東京財団メールマガジン

Vol.636【高原明生×小原凡司「専門家が語る中国の今」】

_____________________________2016/03/21

―――――――― 【東京財団メールマガジン Vol.636】 ――――――――
__________________________________

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎イベントのご案内&お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
■┓ 第99回 東京財団フォーラム
┃┃ 「Views on China ― 専門家が語る中国の今」
┃┃  【3月24日(木)18:30~20:00 @日本財団ビル】
┗┛────────────────────────────────
米中首脳会談も物別れに終わり、南シナ海における米中の対立が印象付けら
れた2015年。しかしその後は中国による協調姿勢も見られます。日中関係で
は、中国側は「日中友好」を打ち出しているものの、北京の姿勢にはブレが
あります。

矛盾するかに見える中国の対外政策や国内政策。しかし根は同じです。中国
の対外強硬姿勢は、最優先事項の「共産党による安定統治」やそのための経
済改革と深く関わっています。改革を進めるには、習近平主席に権力を集中
させる必要があり、それが抵抗勢力の粛清や言論統制の強化へとつながって
いるのです。

論考シリーズ「Views on China」は、分野を横断した中国の定点観測を継続
して発信し、一見バラバラな事象をつなぐ背景を示してきました。第99回東
京財団フォーラムでは、プロジェクト・リーダーの高原明生上席研究員が、
「Views on China」での全面的な中国観察をもとに、隣国の今を語ります。

質疑応答の時間も設けます。奮ってご参加ください。


【日時】2016年3月24日(木)18:30~20:00(受付18:00~)

【会場】日本財団ビル2階 大会議室(東京都港区赤坂1-2-2)
    http://www.tkfd.or.jp/access.php

【テーマ】「Views on China ― 専門家が語る中国の今」

【スピーカー】高原明生 東京財団上席研究員、東京大学大学院教授

【モデレーター】小原凡司 東京財団研究員兼政策プロデューサー

【参加費】無料、事前登録必須

【その他】会場にて「Views on China」をまとめた冊子『Views on China』
     第5巻を配布いたします。


▼ お申し込みはこちら
 http://s.tkfd.or.jp/1Ro5oEr

▼ 関連リンク
 「Views on China ― 中国の今、プロが観る〔WEB版〕」がこれまで発信し
 た論考リストは、こちらよりご覧になれます
 http://s.tkfd.or.jp/1Z3SfX0

──────────────────────────────────
■┓ 新たな地域づくりにチャレンジ!
┃┃  2016年度「東京財団週末学校」参加者募集中【4月15日まで】
┗┛────────────────────────────────
「東京財団週末学校」は、座学や国内外の調査等を通して、徹底的に自治の
本質に向き合い、課題の解決に取り組む力を身につける、市区町村職員向け
の人材育成プログラムです。

6月からスタートするプログラムへの参加者を募集しています。ふるってご
応募ください。


● プログラム日程:2016年6月から11月までの5ヵ月間、全9回

● 募集人員:20名程度
※書類、面談により選考します

● 応募資格
・自らの地域をよりよくしたいという強い想いを持ち、住民自治の実現に取
 り組む志を有するもの
・自らの地域の課題解決に向けて、自ら行動する意志のあるもの
・市区町村職員であり、3年以上の職員歴を有するもの。ただし、2016年4月
 1日時点で49歳以下のもの
・所属する自治体の首長の推薦があるもの
・全プログラムに参加することが可能なもの

● 費用:参加費 10万円
※面談審査にかかる旅費は、応募者負担
※参加に必要な交通費・宿泊費(実費)は東京財団が負担
(東京6回、団体で行う国内調査2回、国外調査1回)

● 応募締め切り:2016年4月15日(金)正午 東京財団必着


▼ 詳細はこちら
 http://s.tkfd.or.jp/1Pdprnx

▼ お問い合わせ:東京財団週末学校(担当:稲垣)
 Tel: 03-6229-5503  E-mail: shumatsu-gakko@tkfd.or.jp

──────────────────────────────────
東京財団メールマガジンは、ウェブサイトからご登録いただいた方や財団役
職員・研究員が名刺交換させていただいた方、東京財団が主催、共催するイ
ベントにご登録いただいた方にお送りしています。

▼ 新規登録はこちら
 https://krs.bz/tkfd/m/m-magazine

◎ メールマガジンの宛先変更は、ご登録いただいている旧メールアドレス
  の配信を解除して、新メールアドレスの新規登録を行ってください。

▼ お問い合わせはこちら
 https://www.tkfd.or.jp/inquiry/

このメールマガジン(tkfd_news@tkfd.or.jp)は送信専用ですので、返信は
お受けできません。

このメールマガジンは、MSゴシックなどの等幅フォント設定でのご利用を推
奨します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
…………………………………………………………………………………………
 東┃京┃財┃団┃メールマガジン -The Tokyo Foundation news-
 ━┛━┛━┛━┛
 発行:公益財団法人 東京財団
 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3F
 お問い合わせ:https://www.tkfd.or.jp/inquiry/
 TEL 03-6229-5504  FAX 03-6229-5508
…………………………………………………………………………………………
 Website   http://www.tkfd.or.jp
 facebook  https://www.facebook.com/tokyofoundation
 twitter   https://twitter.com/tokyofoundation
――――――――――――――――――――――――――――――――――
    Copyright (C) 2016 The Tokyo Foundation All rights reserved.
――――――――――――――――――――――――――――――――――