3人目の東京財団アキュメンファンド・グローバルフェロー誕生に寄せて

アキュメンファンドCEO ジャクリーン・ノヴォグラッツ

アキュメンファンド と東京財団 は共に新しいタイプのリーダー育成に取り組んでいます。新しいタイプのリーダーとは、貧困のない世界を夢みる大胆さと、夢を実現するスキルを併せ持つリーダーです。私たちが住んでいる世界は、複雑な問題で満ち溢れています。こんな時代だからこそ、助けを必要としている人々と同じ目線で解決策を導き出すことのできる、倫理観を兼ね備えたリーダーが求められています。貧しい人々の命が大切に扱われ、彼らが生きることに意義を見出せるような日々を実現していく、そんなリーダーが必要とされているのです。

このような分野のリーダーは人材が不足しています。そこで私たちはアキュメンファンド・グローバルフェローズプログラムを通じて、将来のリーダーとなる高い能力を備えた若者を毎年10人選び、そのスキルを徹底的に磨き、 自己変革を促し、開発途上国における社会企業での実地研修をさせる、12カ月の集中プログラムを実施してきました。

東京財団と協力し、岡本聡子さん(2010年)、藤田周子さん(2011年)という日本人フェロー2名の研修を行ったことは、私たちの誇りです。岡本さんはインドで実地研修を行い、民間伝統医療を施す病院をチェーン展開する企業「アーユルヴェイド」で、バンガロールとムンバイの貧困層にそのサービスを拡大することに力を尽くしました。藤田さんはインドのムンバイを拠点に、「ダイアル1298」という救急車サービス業務を、新たに3つの州で全面展開する仕事を支援しました。

この2人は、私たちが育てたいと思っているリーダー、つまり、組織を作り上げる運営・財務スキルと、 「貧困層の視点で世界を見つめ、貧困の無い世界を創る」という道徳的想像力(共感力)を兼ね備えた、まさにお手本といえる日本女性です。

この9月からは、3人目の日本人フェロー、井上直美さんがプログラムに参加します。東京財団のご協力に深く感謝するとともに、このパートナーシップから広がる今後の可能性に大いに胸を躍らせています。


*参加者公募の詳細はこちら
藤田さんを迎えた報告会・説明会の様子(動画)はこちら

東京財団アキュメンファンド・グローバルフェローズプログラム(AFGFP)とは

現在研修中のフェロー・井上さんの応募から合格までを追った「自分を見つめ成長させるチャンス ~東京財団アキュメンファンド・グローバルフェローズプログラム(AFGFP)参加者募集!~」はこちら


メッセージの原文はこちら

A Note from Jacqueline Novogratz


Acumen Fund and the Tokyo Foundation are working together to train a new kind of leader – a leader with the audacity to dream of a world beyond poverty, combined with the skill to implement that dream into a reality. The world we live in is full of complex problems. More than ever, we need moral leaders who can build solutions from the perspective of the people they are trying to serve, enabling low-income people to live lives of dignity and greater purpose. Through the Acumen Fund Global Fellows Program, we have been filling this leadership gap in the social sector by immersing ten extraordinary young leaders a year in a 12-month long program of skills-building, self-transformation, and on-the-ground experience at a social enterprise in the developing world.

We are proud that, through our partnership with the Tokyo Foundation, we have trained two Japanese Fellows – Satoko Okamoto ’10 & Chikako Fujita ’11. Satoko spent her fellowship year in India where she helped Ayurvaid, a chain of ayurvaidic hospitals, expand into low income markets in Bangalore and Mumbai. Chikako is currently working in Mumbai, India where she is helping 1298 Ambulance Company scale their ambulance fleet across three new states in India.

These Japanese women leaders are examples of the kind of leaders we hope to cultivate – individuals with the operational and financial skills to build institutions, and with the moral imagination to create a world beyond poverty by seeing the world through the eyes of the poor themselves. Recently we accepted our third Japanese Fellow – Naomi Inoue ’12. We are humbled to be working with the Tokyo Foundation, and could not be more excited about the potential for our partnership in years to come.