月 日本貿易振興会海外研修員(北京および香港での調査研究)
  • 2002年7月~2003年07月 財務省理財局財政投融資総括課企画係長(財投計画の企画編成)
  • 2003年9月~2005年01月 北京大学国際関係学院客員研究員(日中関係の研究)
  • 2005年2月~2006年01月 外務省経済協力局国別開発協力第一課ASEAN班長(ASEAN向けODAの計画)
  • 2006年2月~2006年12月 北京大学国際関係学院博士生(日中関係の研究)
  • 2007年1月~2008年03月 外務省アジア大洋州局南東アジア第一課メコン班長(対ASEAN後発国経済外交)
  • 2008年4月~現在  東京財団研究員(東アジア国際関係、日本の経済外交等の研究)
  • 2010年4月~現在  明治大学国際連携機構准教授