東京財団メールマガジン

Vol.599【米国議会と自由貿易:貿易促進権限(TPA)をめぐる政治的駆け引き】

_____________________________2015/07/23

―――――――― 【東京財団メールマガジン Vol.599】 ――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
■┓ 論考「米国議会と自由貿易:
┃┃     貿易促進権限(TPA)をめぐる政治的駆け引き」
┃┃  浅野貴昭 東京財団研究員兼政策プロデューサー
┗┛────────────────────────────────
今月28日よりハワイのマウイ島で開かれるTPP(環太平洋経済連携協定)の
閣僚会合に向け、まもなく首席交渉官会合が開かれ、全体合意に向けた詰め
の協議が進められます。

それに先立ち、米国で6月下旬に成立したTAA(貿易調整支援制度)とTPA
(貿易促進権限)法案の否決から再採決までの約2週間にわたる経緯と、そ
の示唆するところについて、浅野研究員が論考をまとめました。


▼ 論考はこちら
 http://s.tkfd.or.jp/1HKFA3F
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 新着記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 戦後70年を考える:「沖縄の姿」が問いかけるもの ~米軍基地から考え
 る戦後日本の政治と安全保障~
   平良好利 獨協大学地域総合研究所特任助手
 http://s.tkfd.or.jp/1OyGWRz

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] メディア掲載情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
■┓【7月23日付『日本経済新聞』ほか共同通信配信ニュース】
┃┃  ガス田写真 政府が公表 中国の資源開発 けん制
┃┃   小原凡司 東京財団研究員のコメント
┗┛────────────────────────────────
政府は、東シナ海のガス田開発を巡り、中国がこれまでの4基に加えて、新
たに12基の構造物を建設しているとして、航空写真14枚と地図を外務省のホ
ームページで公表しました。この写真と地図について、小原研究員は7月23
日付『日本経済新聞』の紙面にて、「まだ軍事利用できる状態にはないが、
洋上プラットホームなので容易に軍事にも転用できる」とコメント。さら
に、「拠点の数が多い。資源開発にこれだけの数が必要なのか疑問があ
る」と指摘しています。また、共同通信の配信記事では、さらに「安全保障
関連法案が議論されている中、日本周辺で何が起きているのか知らせるため
にも、このタイミングでの公表になったのではないか」といったコメントも
寄せています。

▼ 記事はこちら(日本経済新聞ウェブサイトへ)
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS22H3K_S5A720C1EA1000/

▼ 記事はこちら(中日新聞ウェブサイトへ)
 http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2015072302000063.html

──────────────────────────────────
■┓【『日経ヴェリタス』7月19日号】
┃┃  異見達見「シルバー民主主義が呈する課題」
┃┃   加藤創太 東京財団上席研究員
┗┛────────────────────────────────
少子高齢化の進行で、高齢者層の政治への影響力が選挙などのプロセスを通
じて増大する「シルバー民主主義」の問題が指摘されています。加藤上席研
究員はこの問題に対し、『日経ヴェリタス』7月19日号に論文を寄せ、「若
者・次世代VS.中高年層」といった「わかりやすい二項対立をもとに世論受
けしやすい中高年層たたきや、斬新な選挙制度改革論に行く前に、冷静に分
析し考えなければならない点があるはずだ」と指摘。大阪都構想否決を例
に、民主主義における「多数者の専制」を抑える「多元主義」が結果に出て
いるとし、「シルバー民主主義として言いはやされる問題の多くは、民主主
義の古典的な問題に還元される。全く新たな問題として世代間をあおるので
はなく、過去の経験に基づいた冷静な対応と、新たな事態へのきめ細やかな
対応こそが求められている」と論じています。

──────────────────────────────────
■┓【7月18日付『宮崎日日新聞』】
┃┃  臓器提供 年40~50例 横ばい続く
┃┃   ぬで島次郎 東京財団研究員のコメント
┗┛────────────────────────────────
2010年7月の改正臓器移植法の施行から丸5年を迎え、臓器の提供数は施行前
に比べ大幅に増加したものの、その後は年40~50例とほぼ横ばいの状態が続
いています。生命倫理に詳しい、ぬで島研究員は7月18日付『宮崎日日新
聞』紙上にて、こうした現状について、「日本の何倍も提供者がいる欧米で
も臓器は足りていない。臓器提供の仕組みそのものに限らない医療を実現で
きるように模索すべきではないか」と提案しています。

──────────────────────────────────
■┓【7月17日付『読売新聞』】
┃┃  安保法案 衆院通過 参院では現場の意見も
┃┃   山口昇 東京財団上席研究員
┗┛────────────────────────────────
16日に衆院を通過した安全保障関連法案について、山口上席研究員は7月17
日付『読売新聞』の解説欄「論点スペシャル」で、自衛隊のオペレーション
(作戦)の観点から特に評価したいこととして、1)国連平和維持活動
(PKO)などで、他国軍に対する「駆けつけ警護」を可能にしたこと、2)自
衛隊法95条の「武器等防護」の対象に米軍艦船などを含め、日本近海で弾道
ミサイルの攻撃警戒にあたる米艦を守れるようにしたことと、限定的ながら
集団的自衛権の行使をみとめたこと、の2点を挙げています。そして、「平
和を保つため、出来るだけ戦争が起きないようにし、起きそうな時はその危
機を最小化する。それが、この法案の核心だ」と述べ、参院審議では法律論
ばかりでなく、「現場を経験した自衛官や外交官、民間活動団体(NGO)か
らも意見を聞き、議論を深めてもらいたい」と提案しています。

──────────────────────────────────
■┓【7月10日付『北海道新聞』】
┃┃  負担さらに 医療保険 東京財団提言「保険」地域に一元化すると…
┗┛────────────────────────────────
政策提言「医療保険の制度改革に向けて~地域一元化と住民自治の充実を
~」が、7月10日付『北海道新聞』にて紹介されました。紙面では、今年度
から4年間かけて段階的に始まる政府の医療保険制度改革を紹介する一方、
東京財団の政策提言について、「会社員や公務員が加入する『職域保険』
と、自営業者や無職の人などが入る『地域保険』に分けている現行制度を改
め、地域保険に一元化し、運営を都道府県別とする独自の医療保険制度改革
案」として紹介。さらに、この提言を取り纏めた三原岳研究員のコメントと
して、「住民自治を取り入れることで、節約と良質なサービスの提供が両立
できる」も掲載されています。

▼ 政策提言「医療保険の制度改革に向けて」はこちら
 http://s.tkfd.or.jp/1Km3FPe

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] テレビ出演情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
■┓【7月23日(木)19:00-22:00 フジテレビオンデマンド「あしたの
┃┃ コンパス」】
┃┃  渡部恒雄 東京財団上席研究員
┗┛ *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
渡部上席研究員は、本日19時より放送のフジテレビオンデマンド「あした
のコンパス」に出演し、昨日発表された防衛白書について、日米関係の観点
からコメントします。

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
■┓【7月23日(木)20:00-22:00 BSフジ「プライムニュース」】
┃┃   小原凡司 東京財団研究員
┗┛ *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
小原研究員は、本日20時より放送のBSフジ「プライムニュース」に出演し、
防衛白書が指摘する中国の南および東シナ海での拠点整備などについて語り
ます。

──────────────────────────────────
東京財団メールマガジンは、ウェブサイトからご登録いただいた方や財団役
職員・研究員が名刺交換させていただいた方、東京財団が主催、共催するイ
ベントにご登録いただいた方にお送りしています。

▼ 配信解除はこちら
 https://krs.bz/tkfd/m/m-magazine_stop?m=12464&t=8k9l&v=2a88bb1f

▼ 新規登録はこちら
 https://krs.bz/tkfd/m/m-magazine

◎ メールマガジンの宛先変更は、ご登録いただいている旧メールアドレス
  の配信を解除して、新メールアドレスの新規登録を行ってください。

▼ お問い合わせはこちら
 https://www.tkfd.or.jp/inquiry/

このメールマガジン(tkfd_news@tkfd.or.jp)は送信専用ですので、返信は
お受けできません。

このメールマガジンは、MSゴシックなどの等幅フォント設定でのご利用を推
奨します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
…………………………………………………………………………………………
 東┃京┃財┃団┃メールマガジン -The Tokyo Foundation news-
 ━┛━┛━┛━┛
 発行:公益財団法人 東京財団
 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3F
 お問い合わせ:https://www.tkfd.or.jp/inquiry/
 TEL 03-6229-5504 FAX 03-6229-5508
…………………………………………………………………………………………
Website http://www.tkfd.or.jp
facebook https://www.facebook.com/tokyofoundation
twitter https://twitter.com/tokyofoundation
――――――――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2015 The Tokyo Foundation All rights reserved.
――――――――――――――――――――――――――――――――――