東京財団メールマガジン

Vol.496【連続フォーラムから考える医療・介護改革】

_____________________________2014/03/20

―――――――― 【東京財団メールマガジン Vol.496】 ――――――――
__________________________________

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
■┓論考「連続フォーラムから考える医療・介護改革
┃┃     ~プライマリ・ケアの重要性、政策決定の分権化を提起~」
┃┃  三原岳 東京財団研究員兼政策プロデューサー
┗┛────────────────────────────────
東京財団では、前年度に公表した政策提言『医療・介護制度改革の基本的な
考え方』の問題提起をもとに、現場の関係者や専門家をゲストに招き議論す
る「医療・介護制度改革を考える連続フォーラム」を実施してきました。

東京財団の三原研究員は、一連のフォーラムで出た意見や知見を整理し考察
するとともに、提言やフォーラムで出た意見に沿って、医療・介護制度改革
の方向性を論じています。

▼ 続きはこちら
 http://www.tkfd.or.jp/research/project/news.php?id=1251
▼ 政策提言『医療・介護制度改革の基本的な考え方』はこちら
 http://www.tkfd.or.jp/files/pdf/lib/60.pdf
▼ 連続フォーラム第4回(4/3開催)の参加登録はこちら
 http://www.tkfd.or.jp/event/detail.php?id=218
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
■┓ 第76回 東京財団フォーラム
┃┃  ― 医療・介護制度改革を考える連続フォーラム <第4回>
┃┃ 「『ケア』先進地から探る医療・介護制度改革のヒント」
┗┛────────────────────────────────
現在、国は在宅を中心に医療・介護サービスを切れ目なく提供するシステム
として、「地域包括ケア構想」を進めています。しかし、国の描くイメージ
図だけが独り歩きしており、実現に向けた道筋は見えていません。その実現
に向けて何が必要なのでしょうか。

第76回フォーラムでは、先進的な取り組みを行う宮城県涌谷町町民医療福祉
センター長の青沼孝徳さん、JMA東埼玉総合病院の中野智紀さんの2名をお迎
えし、公立病院を核に医療・介護・福祉連携を展開する取り組み、埼玉県幸
手市で住民と一体となったケア体制づくりを、それぞれご紹介いただきます。
その上で、現行制度の問題、制度改革に向けて何が必要かといった点を東京
財団研究員を交え、議論を深めていきます。奮ってご参加ください。


【日時】2014年4月3日(木)18:30~20:00(開場18:00)

【会場】日本財団ビル2階会議室

【テーマ】「『ケア』先進地から探る医療・介護制度改革のヒント」

【スピーカー】
 青沼孝徳(涌谷町町民医療福祉センター長)
 中野智紀(社会医療法人JMA東埼玉総合病院在宅医療連携拠点事業推進室長)
 三原 岳(東京財団研究員兼政策プロデューサー)

【モデレーター】
 冨田清行(東京財団研究員兼政策プロデューサー)

【参加費】無料

▼ お申し込みはこちら
 http://www.tkfd.or.jp/event/detail.php?id=218
▼ これまでのフォーラムの様子はこちら
 http://www.tkfd.or.jp/research/project/sub1.php?id=398
▼ 医療・介護・社会保障制度の将来設計プロジェクトはこちら
 http://www.tkfd.or.jp/research/project/project.php?id=73

─────────────────【本日19時よりインターネット配信】
■┓第75回 東京財団フォーラム
┃┃「米国ウォッチャーが語るオバマ大統領のアジア歴訪」
┗┛────────────────────────────────
オバマ大統領は、4月下旬、日本、韓国、マレーシア、フィリピンの4ヵ国を
訪問することになっています。日中、日韓関係の行方を憂慮しつつ大きな関
心を示している米国は、どのようなアジェンダをもって歴訪に臨むのでしょ
うか。

昨日実施した東京財団フォーラムでは、米国ワシントンDCから日本を含む東
アジア情勢を独自の情報ネットワークを基に報じる「ネルソン・リポート」
発行人のクリス・ネルソン氏をお迎えして、米国の対アジア外交の最新状況
や、米国が日本の国内政治と外交をどう見ているかなど知見をお話いただく
とともに、東京財団の研究員とも討論を行いました。

昨日のフォーラムの採録を、本日19時よりUstreamにてインターネット配信
致します。是非ご覧ください。


【配信日時】2014年3月20日(木)19:00~20:30

【登壇者】
 クリス・ネルソン(サミュエルズ・インターナショナル上級副社長、
 「ネルソン・レポート」編集長兼発行人)
 高原明生(東京財団上席研究員、東京大学大学院教授)
 渡部恒雄(東京財団上席研究員兼政策研究ディレクター)

【モデレーター】
 浅野貴昭(東京財団研究員兼政策プロデューサー)

【使用言語】オリジナル音声(日英混合)

▼ USTREAM東京財団チャンネルにてインターネット配信します
  http://www.ustream.tv/channel/tokyofoundation
※ 配信の開始時刻(本日19時)を過ぎても映像が映らない場合は、お使い
  のブラウザの「再読込」または「更新」ボタンをクリックしてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] メディア掲載情報&テレビ出演情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
■┓【3月20日(木)20:00-21:55 BSフジ「プライムニュース」に出演】
┃┃   小原凡司 東京財団研究員
┗┛*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
小原研究員は、本日夜8時より放送のBSフジ「プライムニュース」に生出演
し、米国防計画見直しに対する東アジア、とりわけ中国の見方について語り
ます。

──────────────────────────────────
■┓【『週刊東洋経済』3月8日号】
┃┃ 中国動態「撃墜不能な中国の新兵器 米国の抑止力を揺るがす」
┃┃   小原凡司 東京財団研究員
┗┛────────────────────────────────
日中の緊張関係が続く中、中国が開発を進める新兵器の実験成功の報道が年
末年始に相次いで伝えられました。小原研究員は『週刊東洋経済』3月8日号
に寄せた論文の中で、これら新型ICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験や
極超音速飛翔体の試射を進めている中国の真の狙いは、米国に対する抑止力
の強化であり、「抑止力のバランスが変われば、国際社会における力関係が
変わる。それこそが、中国の求めていることだ」と論じています。

──────────────────────────────────
■┓【3月12日付「DIAMOND Online」】
┃┃ 「女性が輝く社会にふさわしい税制とは 配偶者控除を『家族控除』
┃┃  に衣替えする」
┃┃   森信茂樹 東京財団上席研究員
┗┛────────────────────────────────
森信上席研究員は3月12日付「DIAMOND Online」サイトに寄せた論文の中で、
安倍政権が標榜する「女性が輝く社会」を実現するために、女性の勤労を促
進するには配偶者控除の改組は避けられないと主張しています。妻の基礎控
除と給与所得控除に加えて夫の配偶者控除を二重に受ける現行の制度の代わ
りに「移転的基礎控除」の導入を提言しています。

▼ 記事はこちら(「DIAMOND Online」サイトへ)
 http://diamond.jp/articles/-/50008
――――――――――――――――――――――――――――――――――
東京財団メールマガジンは、ウェブサイトからご登録いただいた方や財団役
職員・研究員が名刺交換させていただいた方にお送りしています。

▼ 新規登録はこちら
 https://krs.bz/tkfd/m/m-magazine

◎ メールマガジンの宛先変更は、ご登録いただいている旧メールアドレス
  の配信を解除して、新メールアドレスの新規登録を行ってください。

▼ お問い合わせはこちら
 https://www.tkfd.or.jp/inquiry/

このメールマガジン(tkfd_news@tkfd.or.jp)は送信専用ですので、返信は
お受けできません。

このメールマガジンは、MSゴシックなどの等幅フォント設定でのご利用を推
奨します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
…………………………………………………………………………………………
 東┃京┃財┃団┃メールマガジン -The Tokyo Foundation news-
 ━┛━┛━┛━┛
 発行:公益財団法人 東京財団
 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3F
 お問い合わせ:https://www.tkfd.or.jp/inquiry/
 TEL 03-6229-5504 FAX 03-6229-5508
…………………………………………………………………………………………
Website http://www.tkfd.or.jp
facebook https://www.facebook.com/tokyofoundation
twitter https://twitter.com/tokyofoundation
――――――――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2014 The Tokyo Foundation All rights reserved.
――――――――――――――――――――――――――――――――――