研究員・政策データラボ シニアマネージャー

酒井由紀子

酒井由紀子

研究分野・主な関心領域

学術情報サービス論/健康医学情報論


▼ 経 歴

1983年慶應義塾大学文学部卒業後、同大学で医学図書館を中心に勤務。2013~2018年文学部准教授(有期)を経て2018年4月より東京財団政策研究所勤務。政策データ・ラボ シニア・マネジャー、研究員。ノースカロライナ大学チャペルヒル校修士課程(MSIS)、慶應義塾大学大学院博士課程(図書館・情報学)修了。

▼ 著作等

図書:

『健康医学情報の伝達におけるリーダビリティ』(樹村房、2018)

『ドイツにおける学術情報流通:分散とネットワーク』共著(日本図書館協会、2008)

『米国の図書館事情2007』共著(国立国会図書館、2008)

『図書館・情報学研究入門』共著(勁草書房、2005)

『電子メディアは研究を変えるのか』共著(勁草書房、2000)

論文:

Clinical usefulness of library and information services in Japan: The detailed use and value of information in clinical settings. PLOS ONE. 2018, vol.13, no.6, e0199944. (With Sato Y, Sato M, Watanabe M)

The role of readability in effective health communication: An experiment using a Japanese text on chronic suppurative otitis media. Health Information and Libraries Journal. 2013, vol.30, no.3.

Health information seekers in Japan: A snapshot of needs, behavior and recognition in 2008. Journal of the Medical Library Association. 2012, vol.100, no.3, p.205-213. (With Kunimoto C, Kurata K)

Status of open access in the biomedical field in 2005. Journal of the Medical Library Association. 2009, vol. 97, no. 1, p. 4-11. (with Matsubayashi M et al)