東京財団メールマガジン

Vol.740【政策研究「漁業資源管理と日本の課題」/論考「米医療制度改革―政治論争の陰で着実に広まるオバマケア」】

_____________________________2017/10/19

―――――――― 【東京財団メールマガジン Vol.740】 ――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
■┓政策研究「漁業資源管理と日本の課題」
┗┛────────────────────────────────
政府の政策対応の不備が招いた日本の漁業と水産業の停滞。「水産資源管理
と経済的利益再配分システム研究プロジェクト」では、先進国各国との比較
から日本の抱える課題を浮き彫りにし、漁業のあり方、今何をなすべきかに
ついて提言しました。

▼ 本文はこちら
 http://s.tkfd.or.jp/2yDgcAp

──────────────────────────────────
■┓論考「アメリカ医療制度改革の要は『地域医療』―政治論争の陰で着実
┃┃    に広まるオバマケア」
┃┃  冨田清行 東京財団研究員
┗┛────────────────────────────────
社会連帯を基礎とした医療制度を有する多くの国々とは異なり、アメリカの
医療は競争原理を中心とした特殊なものである。この原理を大きく変えずに
医療制度改革を実現し、国民皆保険に近付けたのがオバマケアである。しか
し、オバマケアが…

▼ 本文はこちら
 http://s.tkfd.or.jp/2hPtDDk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 新着記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
▼ アメリカ大統領権限分析プロジェクト
  論考「司法の政治化と選挙戦略」
   松岡泰  東京財団アメリカ大統領権限プロジェクトメンバー、熊本県
              立大学教授
 http://s.tkfd.or.jp/2hPb6H3

──────────────────────────────────
▼ 「政治外交検証研究会」書評レポート
   小野寺史郎著『中国ナショナリズム―民族と愛国の近現代史』
  (中公新書、2017年)
   評者 光田剛 東京財団政治外交検証PJメンバー、成蹊大学法学部教授
 http://s.tkfd.or.jp/2zm1hYu

──────────────────────────────────
▼ 論考「福島の漁業復活へ漁場開放を」
   小松正之  東京財団上席研究員
 http://s.tkfd.or.jp/2yUNcoI

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] メディア掲載情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
10月17日付の「ダイヤモンドオンライン」に森信茂樹東京財団上席研究員の
寄稿「希望の党『内部留保課税』に安心の希望が見出せない理由」が掲載さ
れました。

▼ 記事はこちら(「ダイヤモンドオンライン」サイトへ)
 http://diamond.jp/articles/-/145915

▼ 関連記事はこちら(「東京財団税・社会保障調査会」サイトへ)
 http://s.tkfd.or.jp/2yzZsd0

▼ 森信上席研究員のプロフィール等はこちら
 http://s.tkfd.or.jp/2gtT7JQ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────――――――――――――――──────────────
■┓ 日本人フェロー募集中
┃┃  Global Governance Futures 2030
┃┃  2030年の世界のために政策をつくるリーダーシッププログラム
┗┛――――――――――――――――――――――――――――――――
東京財団は2014年、2016年に続きドイツのシンクタンク国際公共政策研究所
(GPPi)とともに、主要9カ国のヤングプロフェッショナルによる政策対話
「Global Governance Futures 2030」(GGF2030)プログラムを実施します。

このプログラムでは、ドイツ、米国、日本、インド、中国、南アフリカ、ブ
ラジル、インドネシア、フランスから参加する総勢27名の若きGGFフェローた
ちが、2030年の世界が直面するであろう課題について、3つの検討部会に分か
れて徹底討論します。

2018~19年のプログラムでは、「世界秩序の将来」「グローバル・ガバナン
スにおける都市の役割」「グローバルな人の移動と難民危機」を取り上げま
す。1年間に4回のローカル・セッション(ワシントンDC(4~5月)、ニュー
デリー(9月)、サンパウロ(1月)、パリ-ベルリン(6月))を通して、
それぞれの2030年時点のシナリオを描き、その問題に責任をもって対応して
いくための実効性のある具体的政策を報告書にまとめ発表します。GGFフェ
ローたちには、プログラムに参加している間もまた終了後も、主要紙(誌)
に投稿したり、政策ペーパーや専門誌に執筆するなど、積極的に発信するこ
とが求められます。

国境を越えて、創造力にあふれた若きプロフェッショナル集団とつながりた
い、その一員となって地球の未来をともに担おうとの熱い思いを抱いている
人々のご応募をお待ちしています(申込締切2017年11月19日(日))。


▼ 詳細はこちら
 http://s.tkfd.or.jp/2yxrbsP

▼「お問い合わせフォーム」はこちら
 https://www.tkfd.or.jp/inquiry

──────────────────────────────────
■┓ 事務所移転のお知らせ
┗┛────────────────────────────────
東京財団は、2017年10月16日(月)より下記へ事務所を移転いたしました。
また、移転に伴い電話番号・FAX番号が変更しておりますので、あわせてお
知らせいたします。

【新住所】
 〒106-6234 東京都港区六本木三丁目二番一号 六本木グランドタワー34階

【新電話番号・新FAX番号】
 電話:03-5797-8400/FAX:03-5570-6030

▼ 詳細はこちら
 http://s.tkfd.or.jp/2zkjZzu

▼ アクセスはこちら
 http://s.tkfd.or.jp/2yBygec

──────────────────────────────────
東京財団メールマガジンは、ウェブサイトからご登録いただいた方や財団役
職員・研究員が名刺交換させていただいた方、東京財団が主催、共催するイ
ベントにご登録いただいた方にお送りしています。

▼ 新規登録はこちら
 https://krs.bz/tkfd/m/m-magazine

◎ メールマガジンの宛先変更は、ご登録いただいている旧メールアドレス
  の配信を解除して、新メールアドレスの新規登録を行ってください。

▼ お問い合わせはこちら
 https://www.tkfd.or.jp/inquiry/

このメールマガジン(tkfd_news@tkfd.or.jp)は送信専用ですので、返信は
お受けできません。

このメールマガジンは、MSゴシックなどの等幅フォント設定でのご利用を推
奨します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
…………………………………………………………………………………………
 東┃京┃財┃団┃メールマガジン -The Tokyo Foundation news-
 ━┛━┛━┛━┛
 発行:公益財団法人 東京財団
 〒106-6234 東京都港区六本木三丁目二番一号 六本木グランドタワー34階
 お問い合わせ:https://www.tkfd.or.jp/inquiry/
 TEL 03-5797-8403  FAX 03-5570-6033
…………………………………………………………………………………………
 Website   https://www.tkfd.or.jp
 facebook  https://www.facebook.com/tokyofoundation
 twitter   https://twitter.com/tokyofoundation
――――――――――――――――――――――――――――――――――
    Copyright (C) 2017 The Tokyo Foundation All rights reserved.
――――――――――――――――――――――――――――――――――