タイプ
その他
日付
2013/2/1

ヤングリーダー奨学基金プログラム(Sylff)のフェローがグラミー賞にノミネート!

パリ国立高等音楽院の既卒 Sylff フェロー Jory Vinikour(ジョリー・ヴィニクール)氏が2013年グラミー賞の Best Classical Instrumental Solo 部門にノミネートされました。

1991年にヤングリーダー奨学基金プログラム(Sylff)のフェローだったVinikour氏は、ワルシャワ(1993)およびプラハ(1994)の国際コンクールで優勝した現代を代表するハープシコード奏者の一人です。

Vinikour 氏はロッテルダム交響楽団、スイス・ロマンド管弦楽団、ローザンヌ室内管弦楽団、ラジオ・フランス交響楽団をはじめとする世界的なオーケストラとソリストとして競演してきました。またパリ・オペラ座、オランダ・オペラ、ザルツブルグ・フェスティバルなどで定期的に出演しています。現代作曲家によるハープシコード音楽の演奏にも精力的に取り組んでおり、指揮者としても活躍中です。

このたび、2012年6月に Sono Luminus よりリリースされた Vinikour 氏のアルバム “The Complete Harpsichord Works of Rameau“ が第55回グラミー賞にノミネートされました。このアルバムは世界中のメディアから絶賛されており、その「完璧な技術」と「深い感情表現」および「Rameauの芸術性に対する鋭い洞察力」と力強い演奏が高く評価されています。

グラミー受賞式は2013年2月10日に開催されます。
http://www.grammy.com/nominees?genre=5

Vinikour 氏の公式ウェブサイト:
http://www.joryvinikour.com