東京財団メールマガジン

Vol.571【レポート「最近のインド事情―モディ政権早くも国民の支持失う?」】

_____________________________2015/03/12

―――――――― 【東京財団メールマガジン Vol.571】 ――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
■┓レポート「最近のインド事情―モディ政権早くも国民の支持失う?」
┃┃  秋山昌廣 東京財団理事長・上席研究員
┗┛────────────────────────────────
低迷した経済の立て直しの期待を背負ったインド・モディ政権の発足から間
もなく10ヶ月が経とうとしています。モディ氏率いる人民党は、下院では単
独過半数を占めるものの上院では少数党のままのであり、この議会のねじれ
構造を背景に重要な法改正が進まないなど、ここにきてモディ政権は政治的
に困難な状況に直面しています。秋山理事長・上席研究員は、直近のデリー
州選挙結果を分析するとともに、最新のインド政治情勢、外交政策について
現地識者の知見も交え考察しています。

▼ 続きはこちら
 http://s.tkfd.or.jp/1Mtwsjz
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] メディア掲載情報&テレビ出演情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
■┓【3月16日(月)20:00-21:55 BSフジ「プライムニュース」に出演】
┃┃   小原凡司 東京財団研究員
┗┛*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
小原研究員は、来週月曜日16日夜8時より放送のBSフジ「プライムニュース」
に生出演し、中国で開かれている全人代に焦点をあて語ります。

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
■┓【3月6日付「言論スタジオ」(言論NPO)】
┃┃ 座談会「2015年度予算を検証する」
┃┃   亀井善太郎 東京財団ディレクター・研究員×小黒一正(法政大
┃┃   准教授)×矢嶋康次氏(ニッセイ基礎研究所チーフエコノミスト)
┗┛*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
亀井ディレクター・研究員が3月6日に出演した「言論スタジオ」番組「座
談会・2015年度予算を検証する」の映像および座談会要旨が、下記「言論
NPO」サイトよりご覧いただけます。

▼ 座談会映像・要旨はこちら(「言論NPO」サイトへ)
 http://www.genron-npo.net/studio/2015/03/150306.html

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
■┓【3月9日付「シノドス」にスクリプト掲載、
┃┃  12月25日放送『荻上チキSession-22』(TBSラジオ)】
┃┃ 「サイバー戦争・最前線!―陸・海・空・宇宙に続く「第5の戦場」
┃┃  でいま何がおきているのか!?いま何がおきているのか!?」
┃┃   小原凡司 東京財団研究員×西本逸郎(株式会社ラック最高技術
┃┃   責任者)×荻上チキ
┗┛*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
小原研究員が12月25日に出演した「荻上チキSession-22」番組の対談スク
リプトが、下記「シノドス」サイトよりご覧いただけます。

▼ 放送内容スクリプトはこちら(「シノドス」サイトへ)
 http://synodos.jp/international/13221

──────────────────────────────────
■┓【『国際開発ジャーナル』3月号】
┃┃ コラム「中国の死活的関心は南シナ海」
┃┃   小原凡司 東京財団研究員
┗┛────────────────────────────────
小原研究員は『国際開発ジャーナル』3月号のIDJレポートコラムに寄稿し、
「日本では尖閣諸島(東シナ海)問題に関心が集まるが、中国にとって死活
的に重要なのは南シナ海である」と述べ、その理由として、海底資源の存在、
海上交通路の確保、米国に対する核報復攻撃に備える戦略原潜の活動海域、
の3点を挙げています。さらに、この地域における東南アジア諸国の妨害に
対して中国は実力行使に出るとの見方を示したうえで、日本のとるべき方向
性は、「新たな安保体制の構築など、ASEAN地域をひとつのまとまったアク
ターとして統合すること」、「軍備競争ではなくビジネスベースで進めるの
がポイントだ」と論じています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
■┓ 第91回 東京財団フォーラム
┃┃ 「中国の環境問題~環境ビジネスの現場から考える」
┃┃ 3月23日(月)14:00~15:30
┗┛────────────────────────────────
急速な経済成長により世界第2位の経済規模となった中国。反面、温室効果
ガスの排出量も世界第1位、さらにPM2.5などの大気汚染問題や水質、土壌、
廃棄物などあらゆる環境問題を抱えています。世界的にも中国の環境問題は
ビジネスへのリスクと巨大な環境市場という両面から注目が集まっています。

東京財団では、中国の環境問題がいまどのような状況にあるのか、中国の
環境ビジネスの現場の視点を交えて考察するフォーラムを開催します。中
国の環境問題の現況について染野憲治東京財団研究員が解説するとともに、
中国及び日本の「静脈産業」(リサイクル産業)をよく知る両国の第一人
者である劉強氏、細田衛士氏をゲストに迎え、中国の環境問題とビジネス
協力の可能性を探ります。どうぞ奮ってご参加ください。


【日 時】2015年3月23日(月)14:00~15:30(受付13:30~)

【会 場】日本財団ビル2階 大会議室

【登壇者】(順不同、敬称略)(※モデレーター)
劉 強 中国物資再生協会常務副会長
細田 衛士 慶応義塾大学経済学部教授
染野 憲治 東京財団研究員 ※

【参加費】無料

▼ お申し込みはこちら
http://s.tkfd.or.jp/19dCDfw

▼ 環境政策プロジェクトはこちら
 http://s.tkfd.or.jp/1E7BBcT

──────────────────────────────────
東京財団メールマガジンは、ウェブサイトからご登録いただいた方や財団役
職員・研究員が名刺交換させていただいた方にお送りしています。

▼ 新規登録はこちら
 https://krs.bz/tkfd/m/m-magazine

◎ メールマガジンの宛先変更は、ご登録いただいている旧メールアドレス
  の配信を解除して、新メールアドレスの新規登録を行ってください。

▼ お問い合わせはこちら
 https://www.tkfd.or.jp/inquiry/

このメールマガジン(tkfd_news@tkfd.or.jp)は送信専用ですので、返信は
お受けできません。

このメールマガジンは、MSゴシックなどの等幅フォント設定でのご利用を推
奨します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
…………………………………………………………………………………………
 東┃京┃財┃団┃メールマガジン -The Tokyo Foundation news-
 ━┛━┛━┛━┛
 発行:公益財団法人 東京財団
 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3F
 お問い合わせ:https://www.tkfd.or.jp/inquiry/
 TEL 03-6229-5504 FAX 03-6229-5508
…………………………………………………………………………………………
Website http://www.tkfd.or.jp
facebook https://www.facebook.com/tokyofoundation
twitter https://twitter.com/tokyofoundation
――――――――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2015 The Tokyo Foundation All rights reserved.
――――――――――――――――――――――――――――――――――